4-28 角倉 了以 翁・・400年忌にむけて

    角倉 了以 ( すみのくら  りょうい )翁の
お亡くなりになられて、399年目・400年忌が、間近にせまって、
まいりました。   日ごろの怠慢のせいか、まだまだ、なすべき
基本的な事が多く残っていて、気が抜けません。 ( 笑 )

   ・ 三柴 元 大居士
   ・ 五十鈴 大姉
   ・ 節子 大姉

      上記の御三人の< 御いのち >
                < 御こころ >
                < 御たま >( みたま )
      まさに有難き、< 結びつき >でございます。
      なんという、< おめぐみ >でしょうか。
      御三人なくして、< 事 >は進みませんでした。
        神さま・仏さま・おおくの方々・あらゆる存在に、
      心より、感謝申し上げます。

      「 本当か?  証( あかし )をみせよ  」
      「  小生の< 命 >< 心 >< 魂 >を、
              捧げます。・・・・・・・
              ・・・・・・・・・・・・・・・    」( 笑 )( 笑えない )

    ・ 嵯峨 二尊院 42世 大僧正
    ・ 了以翁  15代 御子孫  吉田様
    ・ 角倉 御子孫         光彦様

        昨日も、貴重な御時間をいただき、
      5月12日の法要催しについて、相談・打ち合わせ
      させていただきました。
        本当に、ありがとうございます。
       御年長のみなさま方に、
     無礼な若僧が助けていただいて、おります。
        心より、感謝申し上げます。

       6人のお方と、時々、話題になりましたし、
      今でも、折にふれ、語りあう事がございます。

      「  50年後、450年忌は、
        この世には、誰も 居ないな ( 笑 ) 」

      「  きっと、だれかが、
        やってくれますよ。  必ず。 」
 
       「  私たちの時代に、できることを、
        きちんと、していこうでは  ございませんか 」

       「  100年後が、楽しみだ。 」 ( 元翁  道元居士)

         愚僧に対して
       「  客殿改修・境内整備・法要・・
         次は、本堂( 観音堂 )だぞ、
         終わりでないぞ、始まりだぞ。 」( 元翁 )
       「 はい 」 ( 笑えない )

    中間報告 と 感謝をこめて        残月    合掌

 <  あなた様が  よき  御一日( おんいちにち )でございますよう  >
 <  清き光が  みちあふれ  ますように   >  
          
         

    

コメント

タイトルとURLをコピーしました