10月20日(日)  「 アンパンマン 」の 父  4

   昨日、照れながら、ある雑誌を買いました。

   50男が、「 詩 と ファンタジー 」 を
   はじめて手にして、はじめて買ったのですから。
   おどろき、もものき、さんしょのき、でございます。

   やなせ たかし様 の 責任編集だからでした。( 笑 )

      禅僧に、遺偈( いげ )
           人生最後の、一句、言葉が
           あるように。
           何か、いい残されていないだろうか?

           (  一部分だけに、いたします  )
           (  尊敬し過ぎて、問題になったら、、) 
           (  迷惑かけたり、失礼になったり、
           (  しませんように。   )

       「   いつも
           これが最後と
           おもってかいてます
           、、、、、、、、、
           、、、、、、、、、
           、、、、、、、、、    」

        「  、、、、、、、、、、
           、、、、、、、、、、
           、、、、、、、、、、、
            ぼくの人生喜劇
            シリーズ
            ついに全巻の終り
            、、、、、、、、、、
            、、、、、、、、、、
            、、、、、、、、、、  」

        「       天命
            、、、、、、、、、、、
            、、、、、、、、、、、
            、、、、、、、、、、、
            もはや
            無駄な抵抗はせぬ
            ゼロの世界へ
            消えていくでござる
            、、、、、、、、、、、、
            、、、、、、、、、、、、
            、、、、、、、、、、、、    」

   保育園、幼稚園の世界から、
 「  アンパンマン 」が、いなくなる事は、
 ないでしょう。  永遠です。

   まことに、
  ありごとうございました。

 <     やなせ  たかし 様 
   
   ゼロの世界は、無限の世界です。
   消えませんよ。 

   消えてませんよ。
   
   かがやいてまーす。

             残月   合掌    >

     本日は、これにて 失礼いたします。
  よき 一日で ございますように。
  この命と、この心を、活かせますように。
  この手と、この足を、活かせますように。
     そして
     前進と感謝を、忘れないように
               したいです。( 小生 ) 

コメント

タイトルとURLをコピーしました