3-21 心を もやす ( 1 )  運はよくなるのか?

    ある古人が言いました。

   < 運 >というものは、空( そら )を飛んでいるようなものである。
 < 善い運 >・< 悪い運 >ともに、飛んでいる。 そして、( 人 )につく。

   どこに、付着するのだろうか?
 ( その人 )の、< 業(ごう) >につく。

   < 業 >とは、何か?
 ( その人 )の、< 行為(こうい) >である。
 今までに、行った、( いい事 )( わるい事 )の
 集積( 集まり積まれたもの )をいう。

  そして、< 運 >は
  ( その人 )の< 業 >に、応じて、つく。

     ・ なるほど、でも、本当だろうか?
     ・ 善と悪   とは、どういう事なのか?
     ・ < 行為 >させるものは、何か?
     ・ < 価値 >への< 欲望 >なのか?
     ・ < 心を  もやす >とは?

       その前に 1  心を つかむ
              2  心を あらう
              3  心を みがく

          ころころと  うごく心は  つかめるや
                あらい みがくは  なんのことやら

    駄弁です、強く生きるために。     残月     合掌

コメント