5-29 街頭、そして 嵐山 客殿 (4)

     法要  ( その3 )つづき    <  大悲閣  >にて

   5月27日(月)   4人  
           ( 10年前から、お参りのご婦人・植樹について )
           ( 理英大姉・ 北森 鴻氏<作家>のファン  )
           ( 一般の 御方々 )

      28日(火)  4人
           ( 客殿大改修、元請け会社・会長様・社長様 )
          < 山科・四宮・光泉林・一燈園・燈影設計工務 >
       ( ブログを、書いている人は、どんな人? )(赤面・笑)
     ( おとめ椿さん・
      ここ千光寺の初代は< 了椿 >りょうちん和上とおっしゃいます。)

       和上は、< 了以 >翁の御師匠様でございます。
      角倉家菩提寺 二尊院十九世  御住職さまであられ、
    四宗兼学( 天台宗・真言宗・律宗・浄土宗 )の偉大な僧正様です。
        愚僧も、あやかりたいもの で ございます。( 大笑 )

        小生の諸宗教・諸宗派に、こだわらず、
      < 良き事 >は、全て学び、修得したいという気持ちは、
    さきほどの、一燈園の創立者・西田 天香 師と、同じのような
  気がいたします。 (  恐れ多い事、申しました、お許しくださいませ  )

       学生時代、一燈園で、教育実修させていただきました。
     その時の、高校生の一人が、小生をズーと手伝ってくれてます。
    ありがたいことです。  そして、四〇〇年大改修を、このような
  体制・形で成していただけるなんて、 わからない、わからない。
     本当に、わからない。   天の采配ありや?
     ありがたい。
     ただ、ありがたい。
     有難い事にございます。
     あらゆる全てに、感謝申しあげます。

        駄弁ながら、大感謝申しあげます。
                         残月     合掌

    <  しあわせな  一日で  ございますように  >
    <  清き光が  満ち満ち溢れ  ますように  >
    <  苦しみ  悲しみが  少なくなりますように  >
    <  まちがい てちがい を あまりしないように  >
    <  人としての( つとめ )を わすれぬように  >

    <  この世から  病院・刑務所が なくなるように >
   
    <  赤心(せきしん)  まごころ・誠意・丹心・赤誠・真心 >
        ・ 人を信じて、疑わない。
        ・ 真心を、さらけだす。

                走りながら、(笑)、失礼いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました