10月31日(木)  天地と一体、  3

       おはようございます。
     昨日の つづき でございます。

     「  天地 と  一体  」 の、
     『  一体感  』  は、
     「 ( ちから )の( みなもと ) 」 です。
     「  力 の 源  」 です。

     食物も、「  力 の 源  」です。
     愛情も、「  力 の 源  」です。

     <  おなかが、 すいた  >
     <  だれかと、あいたい  >
     という、
     欲求・欲望・願望は、

     私たち人間をささえる、
     生命を保つための、
     根本的な事で、ございます。

     「  食物  」
     「  愛情  」も、

    「 天地の一部 」で、ございますが、
    「 天地 そのもの 」でも、ございます。

    昨日の、100翁の御食事は
    まさに、
    「 天地の一部分 」が、
    「 天地の全体 」 に、
    なっている事例であり、
    すばらしい 見本・手本で、ございます。
    「 食物 が、 天地そのものに、
      なっている。 」
    

   < 一期一会( いちご  いちえ ) >

    一回切り の 出会い
    一度切り の 出来事
    二度と無い事柄、 その覚悟。

    人に対する、「 愛情 」の極みです。
    「 いつでも、 会えるさー 」
    「 いつでも、 会っている 」 
    でない、姿勢・態度でございます。

    「 日常生活では、できない。 」
    との、 お声が聞こえてきそうです。
    でも、先ほどの、
   < 100歳翁 の 食事  >
    は、 日常でございます。

    私たちも、工夫です。
          知恵です。
         やる気です。

    そのための、
    100歳翁の、< 節制 >
      欲望・欲求にたいする< 制御 >
      < コントロール >。
      < 禁欲 >でない。
      < 節欲 >でしょうか?
      おそらく、最高の歓喜を、
      味会ってられる。

     『  こんな 美味しいものが、
      この世に  あったのか  』 と。
     
     どこにでも、あるものでございます。
     食物は。

              つづき   ます。 

  駄弁ながら、敬と愛をこめて
              残月    合掌

<   一日 一生  > 
<   いちにち  いちしょう  >

<   力を尽くす
<   誠を尽くす
<   愛を尽くす
<   心を尽くす
<   身を尽くす

<   世の花は  尽くし尽くされ  咲く花ぞ  >
                    (  残月  )

    走りつつ   失礼いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました