2013-03

未分類

3-31 心をもやす   ( 11 )

   大悲閣の さくら・・・・  咲く花や  待っておくれと  そばの木の                      かたき蕾の   やわらか 急ぐ              ( 月待台 )の上、山桜が まだ開花していません。   <  (...
未分類

3-30 心をもやす  ( 10 )

   < 心を もやす > ためには、  私たちは、すこし< 心が かたい >ような気がします。   < 心が かたい >とは? ( やわらかく ) なりたい  ものでございますが。  「  人間の 目的  」を、  < 心の やわらかさ ...
未分類

3-29 心をもやす   ( 9 )

  大悲閣の さくら・・・・金髪の  美女の微笑(びしょう)に                      頬(ほほ)そめる                        谷間の枝垂れ                           風に...
未分類

3-28 心をもやす  ( 8 )

      < 心をもやす >と< 運 >がよくなる。      < もやす >とは、< いま・ここ >に生きる。      < 過去 >に、しばられない。      < 未来 >に、しばられない。      < 他者 >に、しばられない。...
未分類

3-27  心をもやす  ( 7 )

    個人的な事柄です  昭和57年の3月27日に、 嵐山 大悲閣 千光寺に、はじめて来ました。  もう、30年も前になります。  今年で、31年目になります。  学生時代の< 受付のアルバイト >でした。  その当時は、  秋・紅葉と ...
未分類

3-26 心をもやす  ( 6 )

   関西の京都ですが、何故、こんなに寒いのでしょうか   南の方々は、暖かいでしょうか?   北の皆さま方は、まだまだ、お寒いでしょうか?   中国の北部、ましては、ロシア・シベリア  「 さむいだろうなー 」 あたたかな暖炉があるでしょ...
未分類

3-25 心をもやす  ( 5 )

   1 心をつかむ ・・・・空の色  青か白かと  定まれど                   わが心には   色はあるらん   2 心をあらう ・・・・ 風呂の中   一日の汗  流さんと                   水をおが...
未分類

3-24 心をもやす  ( 4 )

    嵐山の桜・・・・・・・橋の上  多くの人が   歩けども                  蕾はかたし  山さくら花    ( つらい・いや・きらい )な事を、  すすんで、できれば、< 新しい道 >が、発見されるかもしれません。 ...
未分類

3-23 心をもやす  ( 3 )

  いい コメントがございました。 「  今  あなたが  苦労しているのは、 御先祖のなした事に     対する報(むく)いである。  罪(つみ)を消すために、     祈祷しますので、00000円必要です     」   と、いうことが...
未分類

3-22 心をもやす  ( 2 )

   嵐山 大悲閣の < さくら >・・・つぼみ  です                風が つよくて  とても  寒いです               1本の 白梅が  ぱらぱらと  咲いてます              参道の整備を  ...
未分類

3-21 心を もやす ( 1 )  運はよくなるのか?

    ある古人が言いました。   < 運 >というものは、空( そら )を飛んでいるようなものである。 < 善い運 >・< 悪い運 >ともに、飛んでいる。 そして、( 人 )につく。   どこに、付着するのだろうか? ( その人 )の、<...
未分類

3-20 御彼岸(春分の日)

     昨日・3?19・宿命に勝つ ( 15 )でした。 間違いました。     ( 16 )と書いてしまいました。  申し訳ございません。     < 宿命に勝つ >は、昨日で終え、     < 心を もやす >を、始めるつもりでした。...
未分類

3-19 宿命に勝つ  ( 16 )

     ・ よもすがら   死者の名を染む    彼岸かな                            < 水塔婆 >     ・ 春分を   祝う心の   尊さよ          ほとけ心や               はや...
未分類

3-18 宿命に勝つ  ( 14 )

    毎月 18日は、観音様の御縁日です。  嵐山の千光寺は、山の上の観音堂なので、「 大悲閣 」と呼ばれます。  京都の東の「大悲閣」は、どなたも御存じの< 清水寺 きよみずでら >  京都の西の「大悲閣」は、あなた様だけ御存知の< 千...
未分類

3-17 宿命に勝つ   (13)

    アンパンマンのマーチ     ( やなせ たかし )   そうだ うれしいだ    いきるよろこび   たとえ むねのきずが  いたんでも   < なんのために  うまれて     なにをして  いきるのか     こたえられないな...
未分類

3-16 宿命に勝つ  (12)

      ・< 心の成長 >       < 心の完成 >        とは何か?      ・< 体の成長 >       < 体の完成 >        とは何か?      ・< 社会の成長 >       < 社会の完成 >  ...
未分類

3-15 宿命に勝つ   (11)

   向上心( こうじょう  しん )       ・ 成長したいという気持ち       ・ 少しでも 立派になって いきたいという思い       ・ 皆さんの お役にも 立てたら うれしい       ・ 自分だけの  欲望に  あん...
未分類

3-14 宿命に勝つ  (10)

      1  <思い込み>   自分は死ぬと  < 決め込む >で            ひと日ひと日を    味合い尽くす      2   自己を捨て   他者と一つに   成りてこそ             この世の春は    ま...
未分類

3-13 宿命に勝つ  (9)

    大悲閣道 ( だいひかく  みち  ) ・ 渡月橋( とげつ ばし )から、嵐山 大悲閣 (観音堂)まで、   川辺の、すがすがしい道、約1000mと、   < 花の山  二町のぼれば  大悲閣  (芭蕉) >の   御句のように、...
未分類

3-12 宿命に勝つ (8)

     嵐山・・・     白梅の  一輪咲きて  春なのか                  野鳥と遊ぶ   冬の山カラス 昨日、渡月橋の北の< 亀山 >と南の< 嵐山 >に登りました。< 嵐山 >の大悲閣と、< 亀山 >の公園に、角倉...
未分類

3-11 宿命に勝つ (7)・ 川を開くこと

   角倉 了以 ( すみのくら  りょうい )が、  江戸初期に、大きい工事をして、つまり、  川の中にある、大きな石・岩を、取り除いた。   何のために。  船を、通行させるために。   何故?  物 ( 生活のため物 )を、必要な人の...
未分類

3-10 宿命に勝つ    (6)

  ポカポカ陽気・・・・・・迎春や  車道をかける   子猫たち                  危機あふるるも   楽しきこの世  (笑)      もし、絶対に、変えられない< 宿命 >があるならば、  抵抗せずに(笑)に、受け入れな...
未分類

3-9 宿命に勝つ  (5)

    ( 自分 )中心にならなければ、    < 宿命 >には、負けないと思う。    ( 自分 )中心にならなければ、    < 運命 >は、改善されると思う。    ( 自分 )中心とは、どういう事だろう。    ( 自分 )の利得ば...
未分類

3-8 宿命に勝つ  (4)

         ゴーン・ゴン  谷間に響く  梵音(ぼんのん)や        鐘か撞木(しゅもく)か  仏(ほとけ)か我(われ)か                       ( ・H 24・11・22 参考 )     < 思い込み ...
未分類

3-7 宿命に勝つ  ( 3 )

  春の山・・・・・・   よく見れば  丸いつぼみが  あちこちに               嵐の山は   椿(つばき)も ござる       < 宿命 >とは、いったい何なのだろか?    < さだめ >(定め)なのか?    変化す...
未分類

3-6 宿命に勝つ  ( 2 )

           啓蟄(けいちつ)や   御天道(おてんどう)さまの             言う通り  道に町にも  あふるる命                      ( 北の方々、すみません )   昨日のつづきです。   < ...
未分類

3-5 宿命に勝つ

   ある知人の事です。( 40歳・男性 ) 2月8日・9日に、お話させてもらいました。 精神的に苦悩していて、病院からの薬を飲んでいて、 どうにか、落ち着いているようです。   でも、副作用もあり、頭痛と無気力感、不眠と 倦怠感、何一つ、...
未分類

3-4 第4回  法話 (法坐)

     昨日の大悲閣・・・     気温五度  手足冷たし  春いずこ                       四人で読経  四人で閑坐    第一回   11月5日  懺悔(ざんげ)・感謝・祈りが なければ、            ...
未分類

3-3 思い込み( おもいこみ ) と 御念仏

  今日の嵐山・・・     紅葉や   あなたは どちら   どこですか                   わたしは  ここよ   桜です  (笑)   < 2月22日の時に、お話できなかったので、今日いたします。 >         ...
未分類

3-2 己を尽くす ( おのれ を つくす )  

    嵐山にて・・   春の雨  ざあざあ降りの  ほん降りや               大地にしみて  虫も ピクピク     尽己 ( じんこ )  ( おのれ を つくす ) 自分の( ちから )を 出し切ること。 自分の( ここ...