1-21 質問箱 (  1?5 御正月<三>の中から  )

  ( 枕もとに、新聞紙をしいた、洗面器が置いてありました。 からっぽです。 私は、静かに別れを告げ   ました。)ーーー状況がよくわかりません、洗面器、からっぽ、なぜ?

   台所の流しに、<洗い物>はなく、きれいに片づけられていました。 お風呂場の<洗濯物>もございませんでした。  当然ながら、ゴミ箱も空っぽです。 なんという、すばらしい、<始末のよさ>と感動を覚えました。 見習わなければならないと。 しかし、愚僧、なかなかできていません。(笑)(反省)  
     < おばさん・おゆるしを・・・・、どうかお導きくださいませ。>

気分が悪い時、一般的に洗面器を用意します、また飛び散らないように新聞紙をしきます。その夕刻、先代御夫人は、相当、御気分がすぐれなかったはずです。  それなのに、冷静に、心も乱されず、なすべき事を、なしていらっしゃられる、と、感銘したのでした。  そういえば、振り返って見ますれば、御部屋は整理整頓されていました。
  < あなたの、世話にならないから・・・・・>と常常におっしゃられてましたが、まさか、このような事になりますとは。  前夜からつけ始めた(看病日誌)は、一日だけです。  その日、読んでいた書物の裏に< おばさんが、いままでで、一番気分が悪いといいっている>記入してました(10年後くらいに発見)。

 ・冷蔵庫の中に、あるものが残っていました。 いったい、何でしょうか? 当然、食べ物です。
  数日前に、(おばさん)がどうしても、食べたいとおっしゃられたので、手に入れた品です。

      感謝をこめて、皆さまのために、あえて。              残月     合掌

コメント

タイトルとURLをコピーしました