2-27 涅槃会 <11>  阿難尊者 2

     この事柄は、大切でございますので、
   < 涅槃・ねはん・ニルバーナ・寂滅・大安心・大満足 >を
   続けせて頂きたく存じます。

     阿難さんは、釈尊に、おつかえしていました。
   おそらく、毎日、御生活を共になさられた事でしょう。
   そして、直接、おしえていただけた環境にあり、( 多聞第一 )
   ( たもんだいいち )でございました。

     しかし、おもしろい事に、
   釈尊の御側で、一番近くの弟子でございます阿難さんが、
   一番おそく、 < 涅槃・・・大安心 >になられた、という事です。
   この世界に、早い・遅いは無いのですが、
   興味深いことと存知ます。

     どこが、面白く・興味ぶかく感じられるでしょうか?
   「 先生・師匠の 御側に い すぎる事 」
   「 親・先輩・指導者に  たより すぎる事 」
     教えていただくことは、重要な事ですが、
   依存し、たより・あまえては、よくないという事を
   教え示してくれているように感じるからでございます。

   
     あまえ・たよりすぎて いないだろうか?
    だから、イライラしたり・怒ったり・悲しんだり・・・しすぎるので
    はなかろうか?   共に、反省・注意したいものです。

    古人いわくーーー無依 真人 ( むい の しんじん・しんにん )
      ( あらゆることに、依存しない人こそ、 真の 安心・自由人だ )
       
          ・ お詫び  昨日の分   1?24・25   です

      駄弁です         残月     合掌
   

コメント

タイトルとURLをコピーしました