9月10日(火) ことば 3

  おはようございます。
昨日は、失礼いたしました。
珍しく、午前5時です。  3時ころ
目が覚めました。  ( 他の条件も
そろっている、チャンスだ  笑。 )

  「  ことば  」

0  学者くさき  はなし
0  茶人くさき  はなし

   が、あるのに、何故

0  坊主くさき  はなし

   が、ないのか?

   一番、注意すべき事ではないのか?(笑)

  「  ことば  の 戒め(いましめ) 」は、
越後( 新潟県 )の僧侶である、良寛
( りょうかん )さまの残された御言葉なのでした。
 自分自身が、<坊主>だから、
特に、特に、百もおわかりの事でしたのでしょう。

   ある時、親戚の家の方にたのまれました。
「 内の子が、素行がよくないのです。
   どうか、教え諭してください、良寛さま 」

  家を訪れてくれたのに、いっこうに何も
言ってくれません。 家人はやきもきしました。
とうとう、帰ると和尚がいいだしました。

  草鞋( わらじ )をはこうとしました。
おそらく、高齢だからなのでしょう。
 その放蕩息子に声をかけました。
「  悪いが、ひも を結んでくれないかな  」

  おそらく、( この坊主め )と思った事でしょう。
青年は、腰をかがめて、結んでいます。
  すると、手の甲に、一粒の水滴、
見上げれば、和尚の涙ではございませんか。

  その後の、彼の改心ぶりは、申し上げるまでも
ございません。
  ( この一滴は、何なのか?       )
  ( 考えることは、ありますまい。 笑  )

   お釈迦さまの、いい説法の話もございます。
 明日に、いたします。

    寺の御手伝いの方に、たまたま、
 尋ねました。「 わたしの ブログを読んで
くださった方も、時には、いますか? 」

すると、「 いますよ 」 「 うれしいな 」
「 どういった年齢の方々ですか? 」
「  年配の方々が、よくおられます 」
「 えー、自分より年上の方々を
  あまり想定していないなー。
  若僧の駄弁なのに、
  申し訳ないなー。  」

   真剣に、真心で、ブログに臨んでいますが、、、、。

   日本社会の現代人は、幸福のような気がいたします。
 病気も犯罪も事故も、天災人災も、諸問題山積みです。
   しかし、身心ともに御健康の方々も
 沢山いらっしゃいます。 御生活も、いろいろございます
でしょうが、基本的に安定なされていらっしゃるように
感じたりします。
   そうです、チャンスなのです。
   何の?

   人生の完成の
   人格完成の
   大安心をえる事の
   東洋の精神文化をきわめる
   自分を心の奥底から認め愛する
   強い心と自由な魂をもった、やさしい人になる

   宗教的には、< 解脱 >
           < 菩提 >
           < 開悟 >
           < 法悦 >
            、、、、、、、、、、、、、、

    できます。
    なすべき、と存知ます。

    変換してて気づきました。
これからの、高齢化社会は

  < 介護 >でなく、≪  開悟  ≫(かいご)
である。 ( 笑 )( 笑えない )

   変な宗教にならないように、十分注意して
『 東洋の精神文化遺産を、学び、< 体得 >する。 』
   これだ。
   これです。
   愚僧、一つ悟りました。( 大笑 )

        つづき ます

  駄弁ながら 敬意と愛をこめて
                 
                 残月  大合掌

< 清き光が 満ち満ち溢れ ますように
     私たちが、きちんと、
         受けとめますように   >

  飛びつつ  失礼いたします
  遅筆で、90分かかります。反省。

コメント

タイトルとURLをコピーしました