9月3日(火) ある詩 2

    ある詩 「 花 語らず 」 の作者のことです。

  京都の東山に、南禅寺という寺院がございます。
そこの数代前の、住職さまでございます。
  世界共通語といはれる、エスペラント語を学ばられ
くらい開明的な禅の宗匠であられました。

  昔、中国には( 北禅 )という都市的貴族的学問的仏教
があったようです。 しかし、徐々に衰退していきました。
南禅寺の( 南禅 )は、大陸の南に広がっていたグループ
で、よく発展したそうです。  地方的土着的実践的仏教であり、
日本に伝えられたものにございます。

  禅思想が、『  本来  無一物  』
       ( ほんらい  むいちぶつ  )
     という語句に、象徴されることが、よくございます。
       これは( 南禅 )からの、言葉でございます。

     「 ほんとうは、 何も無い、一物すら無い 」
   「 さあ どうだ 、 さわやかでは  ないか  」
  「  いったい 何物が わたしを、 あなたを 
       悩まし、迷わし、 苦しめてるのか? 」

  明治時代からの、世界へ広がっる歴史は
面白いですが、ブログ主旨と異なるので止めたいと存じます。
( 笑 )  ただ、禅仏教の歴史で、愚僧が面白く感じている
事だけお話させてもらいます。

    インドから中国へ、伝わる時間と、
    中国から日本へ、伝わる時間と、
    日本から西欧へ、伝わる時間とが、

    三つの時間・世代数が同じという
    不思議、愚僧には、不可思議です。( 大笑 )
    何か、法則でもあるのでしょうか?( 笑 )
    予測可能に、なります。( 笑 )( なんのために )

    人類の歴史から、
    人間の歴史から、
    世界の歴史からも、

    大悲閣の歴史と未来を、考え実践
    していきたく存じます。( 笑 )(アホか)(大笑)

    しかし、≪  こころ  ≫には
    < 古今 >( いま も  むかし も )無く、
    < 東西南北 上下 >無いのだから、
    可能である。
    ( 自信過剰の大馬鹿者です )
    ( 笑えない )( 笑ってはいけない )
    ( 大反省 )

     駄弁がすぎました     残月   大合掌

<  本来  無一物  

           痛い手足も
           疲れた腰も
           病んだ体も
           あるでは、ないか?

           悲しい心も、
           辛い気持ちも、
           悪い思いも、
           あるでは、ないか?

   
      月しろく  風はきよしと  思えども
           この世はつらし  物あるかぎり

      辛くとも  目耳に教え  ふれるなば
          秋の明月  ただ 風清し

      物は物  心は心  金は金
          この教えにて  すすむ大道 

                  駄歌  三首   >

<  御病気・御ケガの( なかも )の
     一日でも お早い  ご回復を  >

    走りながら   失礼いたします。

  

9月2日(月)  ある詩  1

     月の初めなど、日常の節目などに、
   お花を、飾ります。 
  神さま、仏さまにお供えいたします。

     昨日、お花を見てましたら、
    一遍の詩を思い出しました。  
   皆さま方も御存じかもしれません。
 大悲閣でも、よくもらっていただいています。

     作者は、明日、御話いたします。
    今日は、共に、味会いたく存知ます。

  『   花は
          黙って咲き
            黙って  散ってゆく

      そして
          再び枝に  帰らない

      けれども
          その一時 一処に
              この世のすべてを  托している

         一輪の花の 声であり
             一輪の花の 真である

           永遠に  ほろびぬ
              生命の よろこびが
                  悔いなく
                    そこに
                      輝いている

                                    』

          華ぞしれ  華にたくさん  この心
              人の情けぞ  色香の粋ぞ

          実相は  無相いうも  分からない
              有相の中の  花を愛さん

          花ごころ  散りゆく定め  知らずして
              果実おとすも  また知らずかな

    
          この世をば  幻華というは  何びとぞ
              四季を愛する  心は仏

          大雨も   風のつよきも   雪すらも
              知って知らずの   桜花かな

                
                  駄歌 五首   残月 

    お日さまが近いので、歌になりました(笑)
                            合掌

<  一日中   しあわせで   ございますように >

< 悲しみ  苦しみが  へっていきますように  >

< なんでも  どなたでも  大切に >

< 無依( むえ )、  無依存( あまえない )

    しかし
    助け合い こそ  人生。

    さけるべき事、
    傷のなめ合い、悪化へむかう。
    甘え合わないように。  はい。 ( 笑 )   >

< 御病気の( なかま )の  早いご回復を >

    走りながら   失礼いたします。

            

9月1日(日)  随想   1

   おはようございます。
  暑い日々で、ございます。
 皆さま方は、いかがお過ごしでしょうか?

 もう、少しで秋到来でしょうか。
待ち遠しい気持ちで、一杯でございます。
もう既に、小生は冬の酷寒を忘れています、(笑)
いい加減なことでございます。
   今年は、
 どのような、秋、冬でしょうか?

   毎年、夏には、高砂ユリが咲いていました。
 今夏、1本をのぞいて、全滅でございます。
なんと、夜な夜な< イノシシ >が境内に入り
こんでいるようなので、ございます。 なんとしたこと
でしょうか。  アジサイは< シカ >により全滅、
そうです、シャガも97%無くなりました。
 (  残念、でも、シャガは再興いたします。
 (  いえ、アジサイ も ユリも 。 )

   鉄の柵を、大分設置しているのですが、
< シカ >の跳躍力・バネは、愚僧の予想を
はるかに超えていました。( 笑 )
 < イノシシ >の力強さも、想像を絶していました。
よくこれだけの物を押し倒して入って来る、
登って来ると、感嘆せざるおえません。

  けれども工夫して、負けないように、
精進いたす覚悟でございます。 
  < サル >は、半分あきらめて
います。  なにせ、木から木を伝わって、山奥から
遊びに来るのですから、人間より高等です。(笑)
ただ、被害をできるだけ、少なくできるかのみです。

  今までに、< イヌ >たち三匹と暮らしました。
( 太郎 )( さくら )に( もみじ )でした。
よく、小生・愚僧を 助けてくれました。
  感謝の気持ちでいっぱいです。
山から渡月橋まで、バイクで散歩いえ ランニングする
時は、まるで犬使いになった気持ちでした。
なにせ、皆いっしょだったのでした。 時々、川べりで
遊んでもらいます。 その楽しそうなこと。
  小生も、とっても しあわせでした。

   現在は、名犬< すみれ >がいます。(笑)
四才 柴犬です。 尾までも小さい豆柴さんです。
愚僧が、北野の寺院と往復する日々ですので、
< すみれ >もいっしょに動いているので、
いつもいつも、大悲閣にいないのが、
よく会いにきてくださる愛犬家の参詣者の方々に、
御迷惑かけてしまい、すまない気持ちで一杯です。
  申し訳ございません。一工夫いたします。

   御報告いたします。
今夏、またしても、図らずも、思いがけず、
< すみれ >の相棒が、出現いたしました。
まだ、四カ月たっていない、柴犬です。
 なんと、カワイイ、可愛い命なのでしょうか。
毛色は、見てのお楽しみでございます。

  柴犬は、
日本人と、いつも、いつも、一緒に暮らしてきました。
 正確には、( 縄文犬 )と( 弥生犬 )からの
誕生のようです。
 三カ月の子犬の、命の躍動は、
なんとも言えない、すばらしさです。
( ゴムまり ) みたいです。 飛び跳ねています。
きっと < 心 >も飛び跳ねているのだろうなー。

  昨日のブログに、こじつけたく なりました。
この< 心 >が、まさに≪ 直 ( ちょく )≫
なのでしょう。
  この時、< 心 >は< 心 >であって、
< 心 >でない、と申せるのではないでしょうか?

 追伸、 学生時代、大寺院に居候時代
      梵鐘を朝・夕・夜と撞いていた時代・

     捨てられた子犬と数年暮らしていました。
    ああ、( はなこ )よ、我が青春よ。 (大笑)
    迷い犬( ゆり )も、しばらく一緒でした。

      愚僧は、まさに、犬たちに
    助けられてきた人生のようです。

   ( 子犬が、暴れているので、これにて、、、。 )
   ( 邪魔されて ないのか? 大笑い      )

< 清き光が  満ち満ち溢れ  ますように  >

         失礼いたします。

8月31日(土) ある言葉 9<観音 3>

  謙信公 家訓

6 「 心に  誤りなき時
         人を 畏れず 」  その3

 私たちが、いつも、いつも、
お天道さまと共に、生きれて、
また、自分以外の方々を悪く思わず、
自分の利益中心でなくても生きれる、いい境遇に
生活できたらよいですが、

 自分を守り助け協力してもらい、さらに教えてもらい
訓練してもらい鍛錬してもらえるような、いい環境、
家族、親族、地域、町村、社会、国家、世界に
生まれ、育てられたら、
私たち人間は、どんなに幸福でしょうか?

 現代日本社会は、どうにか土台は達成できた
ような気がいたしますが、問題、課題は山積みです。

 世界は、もう大変です。

     でございますから、
  自然に、お天道さまと共に生きれず、
清廉潔白にもなれず、我利我利で苦しみに
生きてしまいがちで、ございます。
  つまり、
「  誤ってしまい、人を畏れ、  」
  人間が、「 ひねくれ  曲がってしまう 」。

  つまり、 その3 でいう

「 素直 」 「 率直 」 「 正直 」に、なれず、
苦しんでしまいがちです。

   あやまりやすい人間を、
   人をおそれやすい人間を、
   ひねくれ曲がる人間を、

   どんな状況であろうと、
  曲がることなく、直( ちょく )に
たもって もらおうと  しているのが、
もろもろの、宗教のような気がいたします。

   そして、仏教の中の< 観音さま >は、

 別名 『  施無畏  ( せむい )  』
といい、(  おそれが無い 状態を  ほどこす  )
菩薩( ぼさつ )さまと、いわれてございます。

           つづき   ます

  駄弁ながら、< 直 >をたもつために。

                  残月    合掌

<  一日  しあわせで ございますよう  >

< 苦しみ 悲しみの  消滅を  すこしでも >

< 不平 不服 不満  の前に 一工夫  >

< 一日一善   人知れず、損をする
           ゴミひろいの時間は、損?
           損にして、損にあらず(笑) >

<  ただ、尽くす。
   尽くせる何かが、無いのであれば、
   何もしない事に、尽くす。

          坐禅・念仏・題目・・・
      行いを捨てることに尽くすー坐禅
      思いを捨てることに尽くすー念仏
      、、、、、、、、、、   >

  走りながら     失礼いたします。

8月30日(金) ある言葉 8<観音さま>

      ある言葉
    謙信公の家訓( かくん  家の教え )

6 「 心に  誤りなき時 ( あやまり )
      人を  畏れず ( おそれず ) 」

  私たちは、あまりに、
自分のためだけに、生きていると。
自分以外の他の方々も、
そのように生きている、物事を見ていると思い、
自分を守ろうと、必死になったりします。

  他の人々より< 損したら、大変だ  >(笑)
と、キョロキョロして落ち着きませんし( 笑 )、
終いには、不安、不信そして対人恐怖みたいに
なったりもします。
  まさに「 人を  恐れて、畏れてしまいます 」

  そうしますと、昨日の『 三直 』( 笑 )
「 素直 」 「 卒直 」 「 正直 」
「 すなお 」「 そっちょく 」「 しょうじき 」
という、

私たちの( 善さ )が、失われがちになり易いと
どなたも、御感じになられる事でしょう。

  そのようになりますると、
人生、生きにくいので、やはり、
 ( おそれ )を、持たないようにしたい
もので、ございます。
  < あまり >持たないように、( 笑 )
精進努力したいものでございます。

  そのためには、
 「 どのように したらよいの でしょうか? 」

 「 自分中心を、やめる事 でしょうか? 」
 「 何を、中心にしたら、いいのだろうか? 」

 「 家族中心 ? 」
 「 社会中心 ? 」
 「 仕事中心 ? 」
 「 国家中心 ? 」
 「 お金中心 ? 」
 「 地位中心 ? 」
 「 彼 中心 ? 」
 「 彼女中心 ? 」
 「 趣味中心 ? 」
   、
   、
   、
   、
   、
 「 神様中心 ? 」
 「 仏様中心 ? 」
 「 信仰中心 ? 」
 「 礼拝読経中心  ? 」
 「 坐禅 念仏 題目 中心 ? 」
 「 来世中心 ? 」
 「 10年後中心 ? 」
 「 30年後中心 ? 」
 「 過去中心  ? 」
 「 前世中心  ? 」

 「 住宅中心  ? 」
 「 土地中心  ? 」
 「 u  F o   中心  ? 」( 笑 )
 「 お月さま 中心  ? 」( 笑 )
 「 お日さま 中心  ? 」( その通りです )

   、
   、
   、
   、
 「 中心が無いことを、 中心に ? 」
   そんな、バカな。

   中心あればこそ、でも、
そくばく、されたくない。 そんな中心はないのか?
  都合よすぎるぞ( 大笑 )

  しかし、般若心経でいってる事は、
              勧めている事は、
              教えている事は、
   、、、、、、、
   、、、、、、、

          つづき ます

 駄弁ながら、強く自由にやさしく生きるために

             残月     合掌

< 一日  しあわせで  ありますように >

< 悲しみ 苦しみよ  、、、、、  >

< 一日一善  ( 損を してみよう )笑
          ( 人に 知られず )笑  >

< 一日十全 の一つ  
          ( 何もしない事に
          ( 心と身を 尽くす。
          ( 悪か?
          ( 善か? )   >

< 御病気の( なかま )の
       一日でも お早い  ご回復を >

   走りながら   失礼いたします。
      

8月29日(木) ある言葉 7 <観音さま>

  謙信公の御言葉で家訓でございます。

6 「 心に  誤りなき時 ( あやまりなき時 )
      人を  畏れず ( おそれず )  」

  私たちは、よく< 間ちがい >
          < 手ちがい >
          < 勘ちがい >を、しでかします。
  小生も、よく、しでかしてしまい、( 笑 )
 急いで、訂正に追われたりします。
皆さまは、いかがでしょうか? 
なるべく、≪  ちがい  ≫を少なくしたいものですが。
  それが、なかなか、むずかしい。 ( 大笑 )

  失敗したら、反省して、努力精進あるのみです。
くじけず、くさらず、人を悪く言わず、歩くのみです。
一歩一歩 また 一歩です。 

  ここの 『 あやまり 』 は
いまの ≪  ちがい  ≫とは、異なると存じます。
 間ちがえ ないで 下さいませ。(笑)

  『  あやまりが  ない時  』とは、

つまり、
『  天地( てんち )に 恥じる事がない時 』
と、とらえたいと存じます。

また、
『 清廉 潔白 ( せいれん けっぱく )の心根 』を
もってる時と。

そして、
『 我利我利亡者( がりがり もうじゃ )でない生活 』
でない時と、考えてみたいと存じます。 ( 笑 )

今風ですと、
『 自分中心で、エゴイスト、己(おのれ)だけよければ 』
という気持ちがない時とも、いえます。 ( 大笑 )

  このような『 あやまりが  ない時  』は
 「  人を  畏れず ( おそれず ) 」でございます。

    『  人を  おそれない  』という事は、
  とても、とても、とても、大切で、重要な事です。

    尊敬のあまり、畏れるではございません。
    尊崇のあまりの、( おそれ )ではないです。

    『  人を  おそれて しまう 』と、
      人間のいい性質である
  『  素直  』 『  卒直  』 『  正直  』
  が、うすれ、かくれて、しまいがちです。 
    面白い事です、≪  直  ≫が三つとも。( 笑 )

              つづき  ます。

  <  観音菩薩さまは、この『 おそれ 』を
    取り除いてくださると、数千年、
    うまず、たゆまず、あきらめず、
      愚かながらも、可愛いらしい私たちを、(笑)
        どうにかして やりたいと、
         語りかけてくださっています。
               ( ホントウ です )(笑)

            般若心経、観音経です。 >

    駄弁ながら        残月   合掌

 <  一日一善、
    一日十全( 全力を 尽くしたい )
          ( 自分を 尽くしたい )
          ( 己 を  尽くしたい )
          ( 心 を  尽くしたい )

       くすぶるな、もえつくせ、 静かに。

       昨日も、明日も、無い。
       、、、、、、、、も、無い。
       、、、、、、、、も、無い。
       、、、、、、、、も、無い。    >

   走りながら  失礼いたします。

      追伸    「 何に、尽くすのか? 」

             「  不識 ( ふしき )
                しらないよ、、、、 」
         
               ( 爆笑 )( 笑えない )。

8月28日(水) 嵐山心学・嵐山 観音菩薩会 4

「  天地( あめつち )へ
    返すさだめの 身と心
       日々の ホコリを   払い清めん  」

「  この世にて
     手足、目耳と  ありがたし
        使い活かせと  何や ささやく  」

「  心あり  どんな意味かと  人とわば
    命の世界  縦横無尽( じゅうおう むじん )」

「    世の中の  真善美をば  ふやさんと
       心をつかい  全てを活かせ   」

「   悲しさよ  この苦しみよ  いつの日か
       消えてしまえよ   皆のチカラで   」

「   間ちがいを  手ちがいをして  しかられる
       この世はよきか   見捨てはしない  」

「  ありがたさ  うれしい気持ち  満ち満ちて
        己がつとめを   この日 はげめや  」

「  人に会う  目が合い心  話す時
      天地( てんち )の味を   ともに喜べ  」

「  月あかり  この世を照らす  兄弟さ
            静かに見てる  やさしい姉妹  」

        厚顔無恥の残月です。
 お日さまが、近いと散文が書けないようです。
 心の働きが、早朝と違うようです。( 反省します )

    駄歌です、心をこめて、祈りとともに

              残月    大合掌

8月27日(火) 嵐山心学・嵐山 観音菩薩会  3

   遅くなっております。
 ちょつとバタバタです。
夏バテは、大分回復いたしました。( 笑 )

  「 夏バテは  長き眠りと  坐禅かな
  永久( とわ )の眠りの  まねをしてみる 」
                    

  「 坐禅とは いかなる事を  いうのやら
      心を捨てよ   体を捨てよ  」

  「 心をば  捨ててみるには  いかがする
      丸めて一つに  できぬものかわ 」

  「 体をば  捨ててみるには  いかがする
      蚊が血を吸うも  何のことやら  」
  
  「 心捨て  体を捨てて  ある時は
      やすらぎ世界  グーと広がる  」

  「 坐禅会  言葉使わぬ  語らいは
      清き風ふく   嵐山かな     」

  「 オレが死ぬ  心と体  捨てること 
      御世話になりし  この世とともに 」

  「 捨てるとは  おそれおおき  言葉なり
      身を縮ませて  神仏おそる   」

         厚顔無恥の残月です 

 

       駄歌で、すみません。

                残月  大合掌

< 今日一日が  しあわせで
       ありますように    >

< 悲しみ  苦しみが
      少しでも  へりますように >

< 御病気・御ケガの( なかま )の
      一日でも  お早い  回復を  >

    走りながら  失礼いたします。

  

8月26日(月) 嵐山心学・嵐山 観音菩薩会 2

  さっそく、助言をいただきました。
ありがとうございました。いいお考えです。

 日曜日 13時に、参加できない人のために
土曜日の夜 7時からも、開催するのはどうか?

 いいですね。 遠くからも、参加できます。
9時くらいから、修行してもいいし、寝てもいい、
山中清談なら、何時まででもいい。

 朝は、清掃・読経・粥( おかゆ と 梅干し )。
寺院も、美しくなる。 

<  山中清談  >が大切です。
下記のこの一線は、譲りません。( 笑 )
  
  1   禁酒
  2   禁煙
  3   禁肉食
      ( 酒、煙草を
        欲しくなりやすい )

  
 里町でも、できる事は、山中では、
しない。  山中の意味がないから。( 笑 )

 <  水をのんで  楽しめる  >人間に
なりたい人のための、菩薩会です。( 笑 )
 ここで、大切なのは、
< 水を飲む >ことが、
< 貧困 >の象徴にならない事です。

< 水を飲む >という事が、言葉が、
あんまり、簡単に、
≪ 欲 ≫ に振り回されない、
という象徴にしたい、ものです。( 笑 )

≪ 菩薩の 誇り ≫としたいものです。
< 自分中心のみ >、では生きない、
できるだけ、< 自分以外の人 >の役に、
立ちたいという方々、
( 内面の平安 )をもとめる方々、

火に焼けず
水にとけず
盗難にあわない
金剛( ダイヤモンド )のような
( 内面の平安 )を、
(心の奥)から、願い求める方々を、

≪ 菩薩 ≫と お呼びしたい。

 現実は、
「  錦( にしき )着て、憂う人あり
    水を飲んで  楽しむ人あり  」

の世界です。
 ≪  錦  ≫を着たい方は、
楽しまれて当然です、経済も発展するかも
しれません、 < 憂い >こそ
文化文明の源かもしれません、
≪  錦を着て、憂いを持てることこそが、
    幸福の極みである  ≫
かもしれません。

  現代日本人は、もう、意外に、
味会っているかもしれません。
もう、≪  錦  ≫は、いい、
あんまり必要じゃないと、
思ってられる方々の
 < 嵐山  観音菩薩会 >
で、ございます。

  完全に、いらない、でなく、
あんまり、いらない、でいいと存知ます。
ガチガチに、考えてよくないのは、
皆さまも、よく御存じの事と思います。

 また、一年間無料パス< 5000円 >
の助言もいただきました。
これを、会員券としても、いいですね。( 笑 )
御意見、御助言を、
お願い申し上げます。

             つづき  ます

  面白くもない、駄弁です
             残月    合掌

追伸、 ここ2、3日 夏ばて です。
     坐禅を、きちんと、しなくては。( 笑 )

< 一日 しあわせを 感じられますように >

< 清き光よ  この世に  満ち満ちよ  >

< まちがい  てちがい  かんちがい
     を  あまり  しません ように  >

< 御病気・御ケガの( なかま )の、
     一日でも  お早い
         ご回復を   >

  遅くなりました、失礼いたします。

8月25日(日) 嵐山心学・ 嵐山 観音菩薩会

 メールの問い合わせからです。
個人的にも、御答へいたしますが、
寺院・愚僧に、とりましても大切なので、
また、拙ブログの基底でありますので、
語らせていただきます。

 京都・嵐山大悲閣・千光寺という
仏教寺院を< 活かしたい >という
気持ちです。  また、愚僧が、青春時代
から苦悩しながら人生を模索してきた事を
も< 活かしたい >という思いから、
「  嵐山心学  」
「  嵐山 観音菩薩会  」
の、旗揚げを、致したく存じています。

( 以前のブログで、御話していました )
( 御関心をいただき、ありがとうございます )
( まだ、進んでいませんのです )
( このブログと、
( 第一日曜日、13時からの読経・法話です )
(今秋は、9月1日 10月6日 11月3日です)

 おそらく、京都でも何百の会があり、
全国では、何千何万の会が、ある事で
しょう。
 いい精神修養団体も、数えたらきりが
ないです。( 笑 )

 しかし、寺院の役割・僧侶の使命として
現代世界社会において、< 発奮 >
( はっぷん )( 覚悟をもって、気合いを
こめて )( 命がけの情熱・熱意 )
しなければ、ならないと、思いつつ精進
しているつもりですが、     まだまだ
日常に、おわれてしまっています。( 反省 )
( 大反省 )( しかし、御盆がおわった
ばかりです。  笑  )

 また、このことが、寺院の存在意義を
高め、寺院存続のための経済基盤の確立
になることは、明白でございます。

 多くの方々の、お役に立ててこそ、
寺院・僧侶の役割・意味はあるので
より真剣に、精進努力いたす所存に
ございます。

  どうか、皆さま、御協力お願い
申し上げます。 明日、内容について、
お話したく存じます。  どうか、御意見、
アドバイスございましたら、平に御指導
のほど、お願い申し上げます。

        つづき ます。

  駄弁ながら     残月   合掌

< 一日  しあわせで  ございますよう >

< 清き光が  満ち満ち溢れ  ますよう  >

< 悲しみ 苦しみが  へりますように  >

< すべて、粗末にされません、ように  >

< 心も体も  健康でありますように  >
< 社会も 世界も  健康でありますように >

<  病気になっても  よく休養し
       治療して 回復しますように  >

< つとめを、きちんと、はたせますように >

<  残暑に  負けませぬように  >

    走りつつ 失礼いたします。