11月7日(木)  「 天地 と 算盤 」  6

         ある作家の言葉です。( 大雑把に、、)
       時々、思い出します。 なるほど、と。

     「  人生は、むずかしい。
        マッチ箱のようである。

        大切にするのは、バカげている。
        でも、粗末にあつかうと、
        大火傷( おおやけど )する。  」( 微笑 )

    「 天地と一体 」(  理想 )
               (  1・0・無限の世界 )
      と
    「  算盤の世界  」( 現実 )
             (  数量  )
      の
    一致・円通・自由自在であることの
    <  むずかしさ  >よ。

      昨日の つづき です。
    20の内、15まで、終わったので、
    本日は、16から20です。

 16、  外界の環境に動かされないこと
          (  回りに、 いわれるまま )(笑)

 17、  相手の能力を知って、教えること
          (  教える事、教わる事の困難さよ )

 18、  心をいつも平らかに保つこと
          (  波立つ 心よ  )

 19、  是非を、あげつらわないこと
          (  評論家ばかりの、私たち )(笑)

 20、  よい手段を、学び知ること
          (  よりよさを、学びつづけこと  )
          (  工夫し つづけること  )

     1 から  20 まで、でした。

     次は、
  <  「  0  」 が、「  無限  」になる  >
     という、例・手本です。( 人生における )
     よくいわれてますので、皆さんご存知かも
     しれませんが、、、、、、、、。

     他の人々の、役に立てると、うれしいもので
   ございます。  だれかに、喜んでいただけると、
   生きがい、すら、どんどん、湧いてきます。
     プレゼントは、いただく以上に、
       与えることができますと、
         実に、うれしいものでございます。

    <  人生の  むずかしさ  >の 一番目は
      こうで、ございました。

   「   貧しくて  与え、ほどこす( 布施 )こと  」
     (  まずしくても、 与えること  )
       0、ゼロ だから、
       他の人に、何もできない。
       悲しい。
       つらい。
       やさしく してもらってるだけ。
       さびしい。

       やはり、2000年以上前から、伝えられた
     教えが、ございます。  いい内容です。真実です。

      『   無財( むざい )の 七施( しちせ )  』
    財産、財宝、余裕が無くても、
    まずしくても、
    他の人々に、与えることができる、
    七つ のことがら。

      1、  「   身施( しんせ )  」
      2、  「   心施( しんせ )  」
      3、  「   眼施( がんせ )  」
      4、  「   和顔施( わがんせ )  」
      5、  「   言施( ごんせ )
      6、  「   床座施( しょうざせ )  」
      7、  「   房舎施( ぼうしゃせ )  」

     もう、おわかりかも知れません。
       文字から、推測できますが、、、、、、。
          明日、説明させていただきます。

   駄弁ながら、敬と愛をこめて
                   残月    合掌

<   あのかたの  えがおまなざし
       ありがたし   このよにいきる
          くるしみいやす        >

<   ちいさくも  こころふるえる  よろこびよ
        てんちをこえた
            ひびきあふるる   >

<   ともだちよ  かぞくしんせき  なかまたち
         もうなにもかも
            みちたるわたし    >

<   いただいた  てあしおなかに  ことばです
         いただくばかり
             はじいれこころ     >

      駄歌ながら     失礼いたします       
     

コメント

タイトルとURLをコピーしました