9月27日(金)  神父さま 2 ( プリント 4 )

      平和を  もとめる  祈り

  主よ 

 わたしを  あなたの平和の道具として  
 お使いください。

    憎しみのあるところに  愛を

    いさかいのあるところに  ゆるしを

    分裂のあるところに   一致を

    疑いのあるところに   信仰を

    誤っているところに   真理を

    絶望のあるところに   希望を

    闇に            光を

    悲しみのあるところに  喜びを

 もたらすものと   してください

    慰められるより   なぐさめることを
   
    理解されるよりは  理解することを

    愛されるよりは    愛することを

 わたしが   もとめますように。

    わたしたちは
     
        あたえるから   うけ

        ゆるすから    ゆるされ

        自分をすてて死に

        永遠の命を   いただくのですから。

                アーメン

     共に、味会うために、敬と愛をこめて

                      残月   大合掌

<   昨日の神父さま
    
     「  わたしたちは
           自分の都合の
              悪い人の

         ために祈って いるだろうか? 」
                                 
                                >

 <    無量( むりょう )の心

      無限の心 の 現われが、祈りではないか。

     「  読経も、本来、祈りと存じます、神父さま。 」 >

       飛びつつ      失礼いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました