2-3 法話の会(第三回)

  第一回  11月5日  懺悔(ざんげ)・感謝・祈りなくしては、空(くう)になれない
  第二回  12月2日  閑坐(かんざ)ゆっくりと坐って、全てから離れ、しばし忘れる
  第三回   2月3日

      客殿大改修工事( 三柴 元翁による大御寄進が中心です )
     無事、竣工後からの、回数です。
      これからの、法話は、
      100年後を考えての<大改修・大寄進・大和合>だったので、
      100年後を考えての<大法話>したいと存じます。(笑)

    ・毎月第一日曜日、午後1時から約1時間です。
    ・読経・坐禅・法話です(簡単な)その後、茶菓進呈<清談>、3時には終わります
    ・無料です。

    ・アーカイブで以前の会日のブログをみますと、今回の(移動)による乱れがあります
     申し訳ございません。  どうぞ、御不明ございましたら御質問くださいませ。
  
    ・  難しい事です。 すべて困難ばかりです。 この会も。
      でも、今までをきちんと反省しつつ、よりよい理想に向かって、1歩1歩、丁寧に進       みたく存知ます。  どうぞ、よろしく御願申し上げます。

    ・  100年後を、考えてながらの、<閑坐><閑臥>。
    ・  1000年後を、考えながら、、、、
    ・  100年前を、考えながら、、、、、
    ・  1000年前を、考えながら、、、、、
    ・  永遠・無限を、考えながら、、、、、、

    ・  <寺院>にいる時は、しばし<出家>ととらえると、いいかもしれません。
       < 家 >は、まさに、(善・悪)の根源でもございます。
       しばし御<出家>を。

     長くなりました、駄弁です          残月        合掌

コメント

タイトルとURLをコピーしました