4-22 我について  ( 11 )

     嵐山・渡月橋は、新緑をもとめて、人がいっぱいです。
  でも、風がとても強くて、まだまだ、寒い日々です。
   福島の知人から、桜が満開とのお便りがございました。
  ありがとうございました。

   < 東日本大震災 >そして一連の事故に対して、
  小生・愚僧は、なにもできていない。 はずかしい思いです。

    ただ、日々心がけている事は、
   「 ( 生きている )という、思い込み・おごり を
                   少なくして、謙虚に
     (  なくなった人 )と、共に、生きて行く、という気持ちです。
                   また、その実践です。

      見る時・聞く時・話す時・食べる時・歩く時・寝る時、
    (  なくなった人と共に  )という気持ちです。
      どういう事だろうか?
    わからない。
    あまり、自分勝手にしない。
    我利・ガリにならない。
    共に、歩く・食べる・泣く・笑う・楽しむ・考える。
    できるのか?
    できる。  
      謙虚に、おごらず、素直に、ともに・いっしょに生きる思い。
     仲間は、生きている人ばかりでは、ない。 という事。   」

   
    「  1000年に1度の、災害に出会い、< 命 >をなくされた方々、
     御無念のことと存じます。  御冥福を心から御祈り申し上げます。
        また、
       < 生まれ変わって来て、人生を全うしていただきたい。 >
       切に、神仏・あらゆる尊きものに、
       全身全霊で、愚僧は、御祈り申します。
       ( 小生も、人生を全うするよう、心を尽くします・命を尽くします )
       ( ぜひ、・・・・・・・        )

          (  あなた様  )
          (  みたま )
          (  御いのち )
          (  御こころ )
          (  おん・たましい )

              衷心から お祈り申し上げます。      」

       日々の反省 と < お祈り >。      残月    合掌

コメント

タイトルとURLをコピーしました