12月31日(火) 「 倍返し 」 について。

    今年、テレビドラマ での、セリフとか 。

    愚僧は、学生時代に読んだ本の話を、
  思い出しました。  いい御話だなと、感じました。
  昔の事なのでしょうが、昔が今より、いい世の中
  だったのでしょうか ? 貧しくて 。

   「  貧しさ  」 が、いいわけでは、
       ないですが。

   その昔、ある僧が法要に呼ばれました。
 御祝いでしょうか ?  でも、「 御祝い 」の
 御金を用意できません、そこで寺の世話方に
 相談して、お借りして、どうにか行けたそうです。

   御手伝いの御礼を、いただいてきました。
 開けてみますと、倍の金子(きんす)だったそうです。
  まさに、「 倍返し 」 です。
『  きっと、だれかに借りて、来てくれたのだろう  』
 と感じた、察した方の、
 やさしい、粋なはからいで、ありました。
  一つは、返済。一つは、御礼。
          ( 涙 こぼれる )

   寺の世界で、まだあるのか存じませんが、
 いい御話で、ございます。

     昔の面白い御話です。
   『  貧僧 の 重ね とき( 法事後の食事 )  』
食事に、ことかく 貧しい僧が、ありがたい食事を
いただく事になりました。 すると、もう一軒の
食事にも呼ばれる事となりました。 「 ああ、重なった。
明日か、明後日のほうだったら、いいのになー 」の気持ちです。
   学生時代も、思い出します。 ( 微笑 )

    『  学道は、すべからず、貧なるべし 』
      修行中は、豊かであっては、ならない。
      なるほど。

    『  清貧( せいひん )、骨に徹す  』
      身心脱落( しんじん だつらく )
      からだ と こころ を  すてちゃつた。
      あまえ と いぞん を  わすれたよ。

     いい言葉、いい教え。

駄弁ながら、敬と愛をこめて
              残月    合掌

<  清貧は
      苦しきことぞ
        清富こそ
      もとめることと
        人のいうなり  >

<   玩物( がんぶつ )し
       心うしなう
          人なりや
        物心一如
          心物一如   >

    ・ 玩( もてあそぶ、こと )
      ( 注意、大笑 )
      ( 笑えない )

<   この世には
       物があふれて
          浄土かな
        ああありがたや
          極楽世界   >

<   無我なれば
       貧富一如と
         なりにけり
        慎み深く
         生きよ命よ  >

    よき新年を、ともに迎えたく存じます。
       失礼いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました