2-28 世のため  人のため  観音さまのため

   嵐山 大悲閣からの 眺望を、
< 絶景 >にもどしてくださったのは、
長い間、社会を放浪していた方でした。
 
  家族に、苦しみ、
  仕事に、苦しみ、
  他人に、苦しみ、
  金銭に、苦しみ、
  物事に、苦しみ、
  病気に、苦しみ、
  けがに、苦しみ、
  自分に、苦しみ、
  
  世間に、追われ、
  浮世に、流され、
  
  山寺に、来ました。
  10年以上前です。

  そして、おっしゃいました
  何か、自分のできる事で、
  < 世のため 人のため >に、  ( 私は 久しぶり聞きました)
  尽くしたい。
  捧げたい。
  < つくしたい  ささげたい >と。
  
  <自分だけのため   「金銭」 だけのために 生きたくない>と。

 < 金銭とは 尊い( 労働 )の 「結晶」 >
 < 金銭とは 「善意」 のかたまり  >という、原点に立ち、
 その御方と、関係を築き、二人で < 命 >をかけた仕事をしました。

        駄弁です       残月       合掌

  

コメント

タイトルとURLをコピーしました