6月21日(金) < わかっているけど  やめられない  >

     <000 したい >という人間の欲望
 願望・希望・切望・あこがれ・理想・目的・志(こころざし)が、
 大切だということは明白です。 本能でしょう。

     願望の実現の過程で、
苦しみ・悲しみに、さんざん出会うのが、人間であり、
この事により、成長・発達・改革・変身(笑)していければ、
何もいうことは、ございませんね。  ところが、どっこい、
色々な事柄により、
  私たちは、精神的にも、肉体的にも、病んでしまう。

愚僧の< 祈祷( きとう ) >(笑)(笑えない)の
一つに、
  「  刑務所 ・  病院  の役割が無くなりますように  」
が、ございますのは、
< 刑務所 >< 病院 >の苦しみ・悲しみが、あまりにも、
世間・社会・家庭に、満ちているからで、ございます。

   不平・不満・不服のレベルではなく、
もっと、もっと、深刻な事と存じます。でも、
この個人的レベルが、基本・土台ですから、重要です。
日々の、愚僧の願い< 祈祷 >にございますように、
まずは、( 自分自身 )の智慧・工夫・精進で、
克服したいものでございます。

   そして、
小生が、僧侶として、語らせてもらっている事は、

ただ、ひとつ、

  「  もとめて  もとめて   もとめて
   当然、良い事ですが、
     <  苦しみ  >
     <  悲しみ  >
     <  あらそい  >
     <  たたかい  >
     <  殺し合い  >・・を
   生みださないように、しなくては、
   ならない。
      そのための、

      『  閑坐  』  かんざ
      『  数息  』  すうそく
      『  正心  』  せいしん
      『  実践  』  じつせん

      などが、必要でないだろうか?

   <  もとめている ( 自分 )  >
   <  もとめられてる( 自分以外 )の 何か  >
   この、二つから
   独立・自由になってこそ、
   安心して、  <  もとめる事  >ができる、
   のでは、ないだろうか? ( 笑 )( 大笑い )
                ( あほ な )
                ( できるか ? )
                ( できる )
           師匠いわく  ( やれ )  

       ということです。

                     つづき ます

     駄弁ですが、愛をこめて      残月   合掌

 <  この一日が  しあわせで   ございますように  >
 <  清き光が  満ち満ち溢れます  ように  >
 <  悲しみ  苦しみが   少しでも  へりますように  >

 <  あらゆる存在が  粗末にされません  ように  >
 <  まちがい てちがい かんちがいを
        あまり  しでかさないように  御注意(笑) >
 <  工夫し、精進して、己( おのれ )を
        尽くして ごらんなさい    >

 <  笑顔は、貴重です。   和顔( わがん )
 <  やさしい、言葉はうれしい。  愛語( あいご )
 <  二つとも、 現実執着( げんじつ しゅうちゃく )を
        超越・解脱( ちょうえつ  げだつ  )してこそ、
            執着?  自己愛?

 <  御病気の( なかま )の  御回復を  >
 <  御ケガの( なかま )の  御回復を  >

             失礼いたします
 <

コメント

タイトルとURLをコピーしました