8月20日(火)  本願寺

      今朝、急用で、西本願寺・龍谷大学あたりへ行ってきました。
     なんという、壮大な伽藍でしょうか。 言葉を失ってしまいます。
   境内の、横に張ったイチョウの大木もすばらしい。400年は経つという。
   普通は、上へ上へグングン伸びていくのに、人の手によって、
   人の心によって、このように変容するのですね。  人の心の働きの
   象徴みたいな存在のような気がいたします。

      「  本願を信じ、 念仏をもうさば、 仏になる  」

    このような< 教え >が、日本にある事はすばらしい。
  ありがたい。  また、この< 教え >が、インド・中国と伝達発展して
  また、日本でより深まりかつ高まり、広がったという事実は、人間の
  根源的・本質的すばらしさを、証明しているような気がいたします。
    大学という教育機関をもち、研究・教育の歴史も古く長い、
  大したものにございます。

     日清・日露戦争のころ、日本の西の端の五島列島から来た
  僧侶が、本山・真宗のために奮闘奔走し尽力なさられたらしい。
  愚僧の父と年がだいぶ離れた従兄だったみたいで、小生の現状を
  思えば、妙な気がいたします。 立場は全然ちがいますが。( 大笑 )

     とにかく、幅広く仏教を、学び修していきたいものでございます。
     とにかく、幅広く宗教を、学び修していきたいものでございます。

   「  仏に なる  」と、 「  強い心  」と
                  「 自由な魂 」をもち、
                  「 やさしい愛の人 」
                  になる事が、同じと思っている愚僧は、
                  あやまって、いるのだろうか? ( 笑 )

               菩薩( ぼさつ )についても、考えたいです。

                          つづきます

   駄弁ながら、ご報告            残月      合掌

  <   現実の世界において、
         神仏の光が、わすれられませんように。
            私たちの日常において、
               心が、あまり乱れませんように   >

  <   自暴自棄( じぼう じき )
       自縄自縛( じじょう じばく )
            しませんように    >

       走りながら失礼いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました