10月17日(木) 「 アンパンマン 」の父

    昨日の新聞によりますと、
 幼稚園児・保育園児に、大人気の、
「 アンパンマン 」 の作者・父である、
漫画家  やなせ たかし 様が、お亡くなりに、
なられたようです。
  衷心より、御冥福をお祈り申し上げます。

 <  13日 午前3時8分 心不全  94歳  >

 『    アンパンマンのマーチ   』  を、
以前、ブログにて、味会わせていただきました。

  今朝も、先生への追悼として、
 皆さまと、再読いたしたく存知ます。

 1    そうだ
      うれしいんだ
      生きる  よろこび
      たとえ  胸のキズが いたんでも

      「  何のために  生まれて
         何をして  生きるのか
         
         答えられないなんて
         そんなのは  いやだ   」

      今を  生きることで
      熱い 心  もえる

      だから  君は  行くんだ
      ほほえんで

      そうだ
      うれしいんだ
      生きる  よろこび
      たとえ  胸のキズが  いたんでも

      ああ  アンパンマン
      やさしい   君は
      行け   みんなの夢   まもるため

  2    「  何が 君の しあわせ
          何をして  よろこぶ

           わからないまま  おわる
           そんなのは   いやだ    」

        忘れないで    夢を
        こぼさないで  なみだ
        だから   君は   とぶんだ
        どこまでも

        そうだ
        おそれないで
        みんなのために
        愛と 勇気だけが   ともだちさ

        ああ  アンパンマン
        やさしい   君は
        行け   みんなの夢   まもるため

        <  時は  はやく  すぎる

           光る星は  きえる  >

        だから   君は   行くんだ
        ほほえんで

        そうだ
        うれしいんだ   生きるよろこび

        たとえ
        どんな  敵が  相手でも

        
        ああ   アンパンマン
        やさしい   君は
        行け   みんなの夢   まもるため

 ・ 私たちは 「  生きる  喜び  」を、体得実感
         しなくては  なりません。

         「  生きる 喜び  」を、
         まわりの人々に
         伝えなければ なりませんね。

          幸福の 和 が 広がります。

          心  も  熱く 燃えます。
          愛と 勇気が  友達と いえます。

          胸のキズ
          腕のキズ
          足のキズ
          頭のキズ
          腹のキズ
          顔のキズ
          、、、、、、
          、、、、、、
          、、、、、、、  傷んでも。

          傷んでも、痛んでも、
          「  生きる  喜び  」を つかむ。
           何歳であろうとも、
           100歳であろうとも、
          <  喜び  >を、  高め、深め、広める。

          私たち、人間の仕事です。
             ( 給与も  報酬も  ないですけど  )( 大笑 )
             (  だから  ほんとうの  仕事です )

    やなせ  たかし 様に  大感謝しつつ
                   残月   合掌

<   そうなんだ  夢とは心  そうなんだ
        みんなの夢は  
             みんなの心     >

<   喜びは  心にめざめ  生きること
       東西南北  自由自在    >

<   喜びは  心しずかに  今ここで
       全てを愛す  気持ちかな   >

<   喜びは  この世の涙   消えること
         悲しさ辛さ
           苦しみ痛み     >

     飛びつつ   失礼いたします。 

        

コメント

タイトルとURLをコピーしました