2-14  春の気配 と 小さな祈り

  桜の木々を、眺めると、春の気配がいたします。

 できの悪い生徒である愚僧の、パソコンの先生・ブルース兄様に相談いたしました。
「  ホームぺ―ジに、この春、桜の写真とか、のせれないでしょうか?  」
「  できますよ  」(兄)   「  この物覚えが悪い私が、ですよ・・・・  」
   ありがたい事に、御時間をいただき御教授いただけそうです。
  皆さま方、どうか、御期待くださいませ。(笑)( できるかな? )

   < 46億年の地球の歴史・10万年の人類の営み・5000年の人間の成果 >
と、特に、ここ30年間の科学技術の発達により、このような精神の交流ができるようになってまいりました。  まことに、ありがたい事でございます。   全ての存在が( 安らぎながら交流し、共に成長したい )ものでございます。

  ( 小さな祈り )
   全ての存在< 森羅万象(有形のもの)・無形の何かのもの >が、安らぐことができますように。     そして、小さな自分の立場において、このことを、実践実行していくことができますように、 どうか、お守りくださいませ。

   明日・2月15日は、
  仏教の教祖であられる、釈尊( インド・ネパールの釈迦族の尊者 )の
  御命日です。 涅槃会( ねはん え )が、大寺院では厳修(げんしゅう)されます。
   仏教系の幼稚園では、涅槃図といはれる大きな絵を、子供たちに見てもらいます。
  皆様方も、御存じのことでしょう。  沢山のお弟子様がたに囲まれ、また、人間界以外の  存在にも見守られ、そして、あらゆる生物・みみず・むかで・昆虫・・・・・動物たちが、
  集まり嘆いて、別れを悲しんでいます。  生母のマヤ夫人が天上界から、御薬を持って
  飛来してきます。・・・・・・・・なんという・・・・・・・。
                                  つづきます

        お祈り                 残月         合掌

コメント

タイトルとURLをコピーしました