4-9 我について  ( 3 )

     かわいい< 我 >と、表現いたしましたら、
  「 ちいっとも、可愛くない 」と、叱られました。 ( 笑 )

      私たちは、< 我 >をもてあます事も、あります。
  < 我 >は、自分だけが、作ったわけではございません。

      親・兄弟・姉妹・祖父母・曾祖父母・・・・・・御先祖・
    親戚・親類・血族・・・・・・・一族・・・・共同体
    地域・村落・町・市・都市・国・・・・・・・・・
    東洋・西洋・・・・・・・・・・・・・・・・南洋・・・
    熱帯・温帯・寒帯・・・・・砂漠・・・
    大陸・島・半島・・・・・・・・・
       宇宙・
    銀河系・太陽系・
    地球・月・星

        私たち人間の歴史・つまり
    過去の生活・行動は、いいことばかりでは、ありませんね。
    < 我 >のぶつかり会いであり、
    弱い動物は、強い動物に、殺され、食べられる世界、
    弱い人間を、強い人間が、支配し、隷属させる世界です。
      現代・現在・今も、続いていますね。・・・

       でも、< 我 >と< 我 >が、対立してしまう、
    まさに、< 我 >をもつ人間の宿命を、どのように、
    乗り越えて行くか、私たちの課題・宿題・仕事です。

       過去2500年を、ふりかえっても、
    素晴らしい事と  悲惨で苦しい事が、 半々ですか?
    悲惨・残酷・ひどい事柄が、多いかもしれませんね。

       先人の皆さま方の、奮闘努力の賜物で、
    少しずつ、少しずつ、ありがたい事に、よくなってます。
       私たちも、< 草をぬき、掃除する >
             < 木をうえ、花を育てる >
             < 嫌いな人と、仲良くする >(笑)
             < いやだけど、やるべき事をする >(笑)
             < 道のゴミ、2回見たら、拾う >(私)(笑)など、
    小さい事から、「 人間の仕事 」に、参加 たいもので、
    ございます。

       とにかく、先人に感謝しなくては。
    今、昔の戦国時代だとすれば、私たちの、< 我 >は、
    どのように、しているのでしょうか?  おそろしい・恐怖。(笑)

       我利我利亡者( がりがり もうじゃ )の地獄だけは、
    さけなければ、なりませんね。  これからも。

         駄弁です。       残月     合掌

        

コメント

タイトルとURLをコピーしました