5-5 なかま  < 7 >  弁財天女さま

     昨日の夕刻より、一晩中、読経している人がいます。
   弁財天女さまへの、信仰者でもある、浄土宗の僧侶です。
 嵐山・大悲閣の< 弁天さま >を、大切にしてくださっています。
 有難い事でございます。 ありがとうございます。
   
     平成25年は、< 巳 ・ み ・ へび >年です。
    この5月が、< 巳 ( み ) >の月だそうです。
  < 弁天さま >の御使いが、< へび >だそうです。
 
   <  巳年巳月( みのとし みのつき ) >に、
  御読経してくださる、という事でございます。  ご自身の御修行と
  大悲閣( 観音堂 )つまり、千光寺の本堂の再建のため、そして、
  皆さま方のためでございます。
     <  勝頼  道玉  さま  >
    ありがとうございます。   ありがとうございます。

    日本古来の、農耕神であられます< 宇賀神将 うがしんしょう 様 >も、
  < 龍神さま >< 御水神さま >も、< 巳 ・へび >を、
  大切にします。
     角倉 了以様が、川の御仕事・海での御仕事に、挑まれそして成就
  達成なさられたので、< 龍神の子 >ととも言われてました。
  実際に、10年ほど前、中学生のボランテア数名と、境内の一角で、
  < 龍神さま >の石碑を発掘もしました。  ( なんと、まーです )
    大悲閣は、観音さまと共に、< 弁天さま >< 龍神さま >を
  大切にお守りしていく所存にございます。  ご協力のほど、
  宜しくお願い申しあげます。

       本堂に、あられます< 弁天さま >は、
   秀吉公が築かれました< 伏見城に御鎮座 >なさられていたそうです。
    江戸時代からお祀りなさられていた方が、明治時代に大悲閣に
   お運びくださったとのことです。
     その御方が、聞いたそうです。
       「  どうしても  嵐山に  行きたい  」
     その御方は、見たそうです。
       (  光が・白龍が、   伏見から  嵐山へ向かうのを  )

      その頃の寺は、幕末維新・廃仏棄釈つまり、
    社会体制の激変そして、仏教なんか古臭いやめようぜ、
    世の中の寺院の、仏像・塔・梵鐘・絵画・道具・建物・
    そして、ついに、境内地( 土地 )まで、売買されるように
    なった時代でした。
       大悲閣も、梵鐘どころか境内地まで失いながら、
    一人の禅僧が、廃寺に抵抗していたそうです。 皆に
   めちゃくちゃに、いわれながらの守護です。( 今も、一部そうか、つらいなー、・・)
       まさに、この頃、
      < 弁財天女さま >が、御鎮座なさられたそうです。
    それから、昨年12月にお話しさせていただいたように、
    境内の中心部を、裁判などもなしながら、どうにか、確保することができたそうです。
       戒岳老師さま、150年後も、劣孫ながら道忠、
     毎日、皆とともに、精進いたしてございます。
          どうか、何卒、おまもりくださいませ。

        またしても、
      駄弁を弄してしまいました。
      ある、人を守ってくださる、何かのために。

                         残月       合掌

       <  みなさまが   しあわせな  一日でありますように  >
       <  この世の中から   悲しみ・苦しみ が無くなりますように  >
       <  全ての人も、物も、  粗末  されませんように  >
       <  清き光が  満ち溢れますように  >
       <  不平・不服・不満で  自分と自分以外の方々を  苦しめないように  >

       <  日々の  ( つとめ ) きちんとできます ように  >

       <  御病気の方々の   一日でも早い   御回復を > 

                                             失礼いたします

   

5-4 言葉から  < 3 >

      「  ある一瞬を   永遠と   観る   」

      「  ある一つに   全てを   観る   」

   そして、< ある一瞬の  積み重なり  >が、人生かもしれない。
   そして、< ある一つの  積み重なり  >が、人生かもしれない。

   そして、< 一瞬 >< 一つ >も、
        結局のところ、
        < 自分 >< わたし >< 我 >< 己(おのれ) >
         が、つかむものだから、
        < 自分 ><・・・・・・・・>の、
         (  純粋さ  )が一番、重要になります。

         また、ここで、
         (  純粋さ  )とは何か? が問題になりますが、
         次の機会に、させてもらうとして、
         以前、お話した大切な(  純熟(じゅん じゅく) )という、
         言葉を、概念を、頭の片隅に大切に置いてて、くださいませ。

           食品によくある< 熟成 >みたいな事です。( 笑 )
         ここでいう( 純粋さ )を、たもっていると・守っていると・
         日常生活の中で、(  ある 志・ こころざし  )を、
         忘れないでいると、
         自利だけに、走らないでいると、
         貴重な日々を、丁寧に味合いながら、
         自分の( 時 )を、いただいて受けていると、
         私の中の( 何か )が、自然と無理なく、
         変化するであろう、という希望的観測です。 ( 大笑 )
           この事こそ、信じるほか、ございません。 ( 笑 )
         < 自分は、よくなるであろう・ 成長するであろう >
         < 自分に、何かを、加えるのでなく ・ また、
                何かを、減らすのでもなく、
                心の奥底にある「 純にして一なるもの 」を
                磨(みが)くのみ  > です。

            ( 磨 みがく )とは、どういう事なのか?
          日常生活の中で、丁寧な日々の行いを重ねながら、
          考えていきたいもので、ございます。

             (  増えた ・  減った ) と  楽しみながら、
             (  増えた ・  減った ) と  悲しみながら、
             (  増えた ・  減った ) を  味合いながら、
             (  増えた ・  減った ) に  左右されない、
             < 自分 >を つくり・もち・なりたい ものでございます。
          何のために、
             (  増えた ・  減った ) を  活かすために。
          何のために、
              それが < 命( いのち ) >だから。
              それが < 心( こころ )  >だから。

          何のために、  < 命 >は あるのであろうか?
          何のために、  < 心 >は あるのであろうか?
          何のために、  < 自分 >は、あるのであろうか?

              笑いながら、考えていきましょう。
              活かしながら、考えていきましょう。

              怠慢( たいまん )なまけは、愚考です。( 大笑 )
              ( 分かるわけない )は、( なまけ )です。( 大笑 )
              ( いつか、わかるさ )は、( なまけ )です。( 大笑 )
              ( あらゆる ことを  活かさない )は、
                     100点満点の、( なまけ )です。( 大笑 )

                  お互いに、気をつけて、歩きたいものでございます。

        駄弁です、楽しく生きるために。
                    残月         合掌

             <  しあわせ で  ございますよう  >
             <  清き光が  満ち溢れ ますように  >
             <  苦しみ ・ 悲しみ  が無くなりますように >
             <  日々の ( つとめ )を 忘れぬように  >
             <  とくに、病の方々が、治癒されますように  >

                          失礼いたします。 

5-3 言葉から  < 2 >

      寒い日々です。
  北海道は、雪がまだまだ降るみたいですね。
熊本は、暖かいですか ?  5月というのに、つらいです。

  「  一瞬を  永遠に  変える   」

    という言葉について。

   すばらしい。
  一瞬・一瞬を  永遠として  生きていけたら、
  何も、いらないのでは、ないでしょうか?
  幸福感が、いつも、持てそうな気がいたします。

    上の言葉は、ある絵画展の案内でしょうか。
  芸術といはれる事柄は、こういう事を、求めているのでしょう。
  < 美 >の世界。

    宗教の世界も、同じような気がいたします。
  人間の心から、生みだされるから、同じで当然なのでしょうか。

    産業・実業・経済の世界も、
  同じことを、求めていると存知ますが、
  芸術・宗教に、比べて、見えにくいですね。
  単位が、基準が、大きく・複雑で、実現にかかる時間が長い。
  個人の問題で、すまないですね。  大仕事です。
    社会的仕事は、全て、そのような事柄だと存知ます。
  政治など、哲学・歴史も含まれて、まず、理解することが
  大切な要素に、なってまいります。
    むずかしい。
  混乱・混沌・混迷・・・・・でも、投げ出したくない。
                 でも、あきらめたくない。
    むずかしさ・ややこしさに、 くじけたくないものです。

      ここで、小さい事ながら、
   「 一瞬を  永遠とした  世界  」である、
   本当の意味の< 芸術 >< 宗教 >という、
  < 心の世界 >が、どなたにも必要になってくるのかもしれない。
  < 美 >< 真 >< 善 >< 聖 >のような。

   < 混乱の世界 >に、負かされぬように。 ( 笑 )

      ・  花 一輪    思い無きまま   そこに在り

       駄弁です        残月      合掌

     <  みなさま方が  しあわせで   ありますように  >
     <  あらゆる存在が  大切に  されますように  >
     <  逆境の方々  神仏に祈りつつ   自分のできる事を  >

                         失礼いたします

5-2 言葉から ( 時々です )

     以前、新聞で見かけました言葉、
  「  旅人は  死なない  」を、心にとめながら、
  < 空 >< 我 >< 死 >について、
  ごいっしょに考えたような気がいたします。

 
   < 死 >の( 不安 ・ 恐怖 )は、
   < 我 >の消滅に対する事だから、
   ( いい・わるい )
   ( 善悪・損得・美醜・強弱・男女・老若・・・)
   という< 我 >の根源から、
   少しでも離れると、
   つまり、
   時々< 空 >に親しむと、
   < 無我 >を、時々、味会っていると、
   < 我 >の消滅・< 死 >は、
   < 無我 >に、似ているから、
   ( 不安 ・ 恐怖 )を、
   少しづつ克服できるかもしれない。

   東洋思想の一つの極地は、
   < 無生 ( むしょう ) >まで行き着く。
   あくまで、個人的な事に限定されますが、
  ( 一切・全て、ととのう・かいけつ )という。
  体得は、大困難。  愚僧、挑戦。( 大笑 )
     
    江戸時代の日本人は、
   < 不生 ( ふしょう ) >でよい、といっています。
   < 不生で、すべて  ととのう  >
   すばらしい。
   般若心経にでてまいります< 不生 不滅 >です。
            このことは、また・・。
           御いっしょに、考えてくださいませ、皆さま。(笑)

    
     ( まえがき )が、とても長くなってしまいました。
   とても、重要な事柄なので、重複・反復をおそれず、
   ( 更新 )という用語をたてに、
   駄弁を弄させてもらいました。( 笑 )

       今日の言葉
    「  一瞬を  永遠に  変える  」
       
        すばらしい。
       芸術関係の文章から、案内からです。
            明日の、つもりです。

     駄弁です、楽しく・やさしく・ 生きるために。
                   残月     合掌

      <  よりよい  御一日で  ございますよう  >
      <  清い光が   満ち溢れ  ますように  >
      <  苦しみ・悲しみ が少しでも 無くなりますように >
      <  あらゆる存在が  粗末に されませんように  >

      <  小さいながら 己( おのれ )を尽くせますように >
      <  大きな、あやまちを、しでかさないように(愚僧が) >

                    失礼いたします。

5-1 なかま  < 6  >  先生・師匠

     新緑が、とても、美しい。
  川沿いの風が、( しあわせ )を、
  奏でているような気がいたします。

   < 嵐峡( らんきょう )や
        新緑薫風( くんぷう )
           満ち溢れ
         野猿野鳥の
            閑寂( かんじゃく )世界 >

   ・    我・我・我・我・・・・・という私たちの世界において、
     ( なかま )の大切さは、いうまでもございませんが、また、
     ( せんせい )の重要さも、忘れてはならない事でございます。

        よい( なかま )
        よい( せんせい )、
      この言葉を、頭に浮かべるだけで、
      涙が、でそうになってきます。( 笑 )
      < 色々な事を、教えていただいた。 >
      ありがたさで、気持ちはいっぱいです。

         よい( なかま )に、やさしさと愛情
         よい( せんせい )に、親しみと尊敬

    ・   愛情も尊敬も、幻( まぼろし )かもしれない。
      でも本気・衷心( 心の底 )からの、
      < 愛情 >< 尊敬 >の念・思いが、
      1番人間を育ててくれるような気が致します。
      1番、< 育ち合える >気がいたします。

             すべて、
           まぼろし( 幻 )かもしれない、
        真実の幻であるような、いや< 真幻 >でないでしょうか?
        完全な矛盾。  でも、 すばらしい< 真幻 >。( 大笑 )
             
                      つづく

           駄弁です         残月      合掌

       <  よりよい   御一日で   ございますように  >
       <  清らかな光が    満ちあふれますように  >
       <  苦しみと悲しむことが  少なくなりますように  >

4-30 なかま < 5 >   大阪にて、感じる・

    駅の構内のみの、見聞ですが、
 ( なんと、すごい世界だなー )と、痛感いたしました。
 自然中心の生活から見ると、まさに、( 人間の< 知恵と技術 >の
 < かたまり >だなー、10万年の人類の営為の、
 < 精華 ・成果 >なのだろうなー )と感じました。
  
   京都の世界で、嵐山 大悲閣が、< ピンポン玉 >くらい、(笑)
  としましたら、大阪をふくめた世界から見れば、< 針の穴 >くらいか?
  いや、見えないぞ(笑)、などと、反省させられました。

   たくさんの方々・皆さんが、行き交っています。
 (  花の世の   花のようなる  人ばかり  )  ( どなたの句 ? )

     18歳くらいのとき、はじめて、首都東京を歩きました。
   見知らぬ土地・知らない人ばかり、
   地下街の通路で、いいようもない、< 孤独 >< 不安 >を
   感じました。
     ふと、思いました。
  < 自分は、自分の事ばかり、考えて歩いているから、よくないのだ。 >
   そして、胸のポケットの中に、1000円札を折りたたんで、いれました。
  <  こまっている人が、いたら、コレを渡そう  >
   不思議なことに、このように心をきめたら、とても気分が楽になりました。
  その瞬間が、 30年以上たつのに、鮮明に頭の中に、浮かんできます。

     駄弁に、なっています。   すみません。

     いい五島人会でした。
   高校の先輩、それも1番の出世頭の御夫婦に、よくしていただきました。
   ありがとうございました。  同じテーブルの方々が中心になりがち(宿命)
   でしたが、色々な故郷の先輩方とお話しでき、有意義な時間をもつことが
   できました。  ほとんどの方々が、小生よりも年長でした。
     物産の品々もあり、うれしく存じました。

      五島のため、
      長崎のため、
      九州のため、
      京都のため、
      日本のため、
      東洋のため、
      世界のため、
      宇宙のため、
          すこしでも、お役にたてるように、なりたいもので
          ございます。

         
          駄弁と覚悟       残月      合掌

      < この世に、  病院・刑務所 の必要が   無くなりますように >

4-29     なかま < 4 > 関西 五島人会

    昨日は、私事ながら、「 なかま < 3 > 」のつもりでした。
  本日も、個人的すぎますが、「 なかま < 4 > 」とさせていただきます。(笑)

   ( なかま )がいれば、いい・悪いと、いうことではございません。
 世の中、いい( なかま )あれば、悪い( なかま )もある、という事は、
 どなたも、御経験済みのことと存じます。( 笑 )

   小生も、禅僧の端くれ、「 天と地の間に  我(われ)一人 」の心境も、
 ございますが、この気持ちを実感すれば・するほど、
  他者の、 一笑、一語、などが、心に染み込んでまいります。
 すると、他者と我( 自分 )の、区別が薄れてくるようです。

   おシャカさまの言葉といはれる
  「 唯我  独尊  ( ゆいが  どくそん ) 」
  「 ただ 我  のみが  尊( とうと )い  」は、

      個人主義の悪い点でなく、
      醜悪なエゴの表現でもなく、
      人間讃歌の御言葉とも、いただけます。
    < 我 >をもつ人間そのものは、
    苦悩するものである、
    しかし、自分中心でない< 我 >を、
    自覚・保持できれば、
    歓喜・幸福になれる、と断言しているように、
    思えてなれません。

      「 自分中心でない<我> 」とは何でしょうか?
    以前の<梵>か、・・・・・・・・・
    どのような表現でも可能でございますね。
    でも何か?
    人間の幸福の根源を、育むものは、何か?・・・・・・・。

        ・ 悪しき( なかま )にならないように
       するために、良い言葉を思い出しました。
       このように、なりやすい
       このように、なって当然、
       でも、注意したいものでございます。
       ( なかま )の世界が、小さくなってしまうから。

          「  友情は、社会を、< みくだし >
             恋愛は、社会を、< みすてる > 」。

     ・   本日、数年ぶりに、< 関西 五島人会 >に出席してきます。
       大阪です。 ほとんど、恥ずかしながら、知らない都市です。
       嵐山のためにも、大阪進出です。 ( 大笑 )
     ・  小生は、長崎県・五島列島出身です。
          ( 記入、漏れになるところ、でした。 )( 笑 ) 

            駄弁です       残月      合掌

       <  よりよき  御一日で  ございますよう  >
       <  清き光が  あふれ  いきわたり ますよう  >
       <  苦しい人が  楽しくなりますように  > 

4-28 角倉 了以 翁・・400年忌にむけて

    角倉 了以 ( すみのくら  りょうい )翁の
お亡くなりになられて、399年目・400年忌が、間近にせまって、
まいりました。   日ごろの怠慢のせいか、まだまだ、なすべき
基本的な事が多く残っていて、気が抜けません。 ( 笑 )

   ・ 三柴 元 大居士
   ・ 五十鈴 大姉
   ・ 節子 大姉

      上記の御三人の< 御いのち >
                < 御こころ >
                < 御たま >( みたま )
      まさに有難き、< 結びつき >でございます。
      なんという、< おめぐみ >でしょうか。
      御三人なくして、< 事 >は進みませんでした。
        神さま・仏さま・おおくの方々・あらゆる存在に、
      心より、感謝申し上げます。

      「 本当か?  証( あかし )をみせよ  」
      「  小生の< 命 >< 心 >< 魂 >を、
              捧げます。・・・・・・・
              ・・・・・・・・・・・・・・・    」( 笑 )( 笑えない )

    ・ 嵯峨 二尊院 42世 大僧正
    ・ 了以翁  15代 御子孫  吉田様
    ・ 角倉 御子孫         光彦様

        昨日も、貴重な御時間をいただき、
      5月12日の法要催しについて、相談・打ち合わせ
      させていただきました。
        本当に、ありがとうございます。
       御年長のみなさま方に、
     無礼な若僧が助けていただいて、おります。
        心より、感謝申し上げます。

       6人のお方と、時々、話題になりましたし、
      今でも、折にふれ、語りあう事がございます。

      「  50年後、450年忌は、
        この世には、誰も 居ないな ( 笑 ) 」

      「  きっと、だれかが、
        やってくれますよ。  必ず。 」
 
       「  私たちの時代に、できることを、
        きちんと、していこうでは  ございませんか 」

       「  100年後が、楽しみだ。 」 ( 元翁  道元居士)

         愚僧に対して
       「  客殿改修・境内整備・法要・・
         次は、本堂( 観音堂 )だぞ、
         終わりでないぞ、始まりだぞ。 」( 元翁 )
       「 はい 」 ( 笑えない )

    中間報告 と 感謝をこめて        残月    合掌

 <  あなた様が  よき  御一日( おんいちにち )でございますよう  >
 <  清き光が  みちあふれ  ますように   >  
          
         

    

4-27 仲間( なかま )  < 2 >

    おはようございます。
 今朝は、3時に目が覚めたので、
メールの返信を、いたしました。
ひと月後の返信では、( なかま )でなくなりますか? (笑)
 どうぞ、このような小生で、よろしければ、
メールお待ちいたしています。
( 問い合わせ )は、迅速・丁寧がモットーです。 ( 笑 )

  メールで、「  友人が、いない。
          さびしい ・ ひとり 、
          ひきこもる。

           友人の、いない人、という
           非難あり。  」

      その人でなく、この世の中です。
    ほんとうに、そうだとしたならば、
   「  世間は冷たいもの 」 でございます。

      でも、「  世間は 花園である 」。
    ほんとうに、むずかしい世の中です。
    < 非難・批判されて、当然 >の心境を
   もちたいもので、ございます。
      やはり、このことも、三点が大切。
   < 閑居 >( 坐・臥・歩・・・・)
   < 数息 >・
   < 正心 >( 今・ここ を 感謝できるように、工夫する。 )
           ( 工夫する・・・・心を 練る・ねる。  )
           ( 心をねる・・・・?・?考えてください・・)(笑)

      ある以前の総理大臣の奥様は、
     次の助言がなかったら、気が狂っていたと、
     どこかで語られていました。

   「  総理大臣になったら、誰もほめはしない、
     面でも、裏でも、批判・悪口ばかり、ですからね。
     ( 気持ちを、しっかりするのよ )  」 。

         友人の批判
         友人の助言
         友人は、花・木・風・・・・・・犬・馬・猫・・・
         友人は、月・星・お日さま・・・(  おお、この境地 よ )

          駄弁です、愛をこめて。    残月      合掌

     <  あなた様の  御一日が  よりよく  ございますように  >
     <  清らかな光に  つつまれますように  、 ともよ  >

4-26 仲間( なかま )  < 1 >

     我・我・我・我・我・・・・・・・・の世界において、
   仲間(なかま)ほど、ありがたいものは、ございません。
  ( 自分 )でないけれども、( 自分 )のようでもある、
  しかし、( 自分 )でない。 しかし、( 自分 )である。
  ・・・・・・   ・・・・・・    この くりかえし。

    固定して、見・考えることができない。
  このことを、< 空 >( くう )という言葉で表すが多いです。
  本来は、< 自由 >そのものでも、ございますが、
  固定的見解がなければ、( やさしさ ・ 愛 )がなければ、
  ( いい加減 ・ だらしなし )と言われたりします。 ( 笑 )( 大笑 )

     昨日話題の、私たちの日々生活である、
   < 執着と喪失 >という< 苦悩 >を、
   克服するために、
   強く生きぬくために、
  ( やさしさ ) ゆえの 悲しみに 耐えるために、
  < 空 >の一字が、あるのかもしれません。

  
    そして< 空 >こそ< 光 >である、と
   気づくために、人間は生きているのかも、しれません。
  「  あたたかい光( やさしさ )に、つつまれ、
   あたたかな光( やさしさ )を、あふれさせていく  」。

    そのために、
   我・我・我・我・・・・・・・・の世界において、
   仲間( なかま )を、< もつ・もてる・つくる・ひきつぐ・・・>ことの
   なんという大切さでしょう。

  <  よき友をもてり、汝、道に近し > ( 道とは、真理のこと )
                         ( 真理とは、全てを貫く何か )

          快晴や   友に会えねば   さびしけり   

                                  つづく

      駄弁です、友のため        残月      合掌

     < あなた様が  よりよき 御一日で  あられますように  >
     < あたたかな光が、 そそぎこまれます  ように   >