12-8 成道会(じょうどう え)

  今日の朝は、風がありません。  雨・強風だととても辛い事です。 全国の、全世界の、<雲水>さん方の、微笑みが、目に浮かんできます。    一週間の苦修の終わりです。  (万歳・バンザイ・ばんざい)の御気持ちのことでしょう。  境内のたき火を囲み、感無量・言葉はない・ただ、目の前の火にあたり、火を見つめている事でしょう。     < 各寺院、成道会(おさとりを、祝福する法要)を厳修する。 > 
   
  ( 自分を捨てる)練習とも申せましょう。  自分の(思い・感情・決め込み・思いこみ・快不快・・・・・)から、離れる訓練ともいえます。   なぜ、苦しい事なのでしょう。  心理的にも、肉体的にも。
(自分を捨てて、自分を活かす)という、人間の根源的・普遍的な<よろこび>の獲得に、すぎないという事なのに・・・・・・・・・・・  ・・・・・・・・・・・・・・・。  
    私たちの持っている・<我><自分>のおそるべき強さよ。    ある意味では、尊ぶべき・偉大なる<我><自分>であると、いう事の証明なのかもしれない。   人が、お互いに、人と人として、尊敬しあい・助け合い・支えあう(美しい事柄)は、   お互いに<我>を消しあっているからかも、しれません。

        尊ぶべき・偉大なる<我><自分>を、捨てて・離れると、
     さらに、より尊ぶべき・偉大なる  <無我><大我>に出会え、<歓喜>にいたると、
    気づきかれた12月8日でございます。 2500年以上前、遠くインド地にて。
        シャカ族のゴータマ・シッダルタという青年。
        苦しむ悩む人間に、真の<やすらぎ><すくい><よろこび>を示し
        人類の星の一つとなる。
おしゃかさま  駄弁です   おゆるしくださいませ                   残月      合掌

コメント

タイトルとURLをコピーしました