3-6 宿命に勝つ  ( 2 )

           啓蟄(けいちつ)や   御天道(おてんどう)さまの
             言う通り  道に町にも  あふるる命
                      ( 北の方々、すみません )

   昨日のつづきです。  
 < 気合 >< 念力 >で、すぐに< 宿命 >が変化したらいいですね。(笑)
  
 1番目として  <気合><念力><覚悟><ねがい><ちかい>。
           <宿命>にたいして、あきらめない< 心 >が大切。
           <運命>をよくしたい・改善したい< 心 >が大切。

 2番目として  12月22日のブログのような、
           000000としての< 自分 >をよく見ること。
           00県生まれ・00年・00月・00日
           父は000・母は000・兄弟姉妹00人
           < 変えられない事です >
          < 心静かに、受け入れたい >
           いい事ばかりではない、
          つらく・悲しい事も多いのが、人間ですね。
          でも、負けない・くじけない。
           くさらない。

           20年ほど前に、お会いした方がいます。
           24時間、介護を用する同じ年の女性です。
           とても、たくましく生きていました。
           彼女の友人から、伝え聞いた事ですが、
      < これが、最後の( 生 )である >と言っているという。
     私は、< ガッ・がっ >と、頭をなぐられた、きがしました。なぜ?
      この御言葉をうみだす考え・思想・哲学・宗教について、
      明日は、ごいっしょに思い巡らしたく存じます。

     駄弁です、強く生きるために。     残月    合掌
       

        

コメント

タイトルとURLをコピーしました