7月12日(金) 角倉了以 400年忌

    7月12日が、了以翁の祥月命日( しょうつき めいにち )です。
  1614年・慶長19年・7月12日・当月当日でございます。
  ただし、旧暦( 太陰暦 )であり、石碑には「 秋7月12日 」と
  刻まれています。

    例年、今ごろは、梅雨の最中で、法要はいつも雨でした。
  了以翁は、龍神様の御子だと納得しつつも、参詣者の方々が
  難儀なされますので、現在は、春ないし秋に開催いたして
  ございます。

   本年の400年忌法要は、5月12日に角倉家の菩提寺で
  ございます嵯峨二尊院さまで、厳修させていただきました。
  5月13日から5月いっぱい毎日、嵐山大悲閣・千光寺で法要
  をいたしました。
   
   皆さま方の御蔭をもちまして、400年忌法要を修行させて
 いただいてございます。 本年は、丸1年、「 了以翁 年 」と
 とらえてございますので、 どうぞ、いつでも、御参詣くださいませ。

  数十年前は、秋に < 了以忌と 川施餓鬼法要  >を
開催いたしていたようです。  了以翁と ( 川 )は密接なので、
この秋の行事を再興できないかと、考えてございます。
  昨年は、春、< 399年忌と川施餓鬼法要 >を小規模
ながら、開くことができました。 

  昨日、立派な御花をいただきました。
名古屋の前田さま、不遜ながら了以さまになりかわり、
心より御礼申し上げます。
  本日、夕刻、
保津川下りの船頭さま方が、お参りに来てくださいます。
皆様方も、驚きと御喜びなさられるに、違いございません。
  本当に、ありがたく衷心より、感謝申し上げます。

       御報告と御案内です、感謝をこめて。
                     残月   合掌

<  今日 一日  しあわせ でございますように  >
<  清き光が  満ち満ち溢れ  ますように  >

<  悲しみ  苦しみが  すこしでも
             へりますように    >
<  全ての 存在が  粗末に されないように
      全ての( いのち )が
         大切に されますように  >

<  不平・不服・不満のまえに、
        深呼吸して、 一工夫を   >

<  暑い 暑い   にげるな。
      暑いに、なりきる。
         時には。   >

<  御病気・御ケガの( なかま )
   1日でも  お早い  ご回復を 御祈りいたします。 >

            失礼いたします。
     蝉の声   夏の心や   奮い立つ  ( 残月 )

コメント

タイトルとURLをコピーしました