10月14日(月)  悪縁( あくえん )  7

      毎朝、 <  悪縁  >という言葉を思い、
    文字に表わしていると、<  悪縁  >が友人の
    ように感じてきました。 ( 笑 )

      もし、御読みいただいてる御方が、
    いらっしゃいましたら、お許しくださいませ。
   (  心を 強く  )おもちくださいませ。( 笑 )
   つまり、外界、自分以外に、
   振り回されないで、くださいませ。( 笑 )
   (  ふりまわされそうー、あまさに、にがみに )
   (  大笑い  )(  笑えない  )

      ここでも、<  善悪  ><  よしあし  >
    が、出て参ります。
    (  < いい > 外界、自分以外、環境  >と
    (  < 悪い > 外界、自分以外、環境   )です。

     一番、近い、< 外界 >は何でしょうか?
    やはり、「 ことば 」 でしょうか?

    (  悪  )を  (  善  )に、変化できない時、
   「  悪いことば  」は、 見ても聞いても、いけない。( 笑 )

     私たち人間は、< 外界 >と一つになりながら、生きてます。
   <  外界、自分以外、環境、異物 、他者  >と
   ≪  一如  いちにょ  ≫で、  
    生命をうけ、いただき、
    生存し、させていただき、
    生活し、させていただいて、います。

    「  生命  」 「  生存  」 「  生活  」と
    3つに、わけて思考すると、
    自分自身が、つかみやすくぞんじます。

   
    とにかく、「  ことば  」が、大切です。
    だから、<  教育  >が重要です。
    先日、アフリカから帰ってこられた恩人の御子息が
    しみじみ、おっしゃられてました。

    現代日本人は、大人は、
    < 学び方 >が、大切です。
    (  試験のためでない。  人生の学問  )
    (  生命の学問 です 。 )

    < 修身 >< 修養 ><  平  天下  >
    <  いい人間、お日さまに恥じない人になり、
    <  天下のために、  世のために  つくしたい
    <  花鳥風月 を たのしみ
    <  多くのひとびとと、
    <  身近なひと
    <  ご家族は、いても、いなくても、( 空です )
    <  小鳥に、蟻に、とんぼ。
    <  わずかな友と
    <  縄文人の心で、 現代を生き抜く。。
    <   たいへんだー
    <  10万年以上を  学ばなければ
    <  縄文の 心  とは ?

      とりとめが、なくなりました。
    まとめ として  「  いい言葉  」に
    たくさん  ふれたい。  聞きたい。
      学びたいもので、ございます。

      人類の歴史は、宝庫です。
    とくに、日本語の世界は、先人先祖のおかげで、
    翻訳がよくされているようです。
      活かすのは、子孫です。 生徒・学生・
    書生・(  死ぬまで、向上ですから ) 老書生です。
     私たちで、ございます。
        おごりをすて、
        けんきょに、
        すなおに、 
     いつまでも、学びたいもので、ございます。

    だらだら、駄弁になりました、されど、
       敬と愛を  こめて。

                   残月    合掌

<   われわれに   一番近き   ものは何 ?
        言葉 たべもの
          おとうに  おかあ    >

<   なにを聞き   なにを語るか   この私
       よしあしも無く
          風に まかすな    >

<   食べ物が  すべての日々を   おくる人
       青い空すら   悲しくつらし   >

<   長年の   体に付きし   油かな
       しぼりにしぼる
          なかなか出ない     > ( 笑 )

<   何を食べ  何を求める   この口さん
       おいしさ  まずさ
          心  動くな   >

    走りながら、 失礼いたします。
         
          

コメント

タイトルとURLをコピーしました