4-30 なかま < 5 >   大阪にて、感じる・

    駅の構内のみの、見聞ですが、
 ( なんと、すごい世界だなー )と、痛感いたしました。
 自然中心の生活から見ると、まさに、( 人間の< 知恵と技術 >の
 < かたまり >だなー、10万年の人類の営為の、
 < 精華 ・成果 >なのだろうなー )と感じました。
  
   京都の世界で、嵐山 大悲閣が、< ピンポン玉 >くらい、(笑)
  としましたら、大阪をふくめた世界から見れば、< 針の穴 >くらいか?
  いや、見えないぞ(笑)、などと、反省させられました。

   たくさんの方々・皆さんが、行き交っています。
 (  花の世の   花のようなる  人ばかり  )  ( どなたの句 ? )

     18歳くらいのとき、はじめて、首都東京を歩きました。
   見知らぬ土地・知らない人ばかり、
   地下街の通路で、いいようもない、< 孤独 >< 不安 >を
   感じました。
     ふと、思いました。
  < 自分は、自分の事ばかり、考えて歩いているから、よくないのだ。 >
   そして、胸のポケットの中に、1000円札を折りたたんで、いれました。
  <  こまっている人が、いたら、コレを渡そう  >
   不思議なことに、このように心をきめたら、とても気分が楽になりました。
  その瞬間が、 30年以上たつのに、鮮明に頭の中に、浮かんできます。

     駄弁に、なっています。   すみません。

     いい五島人会でした。
   高校の先輩、それも1番の出世頭の御夫婦に、よくしていただきました。
   ありがとうございました。  同じテーブルの方々が中心になりがち(宿命)
   でしたが、色々な故郷の先輩方とお話しでき、有意義な時間をもつことが
   できました。  ほとんどの方々が、小生よりも年長でした。
     物産の品々もあり、うれしく存じました。

      五島のため、
      長崎のため、
      九州のため、
      京都のため、
      日本のため、
      東洋のため、
      世界のため、
      宇宙のため、
          すこしでも、お役にたてるように、なりたいもので
          ございます。

         
          駄弁と覚悟       残月      合掌

      < この世に、  病院・刑務所 の必要が   無くなりますように >

コメント

タイトルとURLをコピーしました