12月6日(金)   大悲閣 の 紅葉  15

     だんだん、紅葉も終わりに近ずいてまいり
  ました。  いい秋でした。 さて、冬に向かいます。
 その前に、クリスマスがあり、年末、そして御正月です。

   昨年、御話させていただきました、「 季節と言葉の
 ずれ の 苦しみ  」  です。  御正月を、< 迎春 >
という「 日本の習慣 」は、本来、江戸時代までの事なのでしょう。

  小生、つい最近まで、「  正月 は 春である  」 と
思えなくて、苦しんでいました。( 笑 )    やっと、
「  正月 は  春へむかう、冬の始りである  」 と納得
できるように、なってまいりました。(  大笑  )

   このブログにおいても、そうなのですが、
 小生は、自分で、定義できない( 意味を確定できない )
言葉は、使いたくない、使えないでございます。
  使っては、いますが、使えません、という気持ちです。
バカな話でございます。
  それで、ひとつひとつ、丁寧に考えていっている
つもりで、ございます。  時間がかかります( 大笑 )
おそすぎて、この世の役にたちません( 大笑 )

  物事を、けっして、疑っているわけではないのですが、
鵜呑みのように、しないという、性分、クセ、があるようです。
だから、丸暗記が苦手なのか ( 笑 )
  ですから、 御経を覚える事には苦労しています。
内容を、自分なりに納得しないと、覚えようとしない、
できないのであります。  だいぶ、時間がかかっています。
  短い般若心経ですら、簡単に覚えてませんでした、しかし、
今では、毎日、心経の素晴らしさを、語っています。( 大笑 )

  ブログ が なぜ「 ブログ 」 といわれるのか?
調べてませんが、使っています( 笑 )  でも、厳密な、
この言葉を使っての、思考をすすめる場合でないので、
まさに、一般社会用語として
使用いたしている状態でございます。

<  0  ><  無限  ><  1  >などは、
小生の、<  生命  ><  心  >からの言葉で
あります。  ですから、限界があります。
  (  ひとりよがり ・ 独断独善 ・ ・・・  )
   でも、そうせざる、おえないのでした。
宗教・仏教用語を、使えば、簡単なのでしょうが、
より、私自身も進歩するのでしょうが、、、、、、、。

  お釈迦さまの、御言葉すら、
鵜呑みにした事は、ございません。
  ただ、一つだけ、ございました。
20歳のころ、山のふもとの一軒家に
独居していた頃です。
   「  自分とは 何か ?  」
   「  いかに 生きるべきか ? 」
とか、青臭い問題に、
煩悶( はんもん )していたころです。

  『  もし、 修業中に、
       魔物みたいな物が現われたら、
         こう言って追い返せ。
    <  私は  真理を  求めているものである。
          立ち去りなさい  >と。  』

      この、言葉だけは、信じていました。
   実際、奇妙なことが、あった気がいたしますが、
   どうにか、<  気がふれる事なく、 また、頓死も >
    まぬがれているような気がいたして、おります。

      ありがたい事でございます。
   しかし、自分とは、何かわからない。
   でも、物を食べているのは、
   これだけは、事実・真実である。
   毎日、食べた物を、克明に記録して
   いました。  これだけは、ごまかしようが
   ございませんでしたから。( 微笑 )

   とにかく、人間の、いえ、社会の
苦しみの一つは、
 <  こころ  >と<  ことば  >の不一致です。

< こころ >と< ことば >と< おこない >が、
一致することが、最高の 喜びです。

  不一致をさけ、喜びを、味合いたいもので
ございます。
             つづき    ます

   すみません、妙な、駄弁です、御許しください。

            残月    合掌

<   こころとは
       ことばになりて
          おこないて
         ひとのいのちを
              かがやかすなり   >

<   ことばあり
        はじめにことば
           ありてこそ
         ひとはひとなり
           いのちかがやく   >

<   よきことば
       たくさんきいて
          そだつべし
       このよはあしき
         ことばあふるる  >

<   いっちせず
       そのくるしみに
          たえるべし
        いっちのせかい
          こころしんぜよ   >

<   こころとは
       ことばおこない
          つながりて
        てんちのあいだ
           かがやくいのち  >

   走りつつ    失礼いたします
   
    

コメント

タイトルとURLをコピーしました