4-6 心をもやす   ( 15 )

   < さくら >のお知らせ・・
           今日・明日の 「 春の嵐 」で、
         山寺の「 さくら花 」は、舞いさってしまいそうです。
           北の< さくら >は、これからなのですね。
              楽しみのことと存じます。

          ・ 今春、「 写真によるお知らせ 」とも、
           お話いたしましたがが、やはり、できませんでした。( 笑 )
      すみません。  駄歌・駄句が、少しだけというありさまでした。( 反省 )

        ・ 来春、よりよい桜・よりよい世の中・よりよい皆さま・
                よりよい<あなた>・よりよい<わたし>で、
                  ありますように
                  ございますように。

      
        ・   神よ  仏よ
           <  ある 偉大なる 何か > よ
           あらゆる  物・人・事・存在・・・・を、
           お守り・お導きくださいませ。

              来春、
            よりよい桜
            よりよい世の中
            よりよい皆さま
            よりよい<あなた>
            よりよい<わたし>
              でありますように。

              来春、
            少しでも、苦しみ・悲しみが、
            この世から、無くなっていますように。

            苦しくとも、
            悲しくとも、
            あせらないで、
            よく見る・よく聞いてくださいね。

               人間・個人の一生、
              長くても
            100年、36500日、
            宇宙から観たら、
            < 一瞬 >といいます。

               あせらない事
            楽・利・得・快・榮・安・名・・・に対して。

            
               あせりそうに、なったら、

              < ある偉大なる 何か >
                に、つつまれながら、
              「  閑坐  閑臥  閑歩  」
              「   数息   」
              「   正心   」・・・・・

                <わたし>も、いっしょですから。

    駄弁です、よりよさをもとめて、
             心もやして。      残月    大合掌
            
            

コメント

タイトルとURLをコピーしました