< 愛するために 、 信じる > ③

《  さとり  》 の 事を

《 理想の 精神状態 》

《 満足してる 心境 》

《 不平・ 不満・ 不服 が 無い 》

・・・・・・・・・・・ など、という 。

、、、、、、、、、、、、、、

別の 面白い 表現に、

《  愛し 愛される  》

え ?

なんだ ?

、、、、、、、、、、、、、、、、、

《  全てを  愛し

全てに  愛される 》

そんな、

ばか な こと ?

、、、、、、、、、、、、、、、、

《  全てを  敬( うやま )い

全てに 敬われる  》

なるほど、

しかし、

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

《  全てを  愛し

全てを  敬い

全てを  思い 》  なら

できる、 かも ( 大笑 )

、、、、、、、、、、、、、、、、

《  愛され

敬われ

思われる 》 ことは、

ありえない  ( 大笑 )

、、、、、、、、、、、、、、、

でも、

今、

蝉が 鳴いている。

《  ああ、 蝉が

愛して くれている 》 ( 爆笑 )

、、、、、、、、、、、、、、、、

バカ か ?

そうかも

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

《  全てを  愛し

全てに  愛される 》

とは、

ただ、 共存 かも しれない

、、、、、、、、、、、、、、

< 依存 >し合って

甘え合って、

では、ございません 。( 微笑 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

駄弁、 饒舌・蛇足 、多謝

されど、 敬と 愛と ともに

( あれ、 敬 と 愛 を 使ってる )

嵐山  残月 、 合掌

( 小生は 願ってます。

「 だれも みな

人生は 大変である

不平・不満・不服 だらけ かも

しれない

でも、ともに、

前向きに 生きて行きたい 」 と。

、、、、、、、、、、、、、、

そのための、

《 心 の ありかた 》

《 心 の もちかた 》 を

ともに、 築きたと 思ってい

ます。

、、、、、、、、、、

いろ いろ です

《 諸哲学 ・ 諸宗教 ・ 諸学・・ 》

もう、十分です 。

、、、、、、、、、、、、、

共に、『  実行 ・実践  』です

そのために の

饒舌 ・ 蛇足 です。

多謝  )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

夕暮の 渡月橋

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

幽邃境

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

町寺や

坐して 山門

水を飲む

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

失礼いたします

末筆ながら よき一日で

ございますように 。

『  酷暑にて

酷寒 思い

蝉を 聞く  』

( 真反対 の 実践 ・

自由のために、

環境の変化に

負けぬ ために 、

強くなるために、

安心・安定のために )

、、、、、、、、、、、、、、、、、

<   CIRCLE   HERE

CROSS    NOW

I   LOVE   YOU    >

JOIN   OUR   HAND   TOGETHER

ENLIGHTENMENT   WITH   YOU

on   mt.arashiyama

by  a   small   monk

see   you    ♪♪    ♪

未来( 明日の ために ) ⑰

『  広い  宇宙

小さな 世界

人類は 一家

人間は 兄弟・姉妹

父は  お日さま

母は  お月さま

物は  お星さま  』

、、、、、、、、、、、、、、、、、

と、≪ 信じて 生きる ≫

と、≪ 苦難の 世界を、生き抜く ≫

と、≪ 人を 愛して 生き続ける ≫

と、≪ 怨( うら )まず、生きる ≫。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

≪ 未来 ≫の ために

≪ 明日 ≫の ために 、

、、、、、、、、、

だ、 なんて 疲れるぜ 。

、、、、、、、、、、、、、、、

 

≪ 今日 ≫の ために、

生きたいです。

、、、、、、、、、、、、、、

いいぞ。

なるほど、

≪ 今日 ≫のために。

、、、、、、、、、、、、、、

≪ 今 ・ ここ ≫に

、、、、、、、、、、、、、、、

≪ この 瞬間 ≫・≪ この 場所 ≫に

成りきる 、徹する 。

、、、、、、、、、、、、、、、

なるほど。

できるか ?

、、、、、、、、、、、、、、、

≪ 瞬間 ・ 今日 ・ 明日 ・

未来 ・ 無限 ・ 永遠 ≫が

『 一つ 』 の

生き方は、

いい な 。

、、、、、、、、、、、、、、

≪ 過去 ≫は ?

どうする ?

どうなる ?

、、、、、、、、、、、、、、、、、

つづき ます

《 微笑 》

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

午前中 、町寺( まちでら )で

法事( 17回忌 )が ございました。

、、、、、、、、、、、、、、、

ある お人が、亡くなられて

16年目に  親族・ 関係者が 集い

懐かしがり 、偲び合う 。

いい事 行事だと 存じます。

《 しあわせ 》

・ 当然、真反対の 世界も

ございます。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

末筆ながら よき一日で

ございますように。

失礼 いたします。

無能  無知

厚顔  無恥

愚僧  萬拝

合掌  握手

<   CIRCLE   HERE

CROSS   NOW

I   LOVE   YOU    >

JOIN   OUR   HANDS   TOGETHER

ENLIGHTENMENT   WITH   YOU

on   mt.arashiyama

by   a   small   monk

see   you    ♬ ♬    ♪

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

[   THE   OCEAN   IS

THE   MOUNTAIN    .

BEYOND   THE  WORD

BEYOND   THE   HEART

BEYOND   THE   EGO  .   ]

TEACHING OF BUDDHA ( 27 – 3 )

『  《 OH ,  MY  FOOLISH ,

FOOLISH  MIND .  》

THUS   YOU  HAVE  LED  ME  ALONG

DIFFERENT   PATHS   AND  I   HAVE  BEEN

OBEDIENT   TO  YOU  AND  DOCILE  .

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

《 私の 愚かな心 よ 》

あなたは、わたしを、色々な 道に

導いた 。

わたしは、あなたに いつも

従い 服従し 、反発 背く ことは

なかった 。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

BUT   NOW   THAT

I   HAVE   HEARD   THE  BUDDHA,S

TEACHING  ,・・・・・・・・・・・・・・・・

、、、、、、、、、、、、、、

しかし、 今

仏陀 ・ ブツダ ・ 釈尊 ・ 覚者 の

( 生き方の 真理に 目覚めた 人 )

( 真理 そのもの )

( 命・心 の 真理の 働き・ 光 ・・ )

真理の 言葉( 教え )を

聞いて しまった、

だから、 ・・・・・・・・・・・・・・・・・

、、、、、、、、、、、、、、、、、

つづき  ます       』

( 仏教聖典からの 引用です

駄駄 日本語、残月 合掌  )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、、、、、、

WELCOME   MY  NEW  FRIEND

FROM   DENMARK

開花

( 路傍で

見つけて来ました

子どもの頃、遊んだ

お花です 。  )

WELCOME   MY  NEW  FAMILY

FROM   DENMARK

WELCOME

VIETNAMESE  (  ベトナム人 )

FROM   DENMARK  (  デンマーク )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

<   CIRCLE   HERE

CROSS    NOW

I   LOVE    YOU    >

JOIN   OUR  HANDS   TOGETHER

ENLIGHTENMENT   WITH  YOU

[   THE   MOUNTAIN   IS

THE   OCEAN  .

BEYOND   THE   WORD  .

BEYOND   THE   HEART  .

THE   OCEAN   IS

THE   MOUNTAIN   .   ]

on   mt.arashiyama

by   a   small   monk

see   you    ♪    ♬ ♬

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

≪  ご案内  ≫

(  昨日、絵画師  長谷川  等伯の

お話を いたしましたが、)

太秦 ・ 悟真寺 ( 応挙 寺 )

八世 の お方の

襖絵 奉納、 披露が

昨日・本日  10時から 16時 まで

500円  。

・ 新聞にて 知りました

、、、、、、、、、、、、、

すばらし かったです。 大合掌

< 愛するために、信じる > 2

< 愛する ために 信じる >

信じる ために 考える

疑いを 無くすために 、考える

、、、、、、、、、、、、、、、、

< 考える >とは 何か ?

現実から、この世界から

離れる こと 。

今 ・ ここ の 世界から

脱する こと 。

今 ・ ここ の 自分から

間( ま )を 置くこと 。

、、、、、、、、、、、、

今 ・ ここ の 自分 の

≪ 感情 ・ 快不快 ・

好き嫌い ・ 損得 ・ ・ >

から、

縛られない こと 。

すぐ、動かされないこと 。

、、、、、、、、、、、、、、、、

《  愛する  》

《  信じる  》

《  考える  》

《  行う  》

、、、、、、、、、、、、、、、

《  食べる  》

《  休む  》

《  動く  》

《  寝る  》

、、、、、、、、、、、、、、、、

《 坐禅 》 は ?

《 ヨーガ 》 は ?

《 冥想 ( めいそう ) 》 は ?

どこに、

位置づけ れるでしょうか ?

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

昨日分の ブログに、手を入れてたら

遅くなりました。

カメラ は、別のカバンみたい

後に いたします 。

、、、、、、、、、、、、、、

駄弁、饒舌・蛇足、多謝

されど 敬と愛と ともに

嵐山  残月 、合掌

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

祇園( ぎおん )とは

お釈迦さま との

お話で

人の こころの

すばらしき かな

現代作家( 在京 ) 歴史作品

『 等伯( とうはく ) 』を

読ましていただく 。

絵画師 長谷川 等伯 なり

古本で 安く 、合掌

無窮花 ( むくげ )咲く

夏の京都は

了以( りょうい )さま

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

大合掌

TEACHING OF BUDDHA ( 27-2 )

『  《 OH  MY  MIND  》

ONCE   YOU  CAUSED  ME  TO  BE  BORN

AS  A  KING  ,  AND   THEN   YOU  CAUSED

ME  TO  BE  BORN   AS  AN  OUTCAST

AND   TO  BEG  FOR  MY  FOOD  .

,,,,,,,,,,,,,,,,,

《 おお、私の 心よ 》

私を < 王さま ・ 王女さま > に、生れさせてくれた。

私を < 浮浪者 ・ 追放者 > に、生れさせ、

乞食を させた。

、、、、、、、、、、、、、、、、、

SOMETIMES   YOU  CAUSE   ME  TO

BE  BORN   IN   HEAVENLY   MANSIONS

OF  THE  GODS   AND   TO  DWELL   IN

LUXURY   AND  IN  ECSTASY  ,

THEN   YOU  PLUNGE   ME  INTO

THE  FLAMES  OF  HELL  .

、、、、、、、、、、、、、、

時には

私を < 天の神々の 宮殿 >に

生れさせ 、贅沢 と 歓喜を

体験・味会った 、

また、

私を < 地獄 の 火の海 >に

おとしいれた( 陥れた )。   」

( 仏教聖典からの 引用です、

駄駄日本語、残月 合掌  )

、、、、、、、、、、、、、、、、

・  だから、 なんなのさ

《 大笑 》

・  だから、< 私の 心 >は

なんだと、いうのだろう 。

「 楽 も 苦 も

天国 も 地獄 も

味会った 」

もっといい、 天国が 体験したい ?

もっと つらい 地獄を 体験したい ?

《 爆笑 》

 

つつき ます

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

《 無窮花 むくげ 》が、昨日より

よく 咲いてまいりました。

「 うれし 」。

 

未来( 明日の ために ) ⑯

『  広い 宇宙

小さい 地球

人類は 一家

人間は 兄弟・姉妹

父は  お日さま

母は  お月さま  』

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

以上の ことを

《 全ての 人間 》を

《 愛する・ 大切に 思う ・

協力する( したい 》 ために

≪ 信じる ≫

≪ 疑わない ≫

≪ 行う ・ 態度 ・ 姿勢

眼差し ・ 雰囲気 で

現わし 伝える ≫  事 と

とらえて みます 。

、、、、、、、、、、、、、、、、、

実践・実行 ・ 実現 することは、

むずかしい でしょうか ?

困難 でしょうか ?

、、、、、、、、、、、

努力 あるのみ

精進 あるのみ

、、、、、、、、、、、、

くじけない

なまけない

、、、、、、、、、、、、、

失敗

後退 を おそれない

、、、、、、、、、、、、、、

身近な 、範囲から

《 近隣 きんりん 》

《 側 そば 》から。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

・ 《  母は お日さま

父は お月さま 》 では ?

( 微笑 )

いいですね これも

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

街角で、《 むくげ 》を

見かけたので

お供えしました。

吉田 周平 さま

前田 恵子 さま

《 大 感謝 》

ようこそ 、日本へ

ベトナムからの 学生( 女性 )さん

了以さまは 安南国 ゲアン と

交流 交易 なさられて ました。

故郷の 五島藩も

一度は 行ってたような

気が いたします

( カンボジア ? )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

むくげ ( 角倉 )

むくげ ( 角倉 花笠 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

末筆ながら 、よき一日で

ございますように。

失礼 いたします 。

無能  無知

厚顔  無恥

愚僧  萬拝

合掌  握手

、、、、、、、、、、、、、、、、

JOIN   OUR  HANDS   TOGETHER

ENLIGHTENMENT   WITH  YOU

<   CIRCLE   HERE

CROSS    NOW

I   LOVE   YOU    >

[   THE   MOUNTAIN   IS

THE   OCEAN   .

BEYOND   THE   WORD  .

BEYOND   THE   HEART  .  ]

on  mt.arashiyama

by   a   small   monk

see   you    ♪   ♪♪

了以( りょうい )忌 ・ 7月12日

了以忌 や

円通( えん つう )二文字

全てを 語る

《 通 ・ つう 》は 流通

《 円 ・ えん 》は 円満

、、、、、、、、、、、、、、、

われら 人

あらゆる 価値は

《 円通 ・ えんつう 》ぞ

《 円 》は、 永遠

《 通 》は、 瞬間

・ 《 円 》は、 心で

・ 《 通 》は、 物なり

、、、、、、、、、、、、、、、

十二日( じゅうに にち )

ことしも 雨か

さあ どうか

、、、、、、、、、、、、、、

七月( なな がつ )や

旧 歴 ( きゅう れき )なので

秋 という

、、、、、、、、、、、、、、

時 ながれ

全ては 変わる

事 なれど

《 恩人 ・ おんじん 》どのは

今も 伝わる

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

人は みな

真 ・ 善 ・ 美 をば

もとめます

それを ささえる

《 物 ・ もの 》の 流れぞ

、、、、、、、、、、、、、、、、

生命 も

物の 流れの

円満 さ

、、、、、、、、、、、、、、、、、

人は みな

動き 働( はたら )く

命( いのち )なり

傍( はた ・ 側 )楽( らく )

なりて

心 潤( うるお )う

、、、、、、、、、、、、、、、、、

円( えん )にいて

世の 利益( りえき )をば

増やさんと

損失( そんしつ ) わすれ

われら 働く ( 側 楽 はたらく )

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

利益とは

いったい 何を

いうのだろ

時空を 超える

物 と 心 か ?

、、、、、、、、、、、、、、、、

時空をば

超えると いうは

どんな事

変化 を 超えた

永遠 世界 ?

、、、、、、、、、、、、、、

永遠の

世界というは

どんな事

無限 の 世界

個人 は 夢幻 ( 大笑 )

・ 夢幻 ∞ ゆめ・まぼろし

・ 奇跡なり、自意識 発生

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 

駄弁、饒舌・蛇足、多謝

されど 敬と愛と ともに

嵐山 残月 、合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

夕刻  17 30

WELCOME   NEW  FRIENDS

FROM   上海 ( SYAN  HAI  ) CHINA

・ 朱印帳 お持ちでした

ようこそ、ようこそ

暑いのに ありごとうございます

大阪より

いつも

ありがとうございます

・ 今度こそ、

すみれ のシャンプー

ごいっしょに

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

・ ≪ 了以忌 の 行事 ≫は

秋に いたします 。

詳細は、近い 内に

お伝えいたします。

・ ≪ 新刊 の 案内  ≫

「 角倉一族 と その時代 」

国際日本文化研究センター

思文閣 出版 2015

8800 円

「  角倉 素庵  」

林屋 辰三郎

祝、 復刊 です

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

また、 後で  ?

TEACHING OF BUDDHA ( 27 )

《  OH   MY  MIND  》

WHY  DO  YOU  HOVER

SO  RESTLESSLY    OVER

THE  CHANGING   CIRCUMSTANCES

OF  LIFE  ?

・・・・・・・・・・・・

《 おお、 わたしの 心よ 》

どうして、 なにゆえに、

休むことなく 、 生活 ・ 日常 ・ 環境の

変化と 共に、 うろうろ ・ キョロキョロ

している の かい ?

、、、、、、、、、、、、

《  OH  MY  MIND   》

WHY   DO  YOU   MAKE  ME

SO  CONFUSED   AND   RESTLESS   ?

・・・・・・・・・

《 おお、 わたしの 心よ 》

わたしを とても 混乱・ゴチャゴチャし

ゆっくり 安らかに

させて くれないの  かい ?

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

《 OH   MY   MIND   》

WHY   DO  YOU   URGE   TO  COLLECT

SO   MANY   THINGS  ?

・・・・・・・・・・・・・・

《 おお、 わたしの 心よ 》

なぜ、 多くの物を

集めさせようと するの

でしょうか ?       』

( 仏教聖典からの 引用です

駄駄日本語、残月 合掌  )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

WELCOME   MY  NEW  FAMILY

NICE  TO  MEET  AND  TALK  ,

MEDITATE  WITH   YOU  .

THANK   YOU   VERY  MUCH

12  YEARS   OLD

WITH   GRANDMOTHER .

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

故郷  五島高校の 先輩( 右 )

の 御家族・ 社員の方々

ようこそ、いつも いつも

ありがとうございます ( 関東 在住 )

大学生たち( 2回目の方も )

歴史学習・ ボランティア ( 京都 )

山寺や

蝉 鳴き始め

扇風機 ( 大笑 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

[    THE  MOUNTAIN

IS    THE   OCEAN   .

THE   OCEAN   IS

THE   MOUNTAIN   .

BEYOND   THE   MIND  ,

BEYOND   THE   WORD .  ]

<   CIRCLE   HERE

CROSS   NOW

I   LOVE   YOU    >

JOIN  OUR  HANDS   TOGETHER

ENLIGHTENMENT   WITH   YOU

on  mt.arashiyama

by  a  small   monk

see   you   ♬   ♬  ♪

祝 《 武器よ。 さらば。 》 6

《  武器よ。 さらば 。

争いよ。 さらば 。

平和よ。 こんにちは。 》

《  わたしたちは、

一家 であり 、

みんな、兄弟・姉妹 なり。 》

、、、、、、、、、、、、、、、

《  争う なかれ 。

自分は 正しいのか ?

自分は 間違ってないか ?

自分は

人を 責めてないか ?

自分は

素直に 反省しているか ?

「 生きて行く 目的 」

「  理想 の 世界 」

「  原点 ・ 根本  」

「  終点 ・ 目標  」 を

わすれては 、いないか ? 》

、、、、、、、、、、、、、、、、、

《 「 人を 責めない 」

「 人を 責める 」

どういう事なのでしょうか ?》

 

・ 小生は

「 人を 責めたこと 」 が無い、

つもり です が ( 微笑 )

他者から見れば、

《  責めている 》 のか ?

《  注意する  》は

ございますが、( 微笑 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

自分の 《 なすべき事 》に

追われていて ( 大笑 )

人さま を

悪く 思って られない

(  爆笑  )

つづき  ます

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

道勝上人

徹夜  読経

《 大合掌 》

いつも、ありがとうございます( 合掌 )

あめもいい

ひとすくなくて

あたいねる

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

<   CIRCLE   HERE

CROSS    NOW

I   LOVE   YOU    >

JOIN   OUR  HANDS   TOGETHER

ENLIGHTENMENT   WITH   YOU

on  mt.arashiyama

by  a   small   monk

[   THE   MOUNTAIN   IS

THE   OCEAN   .

BEYOND    THE  MIND   ]

TEACHING OF BUDDHA ( 26-9 )

『  ANOTHER   MAN   BECOMING  SATISFIED

WITH  THE  PROGRESS  HE  HAS  MADE

BY   A  LITTLE   EFFORT  ,  RELAXES

HIS   EFFORT   AND   BECOMES   PROUD

AND   CONCEITED  ,   HE   IS  CARRYING

AWAY   ONLY   A   LOAD   OF   BRANCHES

INSTEAD   OF  THE  PITH

HE  WAS   SEEKING  .

・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   』

( 仏教聖典からの 引用です

日本語は まだ、です  )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

《 PITH  》

芯( しん )

心髄 ・ 核心 ・ 要点

そして、

仏教上では 前回のように

≪ 四苦 ≫そして

≪ 四苦 ≫を 加える

≪ 四苦 八苦 ≫ なり ( 大笑 )

、、、、、、、、、

そんなに 、苦しいのか ?

だから 《 大笑 》でした 。

ほんとうで、

苦なのか ?

《 苦 》と 感じるのか ?

わたしたち、人間は 、、、。

つづき ます

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

明朝、バタバタしそうですので

今夜、書きました。

つづき  ます

 

駄弁、饒舌・蛇足、多謝

されど  敬と愛とともに

嵐山 残月 、合掌