5-14 世界の( なかま )たち  < 1 >

      新聞・テレビでしか、小生、知る事ができませんが、
   なんと、世界中、いたるところで、( 苦しく・悲しい )事がとても多く、
   発生しています。  悲惨な事が多いです。
     日本中でも、数多い事と存じます。
   世界の( なかま )も、日本の( なかま )も、
 ( 苦しみ・悲しみ )そして、暗中模索( あんちゅう もさく )
  試行錯誤( しこう さくご )している
 方々が、実に多いです。

   「   日本  」(  京都  )

     以前、御話した友人( なかま )の事です。
   20年ほど、家にひきこもっている若い友です。

   この春、病院の< 精神科 >へ、時々同行しました。
 なんと、多くの方々が、通院されている事でしょうか。
   若者・中年・老年・男性・女性そして、イスに横になり寝ている人、
 うつぶしているひと、 老人の親と御一緒の中年の子ども、
 奇妙な格好で話つづけている人、、、、、、、、、、、、。

    
     友人の彼は、このように言っています。
  「  < ふつう >になんか、なりたくない。
     わたしは、< まとも >になりたいのです。 」

  「  < ふつう >という価値観に
     私は、苦しめられてきました。  」

  「  なるほど  なるほど 、そのとうり。  
     < まとも >に、なろう、いっしょに。  」
 
  (  こころ  )
  (  ことば  )
  (  おこない )
  (  このよ  ) 
  が、バラバラになって、( 苦しみ・ 悲しみ )から
  出れなくなっているような気がしています。
    脱出できます。( 笑 )
 < 人生は、忙しい。  でも、 天と地の間(あいだ)で、遊んでるだけ。 >
 の、< 心境・世界観 >が大切です。    
    ・  閑坐  数息  正心、、、、、、、、、、、、、。

    

      「   世界   」 (  インド  )

   悲惨な事件でした。
  白昼の、集団暴行です。
  ケガが、ひどくて、13日後に、亡くなったそうです。( 弟さん曰く )
  
  「  私は、死ねない。
     私が、死んだら、家族の生活は、なんら変わらない  」
  と言いながら。
   、、、、、、、、、、、
  なんと、いう事か。
   、、、、、、、、、、。   どうしたら、よいのだろうか。

   < 閑 >なんて、いえない。
   ,、、、、、、、、、、   、、、、、、、、、、、、。

       ・  この5月  乙女椿が  ほそってる
            水と光と   あつき心を                

     駄弁です、( なかま )よ 。
                          残月   合掌

   <  よき1日  しあわせな一日で  ございますよう  >
   <  清き光が  満ち溢れますように   >

   <  苦しさ・悲しさが   すこしでも  無くなりますように  >
   <  まちがい・ あやまちを  あまり しないように  >
   <  人としての、( つとめ )を  はたせますように  >
   <  あらゆる存在が  粗末に  されませんように  >
   <  世界中の子どもたちが  大切にされますように  >
   < ( 自分 )が、不平・不満・不服より、工夫を、  >

   < 御病気の  お早い  御回復を  >
   < 御ケガの  お早い  御回復を  >

                         失礼いたします。
   
  

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました