3-2 己を尽くす ( おのれ を つくす )  

    嵐山にて・・   春の雨  ざあざあ降りの  ほん降りや
               大地にしみて  虫も ピクピク

  
   尽己 ( じんこ )  ( おのれ を つくす )

 自分の( ちから )を 出し切ること。
 自分の( こころ )を 使い切ること。
 自分の( おもい )を 込め切ること。

 何かの< ため >では ない。

 何かの< ため >なんかで、あるものか。

 この ( 手 )を つかい 尽くす。
 この ( 足 )を つかい 尽くす。
 この ( 目玉 )を つかい 尽くす。
 この ( お口 )を つかい 尽くす。

 この ( ちから )を つかい 尽くす。
 この ( こころ )を つかい 尽くす。
 この ( おもい )を つかい 尽くす。

 疲れた、
 病んでしまった、
 ケガしてしまった、

 休もう、
 < 楽しい 休息 >・< 楽しい 睡眠 >。

 ・ 詩のように なってしまいました(恥)・(笑)。

   駄弁です        残月       合掌 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました