7月8日(月) 清廉潔白< せいれん けつぱく >

       昨日を、 「 嵐山大悲閣 千光寺 」の 
    再興計画 第2期  第1日目としたいと存じます。(笑)
  平成25年 7月7日・ 七夕( たなばた )祭りでした。

    昨日のブログの内容が、
  寺院と愚僧の、現状を整理できていましたり、
 まさに、懸案の< 土地問題 >の早期解決の覚悟を
 決意した昨今だからでございます。

    それにしても、不思議でございます。
   本年 5月31日(金) 角倉 了以翁 400年忌法要
  の最終日に< 早期解決の要望 >の連絡があったの
 でございます。
   ( なんと、「 一息も つかしてくれないのか? 」 )( 大笑 )
   ( と、31日は思ったものでした。 )
   ( ちょうど いい、「 全力を尽くそう 」です。 )(笑)

    昨日の つづき です。
  「 高潔 ( こうけつ ) 」にして「 清廉 ( せいれん ) 」
  であった、武士( サムライ・侍・さむらい )たちについて。

   「 高潔 」 「 清廉 」も、< きよらか >の意味が強い。
 

   <  きよらか >とは、何か?
  「 私心 ( ししん ) 」が無い事、
  自分だけが、損せず、得したいという心が無い事。

    「 私心 」なくして、この世・現代社会を
  生きていけるのか?
    どなたも、思う疑問だと存知ます。

       しかし、
    「 私心 」の無い世界・物事・人物に
  感激・感動・共感・共鳴するのも、
 私たち人間の特質のような気がいたします。

   < 「 私心 」の無い世界 >とは何か?
  現代は、また、新たに、熟考しなくてはなりませんね。
 でも、そういえば、経済界の1人のトップの方が、
 よく語られています。  ほんと、日本人は凄い。
   愚僧は、
 もう、考え語る必要はないかもしれません。
 ただ、実行実践あるのみ、か?

    でも、
   皆さまと、共に実行するために、
  少しだけ、
  考え語り合いと、存じます。

    「 私心 」の反対語は、何だろうか?
  「 大義 ( たいぎ ) 」か?

      駄弁です、よく生きるために
                 残月     合掌

   <  すべての人々が  しあわせで  ございますように  >

           走りながら、失礼いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました