8月10日(土)   ある言葉

         大悲閣のパンフレットは、
      次の言葉のコピーを、いっしょにお渡ししています。

   (  ここ数日、御盆のため、時間があまりないので、
    < 反省 >< 復習 >の日々と、致したく存知ます。 )(苦笑)

     1   心に  物なき時  心ひろく 体やすらかなり

     2   心に  慢なき時  愛敬うしなはず   ( うぬぼれ )

     3   心に  欲なき時  義理をおこなふ   ( ぎり )

     4   心に  私なき時  疑ふことなし     ( わたくし )

     5   心に  驕りなき時  人を敬う       ( おごり )

     6   心に  誤りなき時  人を畏れず     ( おそれず )

     7   心に  邪見なき時  人を育つる     ( じゃけん )

     8   心に  貪りなき時  人にへつらふことなし   ( むさぼり )

            半分にいたします。(  全 16  )
        いい言葉です。  なるほど、そのとうり、ばかりです。
      自分自身の人生、生活を反省する、きっかけ、鏡になります。

         20代の学生の時、歴史好きの友人のアパートの部屋で、
      発見しました。  うれしくて、うれしくて、お部屋に落ちていた
     クリーニング店の紙切れに写して、踊るように帰って来ました。
         それから、10年以上の後、小生の秘蔵の宝物を( 大笑 )
      大悲閣の参詣の皆さまの目の触れやすい所に、
    置くようにしたのでした。 どなたも御存じかもしれませんでしたが、
    愚僧にとりまして、大公開でした。( 笑 )

         さすが、上杉 謙信公の お言葉です。

         ゆっくり、考えてくださいませ。
      必要でない説明も、少しずつ、させていただきたく存じます。

        
         よく生きるために        残月    合掌

   <   お天道さまを  見る、 朝日です
          全ての、根源、おおもと、、、、
             でなくして、 何でしょうか?

           くもり空に  オレンジの太陽
              ありがたい   ありがたい
                 灼熱、猛暑、烈日、
                   されど   ありがたや

                 されども  ありがたい    >

              走りながら  失礼いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました