12月29日(日)  人として、認め合う。 14

       昨日の駄歌です。

   「  かたちかな
        人くるしめる
           こんぽんは
         無相のせかい
           ひかりすらなし  」

      道友から、指摘がございました。
    『  無相 でなく、 無明 ではないか  』
   相 を、かたち・現象として、とらえているので、
      ここでは、無相( むそう )で、ございます。
    御指摘 ありがとうございました。

      これを機会に、
    禅宗( 臨済系 )に、おもしろい戒が
  ございますので、御案内させていただきます。
   

    <  無相心地戒( むそうしんちかい )  >
       と、申します。 ( なんの、ことやら ? )
          ( 笑 ) ( 大笑 )

    普通の戒は、
 「  00000しては、ならない  」であり、
 行為・行動を、きびしく、制限・規制いたします。

    禅宗は、破戒僧が多いと、昔からよく
 いわれる事が、ございます。 よくいえば自由自在に
、悪くいえば自由奔放・傍若無人・無礼千万・勝手気儘
 ( たくさん あります、大笑い )( 笑えない )
  (  微笑  ) 。

       よく言えばが、少ないです。、、、、、
   そうです、融通無礙( ゆうずう むげ )が、
       が、ございました。
        人間の理想の境地の
          一つでございます。( 笑 )

    とにかく、「 行為 」 は 大切ですが、
          「 心 」 を、中心に考えて、
            いる戒でございます。
      つまり、「  思い  」
           「  見かた 」が、根本です。

        とにかく、昔から、
           禅 を もとめる人は、
              しばられる事を 嫌った。

           権威・権力に、屈せず、媚びず、
              自由に 生きる。
             こんな、やっかいな人は、
                大変です。
                  ほんものだと、
               実に、おもしろい、ですけど。
                  ( 笑 )( 大笑 )

       「  カタチ かたち  」だけの 戒・行為を、
            心の奥から、いやがる人でしょう。
       「  かたち  」 は、とても大切です。
       でも、それ以上に、「  こころ  」が
       大切です。

         「 かたち 」 と 「 こころ 」 の
        一致は、 万人のもとめるところです。
        もとめて、いるのが、
         人間生活ではないでしょうか?
       各自、範囲・度合いは、異なりますが、、、。

           真剣・本気であれば、「 修行 」です。
           あきらめると、「 かたち 」 中心になり、
             他者の占める割合が多く
                なりがちです。(自分の中に)
           そして、不自由になりがちです。

                   つづき    ます

   とりとめない 駄弁です、
      されど、敬と愛をこめて。
               残月   合掌

<   しんけんに
       もとめながらも
          きにしない
        雲はゆきかい
          水はながるる   >

<   あいするも
       あいしつくすも
          こだわらぬ
        花はさきます
          虫はとびまう   >

<   おのれをば
       つくしつくして
           ささげます
         この世はたのし
           しばしあそばん  >

<   くるしみも
       かなしきことも
          ありまする
         いたいつらいぞ
           なんだながるる   >

<    日光よ
       月光さまよ
         星光( ひかり )
            すべての命
             おまもりたまえ   >

<    かたちなき
        かみよほとけよ
           ねがいます
         われらが こころ
           おまもりたまえ    >

<    かたちある   
         かみよほとけよ
            ねがいます
          われらが からだ
            おまもりたまえ    >

  駄歌ながら、、、   失礼いたします。
         

コメント

タイトルとURLをコピーしました