12月24日(火) 人として、認め合う。 9

       人間を、

      ( こころ )
      ( おもい )
      ( からだ )
      ( おこない ) と、
      仮に考えても、

      安心・安定である、
      これらの 統一はむずかしい。

      周辺・集団・環境・・・からの
      要求・要請・圧力・・・があり、
     
      バラバラに、なりやすい。
      社会に、合わせなけれならない事も
      多いことでございます。

      そこで、
      本当の意味の 「  出家( しゅつけ ) 」
      の、大切さが、よくわかります。

      『  家( いえ )  』 は、
      全ての<  善  >の根源であり、
      全ての<  悪  >の根源でもございます。

      現代日本の 「  出家  」 は、
      短期間であったり、
      伝統的道場生活の期間のみで、
      あったりする事が、多いです。

      生涯、「 出家 」の真の僧侶の方々
      も、たくさんいらっしゃられ、
      日本仏教の根本を、守り伝えられて
      ございます。

      短期間とはいえ、「  出家  」 を
      経験・体験する事は、
      実に有意義で、あるように存じます。

      あるアジア国の留学僧がいっていたそうです。
      国で、出家して一番よかった事を、
      ここように、おっしゃたそうです。

      「  ( おかね )の 心配 を
          しなくて、よくなった事です  」 と。

     「 (  じぶん )を、捨てます 」という
     形・型 に なると、
     集団・組織・団体・・・が、守ってくれます。
     すると、
     ( こころ )( おもい )( からだ )、、、
     とか、 ある意味、超個人的な事柄に、
     専心・集中しやすいし、
     また、ゆるされる事となります。

     
     若者に、「 出家 」生活を、
     体験させて、やりたいものでございます。
     
   1  『  社会奉仕  』
   2  『  防衛軍  』
   3  『  出家  』

      肥大化した「 自意識 」 「 我 」 「 エゴ 」
    に、苦しむ私たちは、何歳であろうと、
    この 三つの内容を、
    個人生活の中に、実践しなければ、
    ( しあわせ )に、なりにくい気がいたします。

              つづき    ます

 駄弁ながら、敬と愛をこめて
              残月     合掌

<   以前、ある留学僧侶が、
       しみじみ 愚僧にいいました。
     「  日本は 天国です。
          このような 国はないです。  >

<  幼児虐待・老人虐待 の 多い日本。
     実際は、 天国でも、極楽でも
       ございません。 しかし、
         まだ、ましなのでしょう。
     悲しい、人間の世の中でございます。

      「  存在  」 そのものを、
    認め愛する事が、一番大切です。
    『 幼児・老人 』は、「 存在 」です。
    「 生命 」 そのものでございます。   >

            失礼いたします。

     

12月23日(月) 人として、認め合う。  8

  「     人間とは、何か ?
      自分とは、何か ?    」

    ( からだ ) か ?
    ( こころ ) か ?
    ( おもい ) か ?

    ( おこない ) か ?
    ( しごと ) か ?
    ( おかね ) か ?
    
    ( おや ) か ?
    ( かぞく ) か ?
    ( しんせき ) か ?
    ( こども ) か ?
    ( まご ) か ?
    ( ひまご ) か ?

    ( がくもん ) か ?
    ( ぎじゅつ ) か ?
    ( ちしき ) か ?
    ( ちえ ) か ?
    ( じんかく ) か ?

    ( たいじゅう ) か ?
    ( しんちょう ) か ?
    ( せいかく ) か ?
    ( せいひつ ) か ?
    ( きひつ ) か ?

    ( りそう ) か ?
    ( こころざし ) か ?
    ( ゆめ ) か ?
    ( もくてき ) か ?
    ( ねがい ) か ?
    ( いのり ) か ?

    ( せんせい ) か ?
    ( ししょう ) か ?
    ( なかま ) か ?
    ( せんぱい ) か ?
    ( どうはい ) か ?
    ( こうはい ) か ?

    それにしても、
    もし、かりに、
    悲しみ・苦しみ・辛さに、おそわれたら、
    しずかに、ゆっくり、していただきたい。

    ( おもい )
    ( ことば )
    ( からだ )
    ( こころ )を、ととのえたい。
          この四つを、
          一つに、していきたい。

    ( からだ ) と ( こころ )の
    あいだに、( 呼吸 )がございます。
         ( 姿勢 )がございます。
    ( おもい )を ささえる、
         ( 沈黙 )がございます。
    ( ことば )も、おなじです。

    ( 呼吸 )( 姿勢 )( 沈黙 )
    この三つが、大切になります。
    ( 奉仕 )も、入れて四つか ?( 微笑 )。

    ( 奉仕 )とは、報酬を期待しない、
    純な ( おこない ) か ?
    これなくして、( 自然にでてきますが )
    独善・ひとりよがり・に落ちる。

   「 人生は、奉仕である 」 当たり。( 笑 )
   何に、たいして ?
   利益とは ?  後から、ついてくる。( 微笑 )

   『  何に たいして
        身 と 心 を
            ささげ つくす べきか  ?  』

   『  この我を
      この自意識を
         どうしたら
            いいのでしょうか  ?  』

   しかし、
   上の問いは、特別です。
   それ以前に、

   私たちは、すでに、
   しばられているかも、しれません。 また、
   しばられやすい、ものでございます。
   また、しばられたい、ものでもございます。
   人生は、むずかしい。

   国家・民族・社会・会社・組織・集団・
   家族・地域・近隣・・・・・・・・

  上の、二つの、『 疑問 』は、大切です。
  解決がです。 もつ事では、ございません。( 微笑 )

                 つづき  ます

  駄弁です、されど、敬と愛をこめて
                残月    合掌

<   人生は、短い 。

      ゆうゆうと、
        いそげ、いそげ 。   >

<  自意識は、すぐ、消える。
     この世に、参加時間は、短い 。

              ゆうゆうと、
         いそげ、いそげ 。  >

     急ぎ、失礼いたします。

 <  よき一日で、ございますように >
             ( 末筆ながら )

12月22日(日)  人として、認め合う。  7

      質問  「  己 ( おのれ )の 存在に
             対する、疑問 と 不安  」

     自分自身に、対する、不安と疑問 。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

     今、電話がありました。
     ある知人です。
     男性・40歳・無業。
     父親が病になり、
     母親も病になり、入院中。
     兄は遠方。
     一人でいる。

    「 玄関に、リンゴがあったよ。
      食べたら、いいじゃん。 」
    「 できません 」
    「 パンを もって行くよ 」
    「 食べません 」
    「 ご飯( あたためる )どうした ? 」
    「 あきました 」
    「 コンビニ の おでん は ? 」
    「 そうですね 」
    「 このごろ、頭だけでなく、
      腹も痛くて、膵臓炎のようです 」
    「 揚げ物は だめなのか ? 」

    「 私の 人生なんなのでしょう ?
      苦しみばかりで、ないですか ? 」

    『  私から、みたら、
       地に、足がついていないて感じ、
       頭だけ、飛び回っているて感じ、
       フラフラじゃん 。  』

    「  そうです  」

    『  ( こころ ) と
       ( おもい ) と
       ( ことば ) と
       ( おこない ) と
       ( おかね ) が、

       全部、バラバラ じゃん 。 』

    「  統合失調症 ですか  」

    『  文字は そうですね 、
       身辺からさー  』

    「  できないです  」
    『  そんな  』

    今年、
    息子は 母親を < 鬼( おに ) >といい
    母親は 息子を < 鬼( おに ) >という。
    心配で、よく顔を見にいきました。

    息子は、子供のころ、叫んだという。
    「  この家には、
       神さまも、仏さまも
       いやしない。
       ( そして、仏壇を 壊したという )  」
    この事を、聞き、
    小生には< 心の叫び >のように感じ
    どうにか、しなくてはと、、、、、、、、
    しかし、
    時間が過ぎていくだけ  ?

    人生は、むずかしい。
   「  生まれ、生きて、死ぬ  」 だけですが。

    しかし、やはり、
    順序が、順番が、あるような気がしてならない。
    縄文時代から、
    ゆっくり、時間をかけて、現代にこなくては。

    現代に、つぶされる。

    どういうことが、「 生きる 」ことなのか?
    わからなく、なりそうです。

 乱れながらの、駄弁です、
        されど、敬と愛をこめて。
                  残月   合掌

<   すてなさい
       いったいなにを
          すてなさい
         いったいなにを
           すてたらいいの   

     うらみかな
       かなしきなみだ
          ながしたよ
       すてさることは
         できないことよ

      ああすてる
         わたしのかこよ
            すてれない
          このくるしさよ
            このさびしさよ

      かみほとけ
         きよきこころよ
            どこにある
          いのちのひかり
            わたしのひかり    >

         失礼いたします

12月21日(土) 人として、認め合う。 6

      どのような

      わたしを、

      わたしとして、

      みとめている、のでしょうか?

      どのような

      あなたを、

      あなたとして、

      みとめている、のでしょうか?

      わたし と あなた

      あなた と わたし 。

     みとめあい

     ささえあい

     たすけあい

     ゆるしあい

     わびあい

     ささえあい

     たすけあい

     あいしあい

     こいしあい

     みつめあい

     かんじあい

     ふれあい

     おもいあい

     しんじあい

     しんらいしあい

     つなぎあい

     むすびあい

     いのりあい

     ありのぎょうれつ、
     いえ、
     あいのぎょうれつ ( 微笑 )

 
駄弁ながら、敬と愛をこめて
             残月   合掌

<  昨夜、テレビを観ました。

  「  nhk  etv特集
    敗戦
    北朝鮮で何があった ?
    日本人20万人が残留・・・
    死の38度線  」

    この歴史、この事実。    >

<   よき国を
    よき北東アジアを
    よきアジアを
    よき世界を

    むずかしいけれど
    つくれますように 。

     よき人間に
    つよい人に
    やさしい人に
    あかるい人に
    げんきな人に

    むずかしいけれど
    なれますように。     >

<   今も、
    悲しみ
    苦しみ
    傷み
    泣いている人が
    きっと
    いらっしゃることでしょう。

    すこしでも、
    ラクに、なれますように
    、、、、、、、、、、、、、、、 。 >

<   なになのか
      しらないけれど
        なにかしら
      くるしむわれら
         たすけたまえ

     じゅんにして
       きよきこころを
          まもるべし
        このよのたから
          けすことなかれ

     いのちとは
        ゆめまぼろしか
           いやちがう
         かがやくいのち
           とわのかがやき

      わすれるな
         おににもなれる
            わたしです
         あくまのごとく
           じゃあのごとく   >

         失礼いたします。
         
        

12月20日(金)  人として、認め合う。 5

私たちは、

どのような、

自分を、

自分として、

みとめて、いるのでしょうか?

・   朝、目が覚めた、自分 ?
・   昨夜、酒のんだ、自分 ?
・   仲間と、楽しんだ、自分 ?
・   怒った、自分 ?
・   やさしい、自分 ?
・   イライラする、自分 ?
・   犬が大好きな、自分 ?
・   猫が大好きな、自分 ?
・   ビーフ( 牛の筋肉 )が、
好きな、自分 ?
・   ポーク( 豚の筋肉 )が、
好きな、自分 ?
・   動物の内臓が、好きな、自分 ?

・   000 出身の、自分 ?
・   00国の、 自分 ?
・   000民族の、 自分 ?

・   000卒業の、 自分 ?
・   000会社の、 自分 ?
・   000所属の、 自分  ?

・   000の子供の、 自分 ?
・   000一族の、 自分 ?
・   000の弟子である、 自分 ?
・   000の門人である、 自分 ?

・   男性としての、自分 ?
・   オスとしての、自分 ?
・   女性としての、自分 ?
・   メスとしての、自分 ?
・   中性としての、自分 ?
・   両性としての、自分 ?

・   「 存在( そんざい) 」としての、自分  ?
・   「 所有( しょゆう ) 」としての、自分  ?
・   「 行為( こうい ) 」としての、自分 ?

「 どのように、あるのか ? 」
「 なにを、もって、いるのか ? 」
「 なにを、できるのか ? 」

古人・先人・友人いわく、

・  わたしは 「  米くい虫  」である。
・  わたしは 「  糞( くそ )袋 」である。
・  わたしは 「  生殖器  」である。
・  わたしは 「  1本の管( くだ ) 」である。
・  わたしは 「  神  」である。
・  わたしは 「  仏  」である。
・  わたしは 「  道にある 石  」である。
・  わたしは 「 ・・・・・・・・ 」である。

つづき   ます。

駄弁ながら、敬と愛をこめて
残月    合掌

<   けさはやく  ざんげつありや
くうきすむ   ( 残月 ) >

失礼いたします

 

12月19日(木) 人として、認め合う。  4

        「  人として  認めない  」 とは
           どういう事でしょう ?

        ・  物 のように、あつかわれる事 ?
        ・ 植物 のように、あつかわれる事 ?
        ・ 動物 のように、あつかわれる事 ?

        ・ 000 のように、あつかわれる事 ?
        ・ 。 。 のように、あつかわれる事 ?
        ・ 、、、 のように、あつかわれる事 ?
        ・ ・・・・ のように、あつかわれる事 ?

        ・  神  のように、あつかわれる事 ?
        ・  仏  のように、あつかわれる事  ?
        
        ・ 社長 のように、あつかわれる事  ?
        ・ 局長
        ・ 部長
        ・ 課長
        ・ 係長
        ・ 職員 のように、あつかわれる事  ?

        ・ 邪魔者 のように、あつかわれる事 ?
        ・ 嫌われ者 のように、あつかわれる事 ?
        ・ 奴隷 のように、あつかわれる事 ?
        ・ ゴミ のように、あつかわれる事 ?
        ・ クズ のように、あつかわれる事 ?

        ・ スター のように、あつかわれる事 ?
        ・ アイドル のように、あつかわれる事 ?
        ・ セレブ のように、あつかわれる事 ?
        ・ vip のように、あつかわれる事 ?
        ・ 御金持のように、あつかわれる事 ?
        ・ 貧乏人のように、あつかわれる事 ?
        ・ 一般人のように、あつかわれる事 ?
        ・ その他大勢のように、あつかわれる事 ?

        『  人として、認められる 』
        『  人として、認め合う  』
        『  人と人が、認め合う  』とは ?

       ところで、
    <  人のように、あつかわれる事  >とは???

        愚僧は、
        「  自分を 愛せるぐらい、しか、
           自分以外を、愛せない 」 と
                思っています。
         そして、
        「  どのような 自分を、
            自分として、認めているのか?
            認めているぐらいしか、
            人を、認めることができない、
               のでは、なかろうか ? 」

              と、愚考している次第です。

          すると、どうしたら、よいのだろうか?
        明るく、強く、やさしく、かるく、生きるには 。
                          ( 微笑 )

                  つづき   ます

   駄弁ながら、敬と愛をこめて
               残月    合掌

<   アンパンマンの歌から

     「 愛と勇気だけが、
       友達さ 」     >

<  人を 相手にしない。  >( ? )
<  人を 見ない。 >( ? )

  飛びつつ  失礼いたします。

12月18日(水)  人として、認め合う。  3

      1、   みとめあう
             あいしあうこと
               てれるなあ
             もとめないこと
               しんじることさ

   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

      昨日は、「 000 し あう 」という事に
    ふれました。 とても、大切な事です。
    そして、どなたも、御存じのように、とても、
    むずかしい事でもございます。

      マンデラ氏関連から、
    「  世界人権宣言  」にふれ、
   その中の、重点である、
   『  人として  みとめあう  』という事を
    考えたいと存じます。

    どういうことであり、
     そのためには、どうしたらよいのでしょうか?

    「  000 し あう 」 で思い出すのは、
  漢字の、『 仁 』 で、ございます。
       ( じん )( ひと ) 

   ・ 儒教( じゅきょう )
       ( 中国古代思想で、孔子によります )
       ( 日本に、とても影響を与えています )
       の、根本思想は『 仁 』 です。

       まさに、
       「  人と人が  みとめあう  」 事です。

      「 いつくしみ ( 慈しみ ) 」
      「 おもいやり ( 思いやり ) 」
      「 ふれあい  ( 触れあい ) 」
      「 たすけあい ( 助けあい ) 」

     『 仁を 問う、子( 孔子 )曰く( いわく )
          人を愛すること。   』

      2000年以上前から、言われていることです。
     でも、なかなか、できない私たちでございます。

      <  どのようにしたら、
         できるように、なるだろうか?
           できるはず、
              ともに、なすぞ。( 微笑 )
            軽く、楽しみながら。( 笑 ) >

           このブログの主題です。( 微笑 )
         ( できてないぞ ) ( 大笑 )
         ( 笑えない )。

     1、から。
   「  もとめないこと  しんじることさ  」
   
   信じるという事を、
   わたしたちは、誤解している事が
   多いような気が、いたします。

   「 信じる 」、、、、「 あまえる( 甘え )
                まるなげ( 丸投げ ) 」

               に、なりやすい。( 微笑 )
               気をつけねば。
               神さま、仏さま、
               人さま( 微笑 )
                 友人・知人・・・
                     に対してです。

               「  信じてたのに、、、。
                  ぷんぷん 」 と怒る。
               本来、ありえない事。( 微笑 )
         甘え丸投げしているから、
      自分の努力責任義務を放棄してるから、
      自発的愛情が不足しているから、
        人は
        人に、
        いかり・せめる、やすい。
              ことが多い。( 微笑 )

                    つづき ます。

   駄弁ながら、敬と愛をこめて
                残月    合掌

 <  よき一日で ございますように  >

       失礼いたします。
               

12月17日(火)  人として、認め合う。  2

     昨日 の  1、 2、 を  土台に
   いたします。  年末で、なすべき事多く
   このような形式になります。
     よろしくお願いいたします。

  
  1、   みとめあう
         あいしあうこと
           てれるなあ
          もとめないこと
           しんじることさ

  2、   もとめねば
          いきていけない
             このよです
           ばかなことなど
             いうことなかれ

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    昨日は、あわただしい中、
  人生相談みたいな事も、ございます。

    よく、年末になると、父親があばれる
 といってた、友人がいました。 彼はこう
 言ってました 「  今、思えば、子供への
 虐待だった。  つらかった 。  」
    友は、模索していた。
  仏教の中で、禅宗と浄土宗にとくに
関心をもっていました。  修学してました。
しかし、僧侶のありように、希望がもてず、
仏師をめざすことになりました。
  ここ10年近く、音信がございません。
仏像つくる、きざむ、環境をもとめて、
どこか、遠方に向かいました。

   昨日の2人も、
幼少の頃の、心のキズ・傷みを
体験し、いまでも苦しんでいます。

  「  年末になると、
       あせります。
     失われた20年の日々 」
        ( 40代 女性・主婦 )
           
 「  何も、希望がもてない。
      何も、できない。   」
        ( 40歳 男性・無業 )

   御二人とも、
 幼少時代に、家族に、
「  認め合う  」事が、
なかった、
悲しみ・苦しみのような
  気がしてならない。

 「  みとめあう  」
 「  あいしあう  」
 「  たすけあう  」
 「  かんじあう  」
 「  かたりあう  」
 「  しんじあう  」
 「  おもいあう  」

 「  ゆるしあう  」
 「  わびあう   」
 「  つなぎあう  」
 「  ささえあう   」

  損得・利害・をこえた世界が、
  清き光が、まだまだ、足らない世界です。

  皆さま、共に、身近からはじめましょう。

 <  ちいさな  みとめあい >
 <  ちいさな  やさしさ  >を。

          つづき   ます。

駄弁なれど、悲しみを感じつつ
              残月    合掌

<  清き 光 よ 
   無我の 心 よ
   神仏の 響き よ  

     この世に  満ちよ  >

       失礼いたします。

          

12月16日(月)  人として、認め合う。

  1、   みとめあう
        あいしあうこと
          てれるなあ
            もとめないこと
               しんじることさ

  2、    もとめねば
          いきていけない
            このよです
              ばかなことなど
                いうことなかれ

  3、    < ある >ことの
           あることだけの
              すばらしさ
                わすれてしまう
                  なんといそがし

  4、    < もつ >ことに
            こだわりすぎか
              もたなくば
                いきていけない
                  このよでないか

  5、    < もちすぎて >
            くるしむことは
               ないだろか
                 まだまだたらぬ
                   まだまだもっと

  6、    < ある >だけは
             さびしくないか
               かなしさは
                 てもあしもある
                   こころあるなり

  7、    < なす >ことに
             おわれるこのよ
                つかれます
                   なあにもしない
                     このよろこびを

  8、    < ある >ことは
              なあにもしない
                 ことなのか
                    いのちをかんじ
                      いのちあじあう

  9、    < ある >ことで
             みとめあうのは
                あいさつか
                  なにももとめず
                    めをあわすなり

  7、    < もとめあう >
             このよのしごと
                つらかろう
                  < みとめあう >こと
                      くるしみなくす

  8、    < もとめあい >
             ひともこのよも
                せいちょうす
                  つかれたときは
                    もとめないこと

  9、    < もとめない >
           じぶんにひとに
              なにひとつ
                ひかりをあびて
                  かぜにふかるる

  10、   < みとめあう >
           < ある >ことだけが
               みなおなじ
                 ひとのみあらず  
                   いぬねこみんな

  11、   < なす >ならば
             みんなのために
                なしたいな
                  みんなうれしく
                    わたしもうれし

                つづき   ます

  駄歌でございます、おゆるしを。 敬と愛をこめて。

                 残月    合掌

<  よき一日で  ございますように
      お天道さまが  みまもってます
                     ( 微笑 ) >

              失礼いたします
         
          

12月15日(日)  マンデラ氏 追悼  5

        「   人権に関する世界宣言    」( 30条 )
                1948・12・10
                  国際連合総会

   第五条  何人も、拷問又は残虐な、非人道的な
         若しくは体面を汚す待遇若しくは
         刑罰を受けることはない。

   第六条  何人も、法の前において、
         いかなる場所においても、
      
         人として認められる
         権利を有する。

   第七条、、、、、、
       、、、、、、
       、、、、、、、

   (  以下  省略   )

   第二十八条 

         何人も、この宣言に掲げられている
         権利及び自由が
         完全に実現されうる
         社会的及び国際的な
         秩序を享有する権利を有する。

   第二十九条

         1  何人も、その人格の自由且つ
           完全な発達がその中にあってのみ
           可能である社会に対して
           義務を負う。

          2   、、、、、、、、、、、
          3   、、、、、、、、、、、  

    第三十条   
       
          この宣言は、いずれかの国、団体又は
          個人がこの宣言に掲げられている
          権利及び自由のいずれかを
          破壊することを目的とする
          活動に従事し又は右の目的を有する
          行為を
          遂行するいかなる権利をも、
          包含しているものと
          解釈してはならない。

                           以上

       、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

         寒いし、眠くなってきました。( 大笑 )

        < 理想 >< 宣言 >に、
        程遠い、「 現状現実 」でございます。
        世界においても、
        日本においてもで、ございます。

         2013年目 で、これくらいです。
         「 人権の現状 」
         進歩・発展は ?
         早いのか?  遅いのか?

         現代人も、1900年以前は、
         よくは知らない。
         1850年以前は、、、だれも知らない。

         記録・歴史・学問・科学・技術の
         継承のみか ?

         地球も、広大です。

         わからなくなって、まいりました。( 笑 )
         でも、進歩・発展している。
         私たちは、
         マンデラ氏のようにならなくては
         ならない。

         そして、
         「  人として 認め合える  」
         社会・国家・世界を
         築いていきたく存じます。

         近隣・親族・家庭・職場においても、
         忘れてはなりませんね。

         『  人として  認め合う  』
      とは、どういう事でしょうか  ?
      ここが、大切です。  このブログの
      主題です。  その実践実行もです。

                       つづき   ます

   世界宣言と 駄弁でした、敬と愛をこめて
                残月    合掌

<  清き光が  満ち満ち溢れ  ますように  >

<  中学の時   クラスの標語をきめる集会
     わいわい  がやがや
     けんけん  がくがく。

   「  紳士  淑女  であれ  」
     ( しんし  しゅくじょ )
 
     少年おおばやし君の案
     よしだ君が追加した
   「 村 八分しない 」
                決定
     なつかしい 思い出。    >

      微笑しつつ   失礼いたします。