6-7 亀山公園 にある < 了以 立像 >

    本日、6月第一金曜日は、
  京都・嵯峨嵐山地区・天竜寺の裏山にあたる亀山公園にございます、
< 了以 像 >の前にて、毎年、法要が営まれます。

   大悲閣千光寺の< 坐像 >400年前制作。
   亀山公園の銅像は< 立像 >であり、戦後再建されました。
         ・ 定朝門の御立派な仏師様の御制作です。
         ・ 高瀬川(京都)の住民の皆さまの発願です。
         ・ 20年以上前から嵐山保勝会・商店会・・皆さまで、
            守られています。
         ・ 自治体の御協力もいただいているようです。

   以前、ある町で< 了以像 >を制作した、という事がございました。
  万民に慕われ尊敬されている< 角倉 了以 >様ですから、
 事実、今までにも上記の如くあり( 高瀬川 瑞泉寺様にも ございます )
 これからも、ありえます。( 富士川の皆さまの思いも、お聞きしています)

   ある町の制作の< 了以像 >には、
「 よくない事である 」と、このおとなしい愚僧は、はじめて怒りました。( 笑 )

   現代人である、わたしたちが、勝手に、想像して、
 < 了以 さま >の御顔を、制作できる訳はない。
 400年間、大切に、多くの方々が守ってきた、
 第一級の資料があるのに、その事をふまえず制作
することは
「 歴史を  冒涜( ぼうとく )する事ではないだろうか? 」
  < 先人をないがしろにし、 子孫を だます事 >では?

   怒らない僧侶が、怒ったのでした。( 笑 )
 もう、終わった事です。
  私たちも、十分注意したいと存知ます。
   拙僧は、特に、なんでもよく、皆さま方の
 御意見を、いただけるような、真摯さ・謙虚さを持たねば
ならぬと、反省いたしてございます。

    因みに、亀山公園の< 御像 >は、
 大悲閣の了以様< 坐像 >が、まさに立ってられるような、
 雄姿( ゆうし )の< 立像 >でございます。
   すばらし御像でございます。
       ここに、嵐山の中腹にたたずむ、
        了以翁の貴重な史跡・
        大悲閣の説明案内板があれば、    
       より親切な京都市・京都府なのになー
        と、20年間、思いつづけています。( 笑 )

 
           昨夜、 月齢  27・1   ( 月華殿 )

     
         駄弁です        残月    合掌

<  しあわせな  一日で ございますように  >
<  清き光が  満ち満ち溢れ ますように  >
<  苦しみ  悲しみが  少しでも へりますように >

<  まちがい かんちがいを  あまり しませんように >
<  あらゆるものが  軽んじられません ように  >
<  工夫したいものです、壁にむかいて  >
<  努力するかぎり  迷うもの  おそれないで  >
<  日々の( つとめ )を  しっかりと したいものです  >

< 御病気の( なかま )の  ご回復を  >
< 御ケガの( なかま )の  ご回復を  >

            失礼いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました