10月10日(木)  悪縁( あくえん ) 3

      

  <  悪縁も 善縁も > 、幻( まぼろし )であれば、

  <   苦も  楽も  > 、幻( まぼろし )であれば、

  <  この世の中の物事も > 、幻( まぼろし )であれば、

  <  この世の中の自分も > 、幻( まぼろし )であれば、

   つまり、

  <  善悪も  苦楽も  > 有るようで、無いのであれば、
                    無いようで、有るのであれば、
          つまり 『 空 ( くう ) 』といえるのである。

          だから< 善悪 >からの、解放であり、
          だから< 苦楽 >からの、解放である。

          そして 『 私( 我 ) 』 は、救われた。

  <  物事も  自分も  > 有るようで、無いのであれば、
                    無いようで、有るのであれば、
          つまり 『 空 ( くう ) 』といえるのである。

          だから< 物事 >からの、解放であり、
          だから< 自分 >からの、解放である。

          そして 『 私( 我 ) 』 は、救われた。

   全ては、幻( まぼろし )である。

   全ては、空(  くう  )である。

   
   だから、
   
   一輪の ≪  花  ≫の  まぶしさよ。
   一時の ≪  笑顔  ≫の  うつくしさよ。
   一語の ≪  ことば  ≫の  やさしさよ。
   一手の ≪  しぐさ  ≫の  かがやきよ。
   一足の ≪  前進  ≫の  いさましさよ。
   、、、、、、、、、、
   、、、、、、、、、、
   、、、、、、、、、、

   なんという、うつくしさ、やさしさ、よ。
   ありがたい。  ありがたい。  ありがたい。

   

      でも、
     しかしながら、
   ある友は、怒る。
   ある友は、叫ぶ。
   ある友は、ののしる。
   ある友は、許せないという。
   ある友は、目をいからせる。
   ある友は、大声をだす。
   ある友は、手をふりかざす。
   ある友は、物をなげそうだ。
   、、、、、、、、、、、
   、、、、、、、、、、、
   、、、、、、、、、、
   、、、、、、、、、、
   、、、、、、、、、、

   すまない、本来の≪ 友 ≫の姿ではない。
   私が、私たちが、
   <  怒らせて  しまったのである  >

   ≪  友  ≫よ。
   あせらない で ほしい。
   時間を 信じて ほしい。
   ゆつくり できない でしょうか?
   小さい事を  積み重ねながら、
   待ってほしい。

     ある物事を
     ある時間を
     ある人物を
     、、、、、、、、、、、、
     、、、、、、、、、、、、
     、、、、、、、、、、、、を、

     大きな心で、見れないで、
     苦しんでいる友が、
     数人います。

     悲しんでいる≪ 友 ≫もいます。

     ≪  友  ≫よ 。
     ≪  ともだち  ≫よ。

   駄弁ながら、敬と愛をこめて、祈りとともに。
                 残月     合掌

<   あらゆる  人が
        物が  事が、
           調和されますように。  >

<  心と体も  調和されますように  >

<  よき一日で  ございますように  >

           失礼いたします。

                

コメント

タイトルとURLをコピーしました