5-25 了以翁   400年     その3

     角倉  了以翁   400年忌
   追善( ついぜん )法要  5月13日から31日まで
   
   午後 2時より   般若心経 3巻  読誦
               焼香  回向( えこう )
               法話( 簡単 )
               茶菓( 質素 )

               30分 後 御自由
       

        13日(月)   3人
        14日(火)   2人
        15日(水)   5人
        16日(木)   5人  (従姉上  名古屋)
        17日(金)  12人  (朝日カルチャア 名古屋)
        18日(土)   2人  (法話会の信士・信女様)
        19日(日)   2人+アルファ  (東京)
        20日(月)   6人
        21日(火)   2人  (伏見 亀長 弁天宗)( 理英大姉 )
        22日(水)   3人  (嵯峨嵐山の方  ・  一般  )
        23日(木)   2人  (従姉上  長崎 ・従兄上の奥様  滋賀)
        24日(金)  15人  (歴史散歩の会 ・ 同級生学生時代 母娘)
        25
        26
        27
        28
        29
        30
        31日(金)

            まことに、 ありがとうございます。
       400年後も、皆様に、尊敬・慕われて翁も、幸せの事と存じます。

        ・ 般若心経の読誦・・・( 自分 )を離れる事。
                       ( 自分 )を忘れる事。
                       ( 自分 )を捨てる事。
                       ( 自分 )を捧げる事。

                       ・ < 徳 >を積む。
                       ・ < 善 >を積む。
                       ・ < 道 >を歩む。

         ・  ゴミ拾い
         ・  草とり
         ・  こまっている人を  手伝う
         ・  物を いかす
         ・  やさしく  せつする
         ・  笑顔   
         ・  思いやりある   言葉
         ・  あたたかな   まなざし
         ・  物事を  理解する  許す事
         ・  許されている( 自分 )の< 自覚と感謝 >
         ・  同時 同行  ( 介護 看護 治療  )
         ・・・・・・・・・・・・

              為すべき事、多い。 
         (  でも、 ない )の心境も大切です。
         時々、<  読経・写経・坐禅・諸修業・・・>も 大切です。

             いい意味で、
          ( 自分 )を捧げる事は、いつでも・どこにいても、できます・
   まづは、( 自分 )を空にして、( 素直 )に( 正しく  受ける事 )からです。
            ・  空気から   (  呼吸のこと )( 大笑 )
            ・  食物
            ・  ことば
            ・  光  そして  風    (  むずかしい )
            ・・・・・・・・・・・・
      
       それと、 < となりの人 >を愛する事。( イエスさまも 御言葉あり )
             < とおくの人 >でなく。( 笑 ) 
              むずかしい。  ひと工夫です。  小生も。 ( 大笑 )

            「  追善  」の事を語るつもりが、、、、、、、すみません。

     ご報告 と 駄弁です            残月       合掌

        <  今日が   しあわせで  ございますように   >
        <  苦しみ  悲しみ  が 少しでも  なくなりますよう >
        <  清き光が  満ち溢れ ますように  >
        <  まちがい  てちがい を  あまりしませんように  >
        <  粗末にすることなく、 活かされ 活かせますように  >
        <  赤心よ  >
        <  正しく受けるように  >

        <  御病気の( なかま )の   御回復を   >
        <  御ケガの( なかま )の   御回復を  >

                             失礼いたします。

              

  

               

コメント

タイトルとURLをコピーしました