7月4日(木)  100歳の日本男児<4>

       何故、< 日本 男児 >と小生は記述しているのか?
     100歳の先生は、先の戦争を体験されて、います。
     中国大陸に行ってられます。 詳細は、今、思い出せませんが、
     化学の専門家で工場にいたようです。  多くの中国人と
     交流なさっています。
       とにかく、戦後、
     ご自身が70歳こえて、< 社会奉仕・社会恩返し >として、
     中国に小学校を作っています。

       日本社会に、もう小学校は、いらないですね。
     より高度 上質な教育として、私立の学校はできてますが。(笑)

       中国大陸も、朝鮮半島も、まだ行ったことがございません。

      < 仏教 >< 儒教 >から観ても、
   
    「  大陸  」  「  半島  」  「  列島  」で、
  伝わりかた、浸透の度合い、変容のあり様が、当然ちがいます。

     アフリカから発生した人間が、広がって行った。
    「  大陸  」に、とどまった人々。
    「  半島  」に、とどまった人々。
    「  列島  」に、いたった人々。

      その子孫は、< 民族 >となり、
              < 家庭 >を
              < 社会 >を
              < 国家 >を形成したのでしょう。
           ( 離合 集散  りごうしゅうさん )は、当然。

       とにかく、< 民族の精神 >は地理的要因が強いと
     思います。  「 00000、と考えやすい 」とお互いに、
   配慮・考慮・思いやる事も、今、以上に必要でしょう。

      地球の上の『  人類  』という事、
      アフリカから広がった『  人間  』という事を、
   今より強く、もっと、もっと、もっと、強く考えて、
   世界は、アジアは、国家と国家は、
   交流を、深め、広め、高めあっていかなければ、
   ならないですね。 
     (  あたりまえの事ですね、すみません、駄弁です。 )

        100歳の御命

     不平・不満・不服めいた言葉を 話されず
     感謝・大感謝・恩返しに 燃えてられる

     徹底した、自己管理
     おそろしまでの、自己制御
     心 そして 身体にたいして

     食物に、
     100歳にして、
     感動・感激できる「心の純粋さ」、
     歓喜できる「心の純粋さ」
     心身一如
     自他一如

     、、、、、
     、、、、、、、、、、

                   つづく

    駄弁なれど、敬意と愛をこめて    残月   合掌

  
  <  友よ   元気で   いこうぜ   >

              チャオ

コメント

タイトルとURLをコピーしました