6-22 素庵忌

本日、了以翁の息子・素庵様の命日です。 翁の片腕である、実業家・実務家であります。また儒学者・芸術家あります。  塵劫記(じんごうき)の如き、最大・最小を含みまた、当時の角倉家が仏教に、超宗派的対応なさられている様子が、まさに素庵様の世界観・心を、示しているように感じられます。
        
       病に苦しまれながらも、正しい心をもとめ続けられたといいます。  学ぶべき事多い方でございます。  嵐山心学の祖と位置ずけられるかもしれない。   愚僧は、数千年の人間の歴史のよきものを、さがし伝えていける山寺に、為していきたいと思っています。   客殿のプリント類が、その気持ちの表れです。  わたしにとって日々の喜びは、プリントがどんどん減っていくことです。  いずれ各プリントの拙い解説の講座を設けたいと思っています。   駄弁を弄しました。 失礼しました。
                                  道忠  合掌

コメント

タイトルとURLをコピーしました