10月24日(木)   1周年 ( ブログ )

      おかげさまで、どうにか、
   1年、365日、ブログを続ける事ができました。
 もし、御読みくださる御方が、いらっしゃられましたら、
 心より感謝申し上げます。 ありがたい事でございます。

    ただ、遠くの故郷( 長崎県 五島列島 )に
  いる姉が、手紙一本書かない愚弟の消息がわかり、
  喜んでいただけていることは、確かなようです。( 笑 )
    年老いた母と、姉がいっしょに生活して
  いるので、小生は京都で生きることができています。
    ありがたや、ありがたや。( 笑 )
  (  個人的すぎました。 大笑い  )

    昨年の10月19日に、再再再出発。
       名前が、(  道忠  )おえて、
          覚悟したので、変名して
            その時、頭に浮かんだ
              (  残月  )に
               いたしました。
         でも、すぐに、パソコンを使えず、
           4日あけて
           5日目、24日から、
           始めました。
       「  毎日、書く事  」を覚悟してから、
        どうにか、おかげさまで、つづいてます。
      (  帰省の時、1日ずれたかな? )( 笑 )

    昨年の10月24日の文章の、最後の言葉に
         今、気づきました。 面白い内容です。
         1年前のこの日、頭の中に浮かんだ
         のでしょう。

      <   海枯終見底   人死不知心   >

      <   海、枯れて、終に底を見る 。
          人、死して、心を知らず 。    >

      <   海の水が枯れて、底が見えた 。
          しかし、
          人は、死ぬけど、心を知らない。
          だから、
          努力、精進、工夫して、

         「 人よ、心を知りなさい 」

         「 しあわせは、
            やすらぎは
              よろこびは、
                《 心 》を
                   しることですぞ  」

         「 思いは、心ではない。
           思いは、海の水。

           海の底を、
           想像してごらん。

           そこが、心です。  」

         「  生きることは、
            思いを、消すことです、

            いい思いを、実現して、消します。
            わるい思いは、実現しないで、消します。

            思いは、わいてきます。
            生きている限り。
            なるだけ、いい思いをもち、
            実現して、消していく。

            できるだけ、わるい思いは
            もたないように。( 笑 )

             心を、見たら。
             心に、気づいたら。
             思いに、ふりまわされなくなります。

             わいてくる思いも、
             減るでしょう。( 笑 )

             生きていながら、
             思いが、ないかもしれない。( 笑 )

             ただ、
             感じているだけ。 ( 大笑 )   」     >

                      つづきます

     駄弁ながら、感謝をこめて。

                       残月     合掌

  <  昨年の今ころのブログから、

           やわらかな心
           つよい心
           思い込まない心
           自分をはなれた心
           何かを信じてる心
           変化にふりまわされない心

            上の6この心は、1つの心。  >

    飛びながら、失礼いたします。
      よき一日で、ございますように。( 末筆ながら )
           

コメント

タイトルとURLをコピーしました