11月13日(水) 無財の七施  2

      おはようございます。
 遅くなっております。 申し訳ございません。
   全国的に寒くなりました。
 やっと、嵐山も秋の気配がしてまいりました。

  渡月橋から、大悲閣千光寺の方へ、
川沿いの道を、歩き始めると、
  「  なんという、美しさだろう  」 と、
しみじみ感じます。 山のみどり、川のみどり、
澄んだ空気、人工物はあまりない、
  まだ、先日の台風で道そのものは、
傷んでいますが、よい世界がひろがっていきます。

  また、なんと西洋人の参詣遊山者の多い事
でしょうか?  1日10人としましたら、7人の御方
が、異国の方々です。  紅葉の期間に入りますと、
日本人の方々も増えてまいりますが。
  橋の近くのモンキーパークも、日本の猿を
見に、それこそ多くの西洋の方々が御越しの様です。

  西洋の方、東洋の方々に対する、
受け入れ態勢ができてなくて、恥ずかしく存じています。
  やっと、今にも倒れそうな客殿が改修でき、
怖くて入れないようなトイレが、新しくなったばかりなので、
もう、ちょつと御待ちいただきたく、ここに、
   御願申し上げます。 ( この声、 届きませんね、笑 )
 パンフレットも、コピーのままで、失礼いたしております。

    以上は、今秋、第一回の「 もみじ 便り 」と
           させて いただきます。( 笑 )

       無財の 七施
          seven   kinds   of   offring
      which   can   be    practised    by   even   those
      who   are   not    wealthy   .

  5、 言施( ごんせ ) the oral   offering

       「  思いやりのこもった
      あたたかい言葉を  かける  」

     < いい思い >をもった人
    に、ならなくてはならない、と存じます。

     < 生きている >こと、そのものに、
    感謝できる状態・状況でしょうか?
    ≪   生命  ≫です。

    ≪   生存   ≫に、縛られない
    ≪   生活   ≫に、追われない。
       むずかしい事でございます。
      でも、この三つをバランスよく
   保たなければ、面白くないです。( 笑 )
                   ( 笑えない )

       以前御話いたしました、
    「 十善戒 」 の うち  四つが
          言葉の 戒( いましめ )でした。

       1、   嘘( うそ )を  いわない
       2、   言葉を  飾らない
       3、   他人の悪口を  いわない
       4、   二枚舌を  使わない

       1、   正直 である
       2、   尊尚  かざらない心
       3、   従順 つまり 共に歩む
       4、   交友 を  育む

       1、   不妄語( ふもうご )戒
       2、   不き語( ふきご )戒
       3、   不悪口( ふあつく )戒
       4、   不両舌( ふりょうぜつ )戒

          なかなか、いい言葉を
        かける事ができない私たちです。
          せめて、上記の四つを
        しないようにしたいもので、 ございます。
        守りたいもので、ございます。

                   つづき   ます

   駄弁ながら 敬と愛をこめて
                残月     合掌

<   人の世や  「 黙 」 の一字の   響きあり  >

<   それを、言っちゃ おしまいよ  (  とら さん ) >

<   秋さむし  ことばなければ   なお寒し   >

                失礼いたします

コメント

タイトルとURLをコピーしました