2012-12

未分類

12-31 冬の風光    12

   日本も世界も、暗いお話が多い。 いえ明るい話題も多いですね。(笑)少しでも、世の中を<明るく>するように、< 目の動き・顔の動き・手足の動き・心の動き・言葉の動き・金銭の動き・物の動き・隣人に対する動き・遠方の人に対する動き・・・・・...
未分類

12-30 言葉から?   その6 <私は、あなたを愛する>

   その1   < 旅人は、死なない >   その2   < 私は、死なない >   その3   < 私は、私を愛する >   その4   < 私は、私を愛せない >   その5   < 私は、私を愛したい >    人生って、たいへんだ...
未分類

12-29 (土)  冬の風光   11

  年末です。 29・30・31の残り3日間で、個人的な事ですが、用事を済まさなければならない。いつも、毎年ギリギリまで、かかってしまい反省ばかりと、なりがちです。  この一年で、御世話になった方々へ、来年の干支の色紙とか禅宗の墨跡(ぼくせ...
未分類

12-28 言葉から ? その5 < 私は、私を愛したい >

   数年前、<ひしょ>の団体がお参りなさるとかで、簡単な(法話)を頼まれました。  最初、電話からの依頼だったので、(いいですよ、と安請け合い)。(笑)    はて、<ひしょ>とは何だっけ?? 嵐山の夏は、町の中に比べると涼しいので、(<...
未分類

12-27(木)   冬の風光    10

  大悲閣は、山の中にある。  正確には、嵐山連峰の一つの峰、それも一番小さい峰の上に、ぽっんと・ひっそりと存在しています。 両脇には、今は小さくなっていますが、滝があり、水には不自由しません。  その水を<安定>的に境内に引く事には、入山...
未分類

12-26 言葉から ?   その4 < 私は、私を愛せない >

  その1、   < 旅人は、死なない >(12?20)  その2、   < 私は、死なない >(12?22)  その3、   < 私は、私を愛する >(12?24)      昔、昔、その昔、この日本から遠い国のことです。   ( 師よ、...
未分類

12-25 (火)  冬の風光   9

   京都の12月25日は、< 終(しま)い天神 >で、賑(にぎ)わう大縁日です。市内・北西・北野白梅町に、1000年以上前から、御鎮座なされます、北野天満宮の近辺です。境内のみならず、当たり一面の屋台と、露天商の方々ばかりです。 活気に溢...
未分類

12-24 言葉から ?   その3

    <旅人は、死なない>????その1    <私は、死なない>?????その2    <私は、私を愛する>????その3   人間は、<私>を愛することしかできない、かもしれない。   歴史的に考えてみれば、<私>しか愛せない。   ...
未分類

12-23 (日)  冬の風光    8

    空気は澄みわたり、しかし寒くて、身も心も<閑寂 かんじゃく>という気持ちです。(笑) それだから、熊とかカエルみたいに、ゆっくりと冬眠できればいいのですが・・・・・・・・・(笑) (もみじ)も(葉)を落とし尽くし、いままで気づかなか...
未分類

12-22 言葉から  ?  その2

         <  私は、死なない  >から。      1??????日本人としての< 私 >      2??????0000県 出身の< 私 >      3??????000学校 卒業の< 私 >      4??????000...
未分類

12-21 (金)   冬の風光   7

   今日は、冬至(とうじ)です。日の出・・・六時四十六分・・・・・・・・日の入り・・・四時三十二分<   昼が最も短い  ・  夜が最も長くなる   ><   お日さま(太陽)の位置が、最も低い   ・    物(存在)の影は、最も長い ...
未分類

12-20 言葉から   ?

          <旅人(たびびと)は、死なない>    昔、昔、ある僧が弟子に言いました。  (ここに、来てくれ)   師は、井戸の側に立っていました。 旅に出る、御姿です。 (今から、旅に出るから)   そして、師は、   ・今までの...
未分類

12-16 (水)   冬の風光   6

    もう完全に、紅葉は終わり、冷たい風が嵐峡を、流れています。澄んだ空気と、碧(みどり)色の川は、静かな落ち着いた気持ちに、導いてくれます。  10代終わり頃、故郷の五島列島の(戸岐)という所で見た、<水の色>が忘れられません。澄んだ海...
未分類

12-18 観音さまの縁日  <1>

  大悲閣とは、山の上の<観音かんのん堂>のことです。  町中の観音堂は、大悲殿といいます。皆さま方が、よくお持ちの朱印帳には、<大悲殿>が多く染筆されています。  時々、若い女性がゆっくりとした口調で、お尋ねになられます。 (何か、悲しい...
未分類

12-17 (月)  冬の風光  5

   ここ嵐山の地は、冬場は閑散していたものだった、と古老はおっしゃられています。渡月橋(とげつきょう)近くのお店は、あまりにも御客さまが少なくなり、収入がなくて生活ができなくなり、皆さん店を閉じて、出稼ぎ(でかせぎ)に行かれたとか。  現...
未分類

12-16 質問箱  (2)    我と無我について

       (12月8日 成道会から)  尊重されるべき<我>、また尊重されるべき<無我>。 いったい、どういう事だ?  二つとも?  両極端では、あるまいか?  <我>(自分という意識)が、強いほど、苦しみは多い。だから、その人こそ、<...
未分類

12-15 冬の風光(4)

   昨日は、暖かな一日でした。  本日は、雨ということで、T氏が集中して落ち葉はきを、してくださいました。 まことに、有難い事でございます。    T居士と、およびしたい気持ちですが、断固拒否するような男です。  (居士)とかいう様な抹香...
未分類

12-14 雲水<3>

   12?1  雲水<1> ・12?4  その<2> ・12?8  成道会 ・・・・・・・・・・・参考  昨夜は、快晴で雲が無く、近視の私にも、よく星が見えました。  うつくしい冬の夜空です。不思議です・とことん思い考え議(ぎ)する事は、...
未分類

12-13 (木)  冬の風光  3

   昨日、愛知県豊橋近辺の方が、会いに来てくださいました。  山村で、お線香を作ってられます。昨年、その御線香をたくさん御寄進いただきました。 販売させていただき、その売り上げ金で、<明王さまの御像>を、祀らせて(まつらせて)いただきまし...
未分類

12-12 数息(3)

   11?21  数息(1) ・ 11?23   数息(2) ・  ご要望により、また当然だと存じ(3)です 自分の息(呼吸)を、意識する事は、とても大切です。無意識で働いてくれている、私たちの身体です。 でも、息は特殊であり、特別有難い...
未分類

12-11 (火)  冬の風光  2

   雪です。 北海道・東北・北陸・・・・・・大雪の様です。  北欧・ロシアも例年に無い寒波が、人々の生活を苦しめているようです。  自然は、美しいけれど、厳しい(きびしい)ものでございます。しかし、大自然の一部の私たち人間  は、美 しさ...
未分類

12-10 境内を購入(明治42年・1909年・12月10日)

  徳川幕府の終焉(しゅうえん)そして明治維新。 激動の日本列島。  激変の1000年の都・平安京。 嵯峨・天竜寺の焼失。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・...
未分類

12-9(日)   冬の風光   1

  大悲閣は、完全に、冬を迎えたような気がいたします。昨日は、土曜日ですが、紅葉も少しは残っていますが、参詣者はまばらです。(笑) さて、年末・年始の準備にです。  ここも・わたしも・皆さまがたも。  山寺の落ち葉の掃除とは申せ、けっこうな...
未分類

12-8 成道会(じょうどう え)

  今日の朝は、風がありません。  雨・強風だととても辛い事です。 全国の、全世界の、<雲水>さん方の、微笑みが、目に浮かんできます。    一週間の苦修の終わりです。  (万歳・バンザイ・ばんざい)の御気持ちのことでしょう。  境内のたき...
未分類

12-7 紅葉たより(18)

   もう紅葉たよりも18回目になりました。 だいぶ落葉し、人の流れも減ってきています。嵯峨・嵐山全体が、そのようです。  < 美しさを求める、秋の行事の終了です >。   されど、京都では、また・また行事です。   人を動かし・物を動かし...
未分類

12-6 観音堂(本堂) 解体・ 昭和53年<1978>12月6日

   34年前の今日、  残念ながら、(嵐山 大悲閣)が、解体・消滅いたしております。400年前、嵯峨・嵐山の地域に貢献し、京都の町の中に高瀬川をつくり、となり町・亀岡からの保津川を舟が通行できるように整備し、山の国(山梨)と海の国(静岡)...
未分類

12-5 紅葉たより(17)

    寒風でございます。 北風小僧の寒太郎がやってまいりました。 ブルブル・ぶるぶる でございます。紅葉は、まだ残っています。  落ち葉も増え、しかも雨も多く、滑らない用心が必要となってまいりました。  自然は、わたしたちの心しだいで、ど...
未分類

12-4 雲水<2>        訂正・ 昨日は、(12?3)です

   1週間の、第4日です。  一番つらい頃だと存じます。  この日を境に、楽に、ちよっとなっていく事でしょうが・・。  今年は、とても寒く、雲水さんたちの手が、霜やけで、ぱんぱんに、はれていないか?心配です。    しかしながら、 完全な...
未分類

12-13 紅葉たより(16)

   昨日は、日曜日であり、たくさんの方々が、参詣してくださいました。  渡月橋から1000m歩き・200m階段を、登らなくてはなりません。  たいへんな事です。  でも、この辺鄙(へんぴ)さを<苦>になさられずに、入山いただけ有難く(あり...
未分類

12-2 行事(法話の会  第2回)

  毎月第一日曜日(前回11?4   次回 2?3   1月休み)  大悲閣  般若道場(笑)     般若(はんにゃ)心経三巻  読誦(どくじゅ)                     < 懺悔文   はんせい・悪業にたいする(行い・言...