7月10日(水)  高齢者の万引

     大悲閣の御協力者の方から、メールいただきました。
  スーパーのお仕事をなさられた経験が、おありだそうです。
「 とても、おばあさんの、万引が多いです。
 おじいさんも、しますが、どなったり、まとわり付いたりします。」と。
   なんと、
 小生は世間知らずです。

「 書店の万引が多くて、非常に困る。損失額が大きい。」と。
「 万引というのでなく、『 窃盗、< ぬすみ > 』であると、
   明言・断言しない。 」
「 犯罪の入り口である。 」とか、耳にしてましたが、
  なんと、
 高齢者の万引が多いとは、嘆かわしい。
  どうしたら、いいのでしょうか?

   自分の、おじいさん・おばあさん・あじさん・おばさん・
 おにいさん・おねいさん・先輩たちが、< 万引 >していると
しましたら、 どうしたら、いいのでしょうか?

   「 刑務所が高齢化している、
 高齢者の再犯率が、近頃、高くなってきている。 」という
新聞記事は、何度か読みましたが、、、、、、、、、、、。

 『  < 65歳から、皆、菩薩さまを志そう >キャンペーン。
  世間の損得・好き嫌いを超えて、自由に生きて、
 本当の楽しみ・安心を味会うでは、ありませんか。  』
            嵐山  観音菩薩会( 仮称 )( 笑 )

    このような事を、始めようかなと思っていますが、
  早めに、なさねばならない気がしてきました。
    僭越( せんえつ )ながらと、いってられないです。
  言うのが、おかしい。 
     < 道忠・ 何をしているのだ >です。
     < おそい >
     < 托鉢 (たくはつ)は、どうした? >
     < 辻説法は、どうした?  >

    もっと、世間にかかわらなければ、ならない。
   反省です。

       余談です。
     知人・協力者・メールの御方の心配して下さった事。
     大悲閣の土地の問題。
   明治時代に、境内地を全て、うしないましたが、
  戒岳・春応・仁轟( 四海住職 )和尚三代で、根本は解決してます。
    「  立ち退きなど、ございません。
       御安心くださいませ。   」
    「  供養塔納骨堂を建立のために、
       土地の購入が残っているのです。
      法律も、ややこしく、ございません。
      御安心くださいませ。  」

     この御方は、毎日、ブログの感想をメールしてくださいます。
   ありがとうございます。 ( 返信したことございませんが。
   スミマセン。  質問なら、御答いたしますが、、、、笑  )

      よろしければ、メール、御遠慮なく。
    御忠告・御批判も、ございますでしょう。
    無視が、一番いいですね。  反省には。( 大笑い )

        駄弁です、覚悟とともに。
                   残月     合掌

  <  しあわせな   一日で  ございますように   >
  <  清き光が  満ち満ち溢れ  ますように  >
  <  悲しさ   苦しみが  すこしでも  へりますように  >

  <  御病気・御ケガの( なかま )の
          一日でも お早い   ご回復を   >

       小走りで、失礼いたします。

    

コメント

タイトルとURLをコピーしました