2月6日(木) 先人のことば( 節分 3 )

      「  仁  」  の   心
    まさに、 自分勝手でなく、
          わがままでなく、
          自分の都合だけでなく、

          だれかと、共に
          だれかを、気にかけて
          だれかを、思いやって
    
        みんなの事を、心配しながら
        みんなの事を、気にしながら
        みんなの事を、思いながら
          
     生きていこうとして、こそ
     生活していこうとして、こそ
     生存していこうとして、こそ
     生命をたもとうとして、こそ

      「  道  」( みち ) という、
  まさに、  普遍( ふへん )という、
         だれにでも、あてはまり、
         いつでも、あてはまり
         どこでも、あてはまる、
         < なにか > を

         もとめざるおえなく、なります。

         あれは あれでなく、
         これは これでなく
         あの人は  あの人でなく
         この人は  この人でなく

         『  人  』
         『  時  』
         『  所  』 を ( から )

         ぶっこえた< なにか > を
         超越した< なにか > を
         縛られない< なにか > を
         自由な< なにか > を

         求めざるおえなく、なります。

         この事を、
         『  道 を  求める  』 と
         表現することが、
         できると存じます。

         『  仁  』 と 『  道  』 は
         一つで、ございます。

         やさしさを、自信をもって、
         さわやかに、明るく、実行できる
         ように、なれる事ではなかろうかと
         存知ます。

         『  道  』 をもててこそ、
         人間の理想である、
         愛の人、
         慈愛の人
         慈悲の人
         になれるのでございます。

         みなさま、 共に、
        『 道 』 を 求めていこうでは
         ございませんか ?

    駄弁ながら 敬 と 愛 をこめて
                 残月   合掌

  <   個人主義
      利己主義
      エゴイズム
      刹那主義
      快楽主義
      虚無主義

      に、 落ちないように
      落ちても、
      はい上がれます。

      ここには、
     「 安心も幸福も 」 無から。
              ( 微笑 )( 苦笑 ) >

   失礼いたします。 バタバタ。( 笑 )
    

2月5日(水)  先人のことば( 節分 2 )

    お  に  は  そ  と

    遠  仁  者  疎  道

  「  仁 に 遠いものは  道  に 気づかない 」

    ふ  く  は  う  ち

    不  苦  者  迂  智

  「  苦 せざるものは  智  が  出てこない  」

    ・  『  仁  と   道  』    の関係です

    ・  『  苦  と   智  』    の関係です

     つまり

    ・  他の人の事を   思いやる
                  心配する
                  気にかける、
        という『 仁 』 の 心 について。

    ・  理想と現実
       言葉と行為
       心と身体
       自分と他人
       社会と仕事
       、、、、、、、、、、、
       、、、、、、、、、、
       あらゆる  不一致を
              不和を
       『  苦  』 と 思うか
                 感じるか
                 悩みきれるか
                 たたかえるか
                 放置しないか
          
       「 苦 」 を 「 苦 」 と
           思えることの
              人生における
                大切さ。

          つづき  ます。

  駄弁ながら、敬 と 愛 をこめて
              残月   合掌

<   昨日 の 訂正です。

    2月4日は、旧1月5日でした。

    申し訳ございませんでした。   

    正月節 を 元旦と勘違い
    いたしました。おゆるしを。     >

<  まちがい  てちがい  かんちがい
      を  あまりしませんように。
          ( 大笑い )( 反省 )   >

    飛びつつ  失礼いたします。

2月4日(火)  先人の ことば ( 節分 )

    昨日は、節分でした。

   『  鬼は外  福は内  』

 「  お に は そ と
  遠  仁  者  疎  道  」

 「  ふ く は う ち

  不  苦  者  迂  智  」

   上記の 当て字 は
  どう解釈 したら いいのでしょうか ?

    おもしろい 先人の 言葉・
  知恵で  ございます。
  クイズです  考えてみてください。

 御存じかも知れませんが、
    道友のみなさま方へ、敬と愛をこめて

             残月   合掌

<  本日  2月4日 が
        旧正月、元旦
        正月節

   まさに
        立春大吉

      おめでとうございます

     この文字を読んでくださって
     らっしゃるお方、御仁は、
     尊い 道友で ございます。

     ありがとうございます。

     この、むずかしくも
         とうとい人生を
         ともに、
         さわやかに
         ちからつよく
         やさしく

         生き抜こうでは
         ございませんか。

      尊く ありがたい 道友さま 。   >

            失礼いたします。

2月3日(月) 「 考え・信じ・行う 」 8

『  本当は  風を感じて  祈るだけ
     この世の光   胸にいだきて  』

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

「  疑いを  いだきてこの世  生きれない
     考えつくせ   愛するために   」

「  信じ切る  愛をつくして  信じ切る
     信じる人に  君ボクはない   」

「  ねるおきる  くうにトイレに  あとはなに
     たべものひろう  りょうてでうけよ  」

「  おす と めす  いん と よう なる  このよかな
     おう・とつ むすび  すすみながれる   」

「  老幼を  まもりとうして  人の世ぞ
        愛をつくして  考えつくせ    」

「  病気です  事故に事件に  争いだ
       なかま皆で  助けるよき世    」
         ( こわがるな 人を信ぜよ )

「  世はすすみ   金(きん)をうみだし  はんえいす
      いかしつくせよ  金(きん)の尊さ  」

「  行いは  自他の境( さかい )を   消すことさ
      愛の行い  信の成立   」

「  信あれば   心は静か   うれいなし
      そして明日は  
          考えすすむ  」

                つづき   ます

 駄歌なれど  敬と愛をこめて
              残月     合掌

<   1月で  愚僧にとり
    大きな仕事を ニつ終えたつもりです。
     まだ、懸案の大きいのが、三つ。

     新規も、はじまります。

     懸案事項、御待ちの方々、
     すみませんです。
     仕事が おそいです。
     御許しください。
     独り言です、愚痴なり。( 恥 )
     思い、届かず ( 苦笑 )        >

<  反省ばかりです、おゆるしを    >

<  よき一日で  ございますように  >

    飛びつつ  失礼いたします。

2月2日(日) 「 考え・信じ・行う  」  7

    「  感じる  」 ことも  大切です。
    「  祈る  」 ことも  大切です。
、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    『   感じること   』

    『   考えること   』

    『   信じること   』

    『   行うこと   』

    『   祈ること   』

1  (  しあわせ  )を 感じたい。、、、
2  考えること、は無い。 工夫のみ、、、
3  信じる 状態。 
      何を、根本を・理想を。
4  行う。 勇気をもって。
5  祈り ます、 ただ。 
     あきらめないために。

 「   感じます 
       あなたの愛を
          感じます
            あなたドンドン
                大きくなるよ    」

 「   考える
        愛をこめつつ
            考える
               疑いなくせ
                 考えつくせ   」
                   

 「   信じます
         ただ信じます
             信じます
                 疑いません
            あなた( すべて )の愛を  」

 「   行うぞ
        ただ行うぞ
           実行だ
              感じるままに
                 信じることを    」

 「   祈ります
        ただ祈ります
             祈ります
                 あなたのために
                     すべてのために 」

                つづき   ます

       ( あなた )と( すべて )の関係です。

  駄弁駄歌なれど、
        つよく・やさしく・さわやかに、
            生き抜く ために。

                  残月   合掌

<   土・日 は だんだん
      行事が 増えてきます
        春 なの でしょうか ?
            ( 微笑 )   >

   飛びながら 失礼いたします
        
        
                  

2月1日(土)  考え・信じ・行う   6

   映画 「 ハンナ・アーレント 」 の 
 1 から 5 は、
「  考え・信じ・行う  」 の、1 から 5 と
整理して、かんがえを進めて行きたく存じます。

   2月から、春の気配が、感じられますが、
北の方では、雪でございますでしょう。

 『  細胞の初期化による
  病気治療の 可能性   』

 が、すばらしく
 数年前から、話題になっています。

  愚僧は、仏教を、

 『  心  の 初期化による
  苦悩克服の 可能性   』

  とも、表現できるのではないだろうか?
  思ったり しています。
  ( 成熟化 かな ? )

  日常においては、
  まさに 「 初心 、忘るべからず  」で
  ございます。
  このごろ、よく思います。
  「  いくつに なっても はじめての事ばかり  」 と。
  つまり、
  「  いくつに  なっても  びっくり ばかり  」( 笑 )

    ところで、
    昨日の つづき  です。
<  やさしい意識・ やさしい心・やさしい光  >
  に、つつまれて いる、
    まもられて いる、
    何故か しらないけども、
    実感している
    心の 状態 が。

   小生にとっての
   「  仏さま  神さま  を 信じている  」
   ことかも しれません。
   ただ  ありがたや  ありがたや。

   『 存在している事 』 だけで、
   喜びと 感謝の思い で いっぱいになり、

   なにか、全てのために、しなくてはならないと
   いう、思いにかられます。( よけいな事 微笑 )

    ゴメン、「 ぼだいさった 道玉 」 さまへの
    答えでは ございません。(  メール いただいてます )

                    つづき   ます

 駄弁ながら  敬と愛を こめて
                    残月  合掌

 <   「 さとり 」
      「  理想 の 心の状態 」を

      『  すべてを  愛し
         すべてに  愛される気持ち  』

      と、おっしゃられた
      先人が いました。

      おもしろい。
      すばらしい。
      原点と したい、です。   >

  またしても、飛びながら、失礼いたします。

1月31日(金) 映画「 ハンナ・アーレント 」 5

    「  信じること  の   すばらしさ  」

 ところで、いったい、小生は何を、
どのように、信じているの でしょうか?

   人間を 信じている。
「 どなたも、いい人間に、なりたい 」 と

「 どなたも、本来、善意の塊( かたまり )で ある 」 と

「 どなたの 心 は 同じで ある。
        思いは 異なる。

  ( 思い )を同じに、しょうとするのは、
  個人の 傲慢( ごうまん )である。

  ( 心 )は同じである、
        目的・方向を同じにすれば、
        個性を活かしつつ、
        いい仕事ができる。        」

「  全ては、変わって行く。
   私たちは、できるだけ、いい方向へ
   向き向かっていくだけ。    」

「  全ては、善も悪も、消えて行く。
       悪が 生じても
           そう 苦しむな。
            正面から 向かえ。
              逃げるな。

       善が 生じても
           そう たのしむな。
             感謝で むかえ。
               とどまるな。    」

「  善悪・損得・病気・事故・争い・失敗・あやまち
       成功・健康・安定・安心、、、、

      全て 受け入れ
      全て 活かすべし
   
      とどまる べからず。
         悪にも、
          当然 善にも 。  」

「  安心・安定 を もとめている  」

「  たがいの 幸福を 願っている 」

「  個人は 無い。
   あらゆる 条件により
   あらゆる 要因により
      ( 我 )は、作られる。
   ( 我 ) そのものに、
     罪はない。
   ( 「 罪を 憎んで、人を憎まず 」 であり

     「 人を 憎んで、罪を憎まず 」 でない。 」
           ( 微笑 )( 笑えない )

「  あらゆる  被害者意識
   あらゆる  加害者意識 は 消えて

   からっぽ の 
   < やさしい意識・こころ > になれる。

   極端な   損得意識も
   人を計る  ものさし意識も
   人を色わける  好き嫌い意識も
     減って行き、
       <  やさしい意識・こころ >に
          なりたいし、
             なれるものである。    」

 「  神 を 信じる とは   ?

    仏 を 信じる とは   ?   」

           つづき    ます

 駄弁ながら  敬 と 愛 をこめて
               残月    合掌

<   お日さま と ともに
          行動し

     お月さま と ともに
          思考する。

     お日さま下(もと) の思考は
          ( うたがい )を 生じ
             ( おこない )できず。

     お月さま下(もと) の行動は
           ( つかれ )が 生じ
              ( おもい ) すすまず。

    「  ひるま は  実行あるのみ  」  >

<  いい 一日で  ございますように  >

  飛びつつ  失礼いたします。

1月30日(木) 映画「 ハンナ・アーレント 」 4

  「  さあ君よ  考える事  だめですよ
       ただひたすらに  信じなさい

     そうですよ   ただひたすらに  信じなさい
        信じるものが   救われる

     無理ですよ  下手の考え  休むに似たり
        自分の頭   使う価値なし

     命令を   信じひたすら  実行さ
        判断すべて   上にまかせろ

     結果など  気にすることは  ありません
        実行ですよ   後はまかせて

   
     頭捨て  心捨てたら   完璧だ
        有能ですぞ   高給ですぞ

     頭捨て  心捨てたら  次はあれ
        体も捨てよ  すばらしきかな

    そうですぞ   次なる高み  ございます
        魂ですぞ   捨ててしまえよ       」

    <  考えること  信じること  >の考察の
   一つとして、信じる事の、恐ろしさ・危うさ・を
      駄歌に  してみました。

    皆さまも、考えてみてくださいませ。

    「  信じること  の  すばらしさ  」は
    またに  いたします。

                つづき   ます

駄歌なれど、敬と愛をこめて
              残月    合掌

<    感じること
     思うこと
   「 考えること 」
     判断すること
     行うこと。

     感じること
     思うこと
   「 知ること
     学ぶこと 」
     判断すること
     行うこと。

     感じること
     思うこと
   『 信じること 』
     判断すること
     行うこと。      >

<   この世から、
   悲しみ・苦しみ
   傷みが、
   すこしでも、
   減りますように。

   絶望する人が
   いませんように。

   神よ 仏よ
   全てを
   お守りくださいませ。 >

   雨の朝です、
   失礼いたします。

        

1月29日(水) 映画「 ハンナ・アーレント 」 3

  「  ( 考える )  事など止めて  ただ実行
        よいよいよいぞ   働きものよ  」

  「   御苦労さん  ただ黙黙と  誠実に
         上司とともに  仕事するなり  」

  「  結果など  我は関せず  ただ今を
        力をこめて   生きるなり     」

  
  「  ( 考える )  ( うたがう )なかれ
          さあ 走れ
        どこへ向かうか  知らずともよし  」

  「  効率だ  利益をあげよ  生きるため
       死んでもよいか  やめてもらうぞ  」

    よい集団・よい組織・よい企業・よい職場、、、
    よい代表・よい上司・よい先生・よい先輩、、、
    よい理念・よい理想・よい目的・よい目標、、、

        の中で、仕事ができたら
        どんなに、人間は幸福でしょう。。。

    「  よい ・ 善さ  」
    見きわめが、むずかしいです。
    そこで、( 考え )( 学び )が、
    必要となるのでしょう。

    
   『 考えること 』 と 『 信じること 』
   『 感じること 』 と 『 行うこと 』
   を、きちんと 整理・思考・考えたいと存じます。

   明るく、さわやかに、力強く、やさしく、
   生きるたまに。( むずかしい、大笑い )
   (  できないぞ、 この複雑な
        現代社会に おいて、微笑  )

   でも、やらねばならない。
        ( 小生・愚僧 がです 、微笑 )

 駄弁ながら、敬 と 愛 をこめて
               残月    合掌

<   個人的な事です。
       学校で、先生を 選びます。
       どの先生を、尊敬し、信じ、
       学ぶか ?
       大問題です。( 小さい事ですが、、 )
               ( 微笑 )
       たくさんいらっしゃる
       立派な先生方の中で、
       小生が、御願いしたのは、

       「  考えるだけの 人 でなく 、
          信じるだけの 人 でなく、
          行うだけの 人 でなく、

          考え、信じ、行う 人を、
          先生と、させていただきました。

          困難な事です。
          理想と現実の、たたかいを
          生き抜く人、先生、です。

                つづき  ます   >

       走りつつ   失礼いたします。
       
                

1月28日(火) 映画「 ハンナ・アーレント 」 2

   昨日、姉に注意されました。

 「  いったい、どういった 映画なの ?
  知らないし、観ることもできないよ。 」

   そうです、ごもっともでございます。

 昨日の 『 駄歌の世界 』 でございます。
映画の舞台は、ヨーロッパ・アメリカ・イスラエル
で、ございましたが、
 日本でも、いつの時代でも、いかなる場所でも
人間が生きている限り、必ず、起きる問題・
起きてる問題で
ございます。

   人間( わたしたち )
      ( ボク  アナタ  カレ カノジョ )
      ( あのオカタ  あのセンセイ 
        あのセンパイ あのジョウシ
        あのコウハイ  シンセキ など )の
      弱さというか ?

   人間の 利己心の、悪の部分というか ?
   人間の 保身の、悪い部分というか ?
   人間の 全体を 気にしないという点とか ?
   人間の 身勝手さ というか ?
   人間の 自分さえ よければ、という気持ち。
   人間の 自分の身内さえ よければ、、 ?

 人間は、人類は、失敗をくりかえしている。
どうしたら、
もう、止める事が、できるのか ?

  小生、微力ながら、模索しつづけています。
この映画は、解決にむけて進む、力・エネルギーを
くれる、ような気がいたします。

   しかしながら、
組織・集団における、
『 権力 』 『 権威 』 の 暴力・横暴 は

どこにでも、あり、よく、見聞きいたします。
男性のみならず、女性も多いです。

悪い人間の「 性( さが ) 」「 クセ 」
で、ございます。
  
個人的な 克服は 「  修行 学習 、、、 」
などですが、、、

社会としての 問題です。

                つづき    ます

駄弁ながら よき社会・組織を
      作るために。 敬と愛をこめて。
                 残月   合掌

<  この世から  かなしみ  くるしさ
     が へって行きますように  >

    走りつつ     失礼いたします。