TEACHING OF BUDDHA ( 25-5 )

『  IT  IS  ,  INDEED  ,

HARD  TO  BE  BORN

IN  THIS  WORLD   .

人として

人間として

≪ 心もつ 命 ≫として

この 生命世界に

生れる 、

生誕する、

産んでいただく

ことは、

貴重で ある

ありがたい 事である

意味 深いので ある

むずかしので ある

,,,,,,,,,,,,,,,,,

つまり、≪ 生命 ≫は

多種多様で ある、そこで

人間として

≪ 命 ≫を

いただく ことは

貴( とうとい )い 。

、、、、、、、、、、、、、、

( わたしたちは、

感情 ・ 欲望 、

執着 ・ 妄想 に

つつまれ、

気づけない。

気づけば、

BUDDHA  ( 仏陀 ブツダ めざめ )

なり 。

、、、、、、、、、、、、、、

しかし

残念ながら、・・・わたしたちは、

いや、

ここを 信じる ことが

大切で あり、

できないかも しれない が

BUDDHA を めざす 。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

石碑 の 文章を

21日( 日 )、ご子孫のお方が

正確に 説明してくださいます。

参加希望者のお方

連絡くださいませ。

090 2062 9710 ( 小生 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、

HOW   BEAUTIFUL

なんという  うつくしさ

思いは 消え 、一つなり

今春、最後の 一輪

ようこそ 、ようこそ

クン クン  ( すみれ )

いつも お参り

ありがとうございます。

( 親孝行の お方です )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

SORRY

I  MUST  GO  OUT  ,  NOW

《 信じること 》 と 《 疑うこと 》 3 

《 信じてる 》

いったい 何を

《 信じてる 》

何も 、信ぜず

ただ、生きている

、、、、、、、、、、、、、、、

信じてる

《 明日 が ある 》と

信じてる

ほんとうは 、どうか ?

わからない けど( 微笑 )

、、、、、、、、、、、、、、

《 うたがう 》ぞ

《 明日が ある 》 か

《 疑う 》ぞ

不安 ・ 心配

安心( あんしん )できず

、、、、、、、、、、、、、、

考えぬ

思考 停止 ( しこう ていし )が

信( しん )なのか ?

いや ちがうなり

われらが ≪ こころ ≫

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

駄弁、饒舌・蛇足、多謝

されど、敬と愛と ともに

嵐山 残月 、合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、

WELCOME   MY  NEW  FAMILY

NICE  TO  MEET   AND  TALK

AND  MEDITATE   WITH   YOU

THANK   YOU  VERY   MUCH   .

・ I  FORGOT  A MY  CAMERA

IN  THIS  MORNING  .

I  AM   SORRY  .

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

なつかしい、五右衛門 風呂 です

右 下 鉄 釜

若い方々は、ご存知ないでしょう

その昔、 従弟と よく入りました

了以翁 の 行状 を

石に 刻んでいる 。

紙は 無くなり 易い 。

中国大陸の 山奥に

『 金剛般若経 』を 刻んでいるという。

なんという < ちから >

なんという < こころ >

なんという < 人の命 >

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

失礼いたします

末筆ながら よき一日で

ございますように

無能  無知

劣孫  愚僧

TEACHING OF BUDDHA ( 25 – 4 )

『 DOUBT  IS  A  SWORD   THAT  KILLS  .  』

『 IT  IS  ,  INDEED  ,

HARD   TO  BE  BORN  IN  THIS  WORLD  .

IT   IS  HARD  TO  HEAR

THE  DHARMA  (   TRUTH  )  ,

IT   IS  HARDER   TO  AWAKEN   FAITH  ,

THEREFORE  ,

EVERYONE   SHOULD   TRY  ONE,S

BEST   TO  HEAR   THE  BUDDHA,S

TEACHINGS  .

 

《 疑うこと 》 は、

お互い( たがい)( あなた と わたし )

の 生命( いのち )を

傷つけ 奪う 、

刃( やいば )・刀( かたな )である。   』

、、、、、、、、、、、、、

・ なぜならば、

( あなた と わたし )は、

本来( ほんらい )

元元( もともと )

同じであり、

一つで あるからで ございます。

、、、、、、、、、、、、、、、、

・  《 あなた を 信じる 》 と

《 あなた に 甘える 》 は、

全然、 ちがう のでございます。

・ 《 甘える( あまえる ) 》とは ?

甘えるな < 大笑 >

たよる こと ?

たより 助け合う 、

すばらしい 。

たより( 頼り )、感謝しない。

大きな 甘えなり < 大笑 >

つづき  ます

・  ≪ あなたを  信じる ≫

≪ あなたを  疑う ≫

どこが、 ちがうのでしょうか ?

ともに、

考えたく 存じます 。

信じ合う、 ために 。

もう、すでに、信じてます ( 小生が )

< 爆笑 >

 

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

WELCOME   MY  NEW  FAMILY

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

WELCOME   MY  NEW  FRIENDS

WELCOME  MY  NEW  FRIEND

WELCOME  MY  NEW  FRIENDS

FROM  KATOWICE  ,  POLAND

ようこそ、山形より

ようこそ 、津 ( 三重 )より

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

ようこそ、ようこそ ( 大阪 )

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

20年ぶり

ようこそ、ようこそ

カメラマンさま 。

時には、

お越しくださいませ

合掌

、、、、、、、、、、、、、、、

またしても、 時間が

反省

一日 一生

一期 一会

瞬間 永遠 なり

失礼いたします

SEE  YOU

SORRY

I  MUST  GO OUT ,NOW .

未来( 明日のために ) ①

ある《 新聞 記事 》です

ある《 国際 平和 会議 》での

ある《 お人 》の

発言・ 演説 です。

、、、、、、、、、、、、、、

小生 ・ 愚僧なれど

宗教者の 一人として

反省 と 向上 成長のため

勇気を出し、努力・精進する

ために。

、、、、、、、、、、、、、、、

『  宗教や

神の名で 実行される

全ての 形の 暴力や

復讐( ふくしゅう )、

憎しみに、 断固とした

ノ― を 。

、、、、、、、、、、、

他者 と 誠実に 対話し、

信教の 自由を 含む

権利を 認め合う 教育が

最良では なかろうか。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

憎しみ と 暴力を

あおる者の 野蛮さに

対抗するには 、

若者たちに 付き添い、

成熟への 道筋を

助けることが 必要である。 』

、、、、、、、、、、、、、、、、、

その通りで ございます。

実践・ 実行して

未来・ 明日を 作りたい・

いや、

作るべきである。

≪ はい ≫

、、、、、、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、、、、、、

WELCOME  MY  NEW  FAMILY

NICE  TO  MEET   AND  TALK,

MEDITATE  WITH   YOU

THANK   YOU  VERY  MUCH   .

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

SORRY

I   HAVE  TO  GO  OUT  , NOW  .

<  CIRCLE   HERE

CROSS    NOW

I   LOVE   YOU   >

TEACHING OF BUDDHA ( 25-3 )

『  IT  IS  A  THORN

THAT   IRRITATES   AND  HURTS  .

≪ うたがう( 疑 )≫は、

人を 、いらいらさせる ・ じりじりさせる ・

おこらせる ・ むかむかさせる ・ また

傷つける ≪ 棘 とげ ≫ で、ある  』

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

他人 を 信じる

自分 を 信じる

だれも 信じない

だれも 信じられない

 

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

WELCOME  MY  NEW  FAMILY

NICE  TO  MEET  AND  TALK

THANK   YOU  VERY   MUCH

88歳の ご夫婦 も

ありがたい、 ありがたい

きちんと、伝えなければ ( 合掌 )

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

WELCOME  MY NEW  FRIENDS

(  U.S.A.   HONGKONG  香港 )

WE   LOVE   DOG .

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

JOIN   MY  HANDS   TOGETHER

ENLIGHTENMENT  WITH   YOU

<   CIRCLE   HERE

CROSS    NOW

I   LOVE   YOU    >

on  mt.arashiyama

by  a   small   monk

SEE   YOU    ♪  ♪ ♬

 

信じること ・ 疑うこと <2>

《 やすらぎ 》 や

全てを 信じ

生きている

何も もとめず

< ただ 草( くさ )を とる >

・ ただ 野菜 きる

・ 衣服を 洗う

・ 衣服 つくろう( 繕う )

・ やさしく 語る

・ やさしい 笑顔

・ つとめ を はたす

・ お礼を のべる

・ 恩を 感じる

・ 恩に むくいる

・ 手を さしのべる

・ 寄らせて もらう

・  ・・・・・・・・・・・・

以上の ような 気持ち

心境 ・ 意識 ・ 精神 に なれるの

でしょうか ?

なりたい もので ございます。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

不平 ・ 不満 ・ 不服 なく 、

いや、ちがう ( 微笑 )

不平 ・ 不満 ・ 不服 あっても 、

≪ いま ・ ここ ≫で

受け入れ 、改良 改善 改革・・

を めざす 、

あせらず ・ さわがず ・ おこらず

いからず ・ くさらず ・ ・・・・

、、、、、、、、、、、、、

できないよ 。

信じろ ≪ 自分 ≫。

できないよ 。

仲間 に 話せ 。

いません よ。

相談せよ 。

だれに ? ?

あ あ

自然 ・ 宇宙 を 友とする

え え

どうするの ?

植物 を 愛する のだ

動物 を 愛する のだ

石ころ を 愛する のさ ( 大笑 )

つづき ます

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

WELCOME  MY  NEW   FAMILY

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

明日の 準備です ( 夕刻 )

同じことの 繰り返し

だから こそ

≪ 改良・ 改善 ・ 改革 ≫

よりよさ を もとめて

、、、、、、、、、、、、、、、、

時間切れ

( 恥です 、すみません )

TEACHING OF BUDDHA ( 25-2 )

『  DOUBT   SEPARATES   PEOPLE  .

≪ うたがい( 疑 ) ≫ は、

人々 の 調和・和合 を

離し ・ 隔( へだ )てる ≪ 心の動き ≫

≪ 思い ≫である 。

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

IT   IS  A  POISON   THAT   DISINTEGRATES

FRIENDSHIPS   AND  BREAKS  UP

PLEASANT   RELATIONS  .

≪ うたがい ≫は 、

≪ 毒( どく ) ≫である 。

それは、 友情( ゆうじょう )を

崩壊( ほうかい )・風化( ふうか )

こわすものであり、

楽しい 関係を

破るもので ある 。    」

( 仏教聖典からの 引用です、

駄駄駄 日本語、 残月  )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

信じたら、

≪ だまされる ≫なり

この世かな

いや、ちがう なり

≪ 信 ≫では、ないよ

、、、、、、、、、、、、、、、、

≪ 考える ≫

これ≪ 疑( うたがい ) ≫と

ちがうなり

≪ 考え尽くし ≫

≪ 信じ 行う ≫

、、、、、、、、、、、、

わからない

、、、、、、、、、、、、、、

≪ さとり ≫とは

うたがう事を

やめること ?

うたがう事が

無くなることか ?

、、、、、、、、、、、

≪ やすらぎ ≫や

すべてを しんじ

いきている

なにも もとめず

ただ 草( くさ )をとる

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

屋台お店 、復活

WELCOME   MY  NEW  FAMILY

NICE  TO  MEET  AND  TALK

THANK   YOU   VERY   MUCH

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

堺 ( 大阪 )の

高校生たち、ようこそ 。

世界へ むかった

港 街 の 堺だぞ 。

ようこそ

角之倉 さま ( 千葉 )。

≪ すみのくら 船 ≫は

堺港から 出発

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

末筆ながら

よき一日で ございますように

失礼いたします

無能  無知

厚顔  無恥

劣孫  愚僧

合掌  握手

JOIN  MY  HANDS  TOGETHER

ENLIGHTENMENT   WITH   YOU

<  CIRCLE   HERE

CROSS    NOW

I   LOVE   YOU   >

on  mt.arashiyama

by  a  small   monk

SEE   YOU   ♫   ♬ ♪

信じること ・ 疑うこと < 1 >

何を 信じて いるのか ?

何を 疑って いるのか ?

、、、、、、、、、、、、、、、、

つまり、

< わたし >は

何を 信じているのか ?

< わたし >は

何を 疑っているのか ?

、、、、、、、、、、、、、、、、

やはり、

< わたし >が 問題に

なるのか ?

、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、

< わたし >とは 何か ?

さんざん、語り合って 来たようで

語り・・合って ないの

でしょうか ? ( 大笑 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、

今回 は

≪ 信じること ・ 疑うこと ≫に、

観点を しぼりたく 存じます 。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

≪ 生きることは 、

信じることである。 ≫

≪  疑いを もつと

生きていけない  ≫

、、、、、、、、、、、、、、、、

でも、この場合

何を 信じ

何を 疑うのでしょうか ?

、、、、、、、、、、、、、、、

つづき ます

駄弁、饒舌・蛇足、多謝

されど、 敬と愛と ともに

嵐山  残月、 合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

WELCOME   MY  NEW  FRIENDS

FROM  MELBOURNE ( メルボルン)

[  とり年 生れです ( 父 )]

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

椎( しい )の 木 ?

HOW   BEAUTIFUL

なんという  美しさ

( でも、 眼の世界です 、

あまり、気にしない < 大笑 > )

電話

『  すみれ さん 、いますか ? 』

『  目の前に います 』

『  会いに行きます 』 ( 微笑 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

つづき ます

 

 

TEACHING OF BUDDHA ( 25 )

『 INDEED ,  THERE   IS  NOTHING  MORE

DREADFUL   THAN   DOUBT  .

≪ DOUBT  ≫ SEPARATES   PEOPLE .

IT  IS  POISON  THAT   DISINTEGRATES

FRIENDSHIPS   AND  BREAK  UP

PLEASANT   RELATIONS  .

,,,,,,,,,,,,,,,

IT  IS  A   THORN   THAT

IRRITATES   AND  HURTS  .

,,,,,,,,,,,,,,,,

IT  IS  A  SWORD   THAT   KILLS .

 

≪ うたがい( 疑 ) ≫

≪ 信じない ≫とう事以上に、

恐ろしい ことは 無い 。

つづき  ます

 

 

 

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

亀嵐峡 ( 亀山 と 嵐山 の間 )

午後 1時30分

WELCOME  MY  NEW  FAMILY

NICE  TO  MEET   AND   TALK

THANK   YOU   VERY   MUCH

飛び入り 日本人 1人

欧米人 2人

川辺に 鹿の 足跡です

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

ありがとう

わん わん   わん

WELCOME   MY  NEW  FRIEND

FROM   MOSCOW (  モスクワ )

NICE  TO  MEET   AND  TALK

WITH   YOU  .

THANK   YOU   VERY  MUCH

<   I   LIKE  YOU   >(  SMILE )

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

夕刻、登山してくれた

元気な 若者たち、ようこそ

( 草津、 滋賀県 より )

・ 写真、 遅れました ゴメン

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

JOIN   MY  HANDS   TOGETHER

ENLIGHTENMENT   WITH   YOU

<   CIRCLE   HERE

CROSS   NOW

I   LOVE   YOU   >

on  mt.  arashiyama

by  a   small  monk

SEE   YOU

花まつり ( 4月8日 )

先月 の 8日が

お釈迦( しゃか )さまの

誕生日でした 。

嵐山 大悲閣、千光寺では

当代( 愚僧 )初めての

花まつり を いたしました。

平成 11年生れの 若者の

おかげでした 。

心から、感謝しています。

この寺院を、一枚の色紙に

まとめてくれました。

すばらいい 。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

今朝、ある幼稚園で 子どもたちに

「 花まつり 」 の お話します 。

お釈迦さまの 誕生日を

みんなで お祝いします。

花御堂を 作り、

甘茶( あまちゃ )を

そそぎます 。

甘い お茶、

つまり、《 甘露の 法雨 》のこと。

真理 の 雨

悲苦 を とかす 雨

ありがたい 。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

なぜ、ありがたく 貴いのか ?

プラス ・ マイナス の

われらが 世界に おいて、

ゼロ ( 〇 ・ 零 )に

はじめて 気がつき

絶対の 安心 を

もてたからでございます。

、、、、、、、、、、、、、、、、、

ゼロ または 空( くう )です。

、、、、、、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

幼稚園生 に どうしよう ?

「  やさしく  」 とうぜん ?

< いつも >「 やさしく 」。

ねむい時も、

おなかすいてる時も、

おこってる時も、

自分がなにかしてる時も、

・・・・・・・・・・・・

これに 、しようかな ?

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

法話・坐禅の会

側では どなたか 写経中

でした ( 合掌 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

今日は、 昼から 海外ツワーです

飛び入り可能です

時間切れなり

スミマセン