秋 彼岸 その 2

9月 23日 が ≪ ゼロ ・ 0 ≫

秋分の日

もう、一日が、2日目に

なって しまいました。

、、、、、、、、、、、、、、、、

≪ 0 ≫ は 、いい

でも、止まることは

できない。 ( 微笑 )

、、、、、、、、、、、、、、

名月の 句 があります

≪ おごるなよ

月 の 円( まどか )も

ただ 一夜 ≫

、、、、、、、、、、、、、、、

時々、

休息 しながら

永遠に 続くのだ

恐怖( きょうふ )《 大笑 》

そんな、ことは ない。

、、、、、、、、、、、、、、

昨日は

ある寺院の 法要手伝い

京都 上桂( かみ かつら )の

禅寺で 、尼僧さまで ございます。

法話も させていただいて ます。

昨日は

≪ 身心 道 ・ 三十二則 ≫

に、ついて でした。

、、、、、、、、、、、、、、

小生、二十歳くらいの時に

出会った 教えですが、

四十年が 過ぎ、 全然

体得できて ません、 ああ。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

身心道

肉体 -  血質 と 血循

精神 -  心質 と 心循

・ 心 の 質 とは、 何か ?

・ 心 の 循( 循環 ) とは、 何か ?

血液に そって

考えて みたら、面白いです。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

嵯峨 角倉町の方々

ようこそ ありがとうございます

、、、、、、、、、、、、、、

ありがたい、

≪  助っ人 三人衆  ≫、 合掌

おかげさまで

洛中を 走って回れます ( 微笑 )

愚僧  萬拝

南無

TEACHING OF BUDDHA ( 29-9 )

『  BUDDHA   IS   WAITING

ON   THE  OTHER   SHORE  ,  THAT  IS  ,

HIS   WORLD   OF  ENLIGHTENMENT  ,

WHEREIN   THERE   IS

NO   GREED  ,

NO   ANGER  ,

NO   IGNORANCE  ,

NO    SUFFERING  ,

NO    AGONY  ,

BUT  WHERE  THERE  ARE  ONLY

THE   LIGHT  OF  WISDOM   AND

THE   RAIN   OF  COMPASSION  .

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

向うの岸辺( きしべ )( 彼岸 ひがん )

( 安らぎの場所 ・ こころ ・ 心地 ・・ )で、

仏さま ( 仏陀 ・ ブツダ ・ 目覚めた人 ・・ )は

待っている。

そこは 《 さとり 》

《 理想 の 心 》 《 理想 の 社会 》

《 真理に 支えられた 人々 》 の

世界 である。

そこは、・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

智慧( ちえ ) 光が

照らし そそぎ 、

また、

慈悲( じひ ・ 同情 共感 )の 雨が

人々を やさしく包む ので

ございます。

、、、、、、、、、、、、、、、、

IT   IS   A   LAND  OF   PEACE ,

A  REFUGE   FOR  THOSE   WHO   SUFFER

AND  WHO  ARE   IN  SORROW   AND   AGONY  ,

A   PLACE   OF   REST   FOR   THOSE

WHO   TAKE  A   BREAK

IN   THEIR   SPREADING   OF

THE   TEACHINGS   OF

《 THE  DHARMA (  truth  of  life  and  heart  )  》.

、、、、、、、、、、、、、、、

そこ は、

< 苦悩 の 人々 >

< 悲しむ 人々 >

< 激痛に たえてる 人々 > の

安らぐ 場所である。

また、

< 真 の 僧侶 > が

小休止 して、 寛( くつろ )ぐ所でも

ございます 。 」

( 仏教聖典からの 引用です、

駄駄駄 日本語、 残月 合掌 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

お久しぶり

ようこそ ようこそ

台湾 より

( 法話を 聞いてくれて

ました、ありがとう )

TAKE   A   BREAK

寛( くつろ ) ぐ

、、、、、、、、、、、、、、、、、

SORRY

JUST   NOW ,

MUST   GO  OUT   ,

SEE   YOU

秋 彼岸法要

秋分の日

夜 と 昼 の 長さが 同じ

中日

、、、、、、、、、、、、、

施餓鬼 ( せがき )法要

水陸会

水中 と 陸上 の 生き物への

供養

、、、、、、、、、、、、、、、

中国 、武帝 か ?

日本 、 清盛公 か ?

よき 心 かな

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

北野 吉祥山 から

萬松 禅寺

雲水さま

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

もうすぐ、始ります

敬と 愛を こめて

よき一日で

ございますように 。

京都 残月 、合掌

 

TEACHING OF BUDDHA ( 29-8 )

『 TO  BE   SURE  ,

WHEN   VIEWED   FROM   ONE  ANGLE  ,

THE   WORLD  WITH   ALL  ITS  GREED

AND   INJUSTICE  AND   BLOODSHED

APPEARS   AS   A  DEVIL,S  WORLD  ,

たしかに、

一方向 から、一つの角度から

この世界を 視たならば、強欲 ( 生存欲 )

と 不公正 と 流血戦争 で、

悪魔( あくま )の世界が

現われて いるようである。

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

BUT   ,

AS   PEOPLE   COME  TO  BELIEVE   IN

BUDDHA,S   ENLIGHTENMENT   ,

BLOOD   WILL   BE  TURNED   INTO

MILK   AND   GREED   INTO

COMPASSION   ,

しかし、

《 さとり 》

( 私たちの 理想 の 心 )

( 理想 の 世界 )を

信じるものは

( 理解 でき、 願う ものは )

流れる 血を 、ミルクに 変え、

強欲( 貪欲 ・ むさぼり ・ 求め過ぎ )

( 自分中心 ・ 孤独 ・ さびしさ・・ )を

共感 ・ 慈愛 ・ 共存の喜びに

変える、

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

AND   THEN  ,

THE   DEVIL,S   LAND   BECOMES

A   BUDDHA   LAND  OF  PURITY  .

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

そして、

この世界を 、

人間の 理想 の

社会 ( 人間 世界 )

に なそうと する  。  』

( 仏教聖典からの 引用です、

駄駄日本語、残月 合掌 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

・  浄土( じょうど ) とは ?

・  仏国( ぶつこく ) とは ?

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

テレビの 撮影隊が

来て下さいました 。

東京 ・ 大阪 ・ 京都 の 混成隊

でした ありがとうございました。

可愛がっていただき

《  ワン わん くーん  》

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

SORRY

GO  OUT   NOW

 

《 世界 》 とは 何か ? Ⅲ

山寺( やまでら ) や

鐘( かね )が 鳴るなり

ごーん ごん

、、、、、、、、、、、、、、、

① の 世界

≪ 梵鐘 ≫( ぼんしょう ) が 鳴る

② の 世界

≪ 撞木 ≫( しゅもく ) が 鳴る

③ の 世界

≪ 梵鐘 と 撞木 ≫ が 鳴る

④ の 世界

≪ 梵鐘 も 撞木 ≫ も 鳴らない

≪ 空気 ≫( くうき ) が 鳴る

、、、、、、、、、、、、、、、、、

これらの 世界 に おいて

わたしたちは、

苦しみ ・ 悲しみ ・ 悶え

もがき ・ 叫び ・ 暴れ

狂い ・ ・・・・・・

ことが ある 。

世界 は これ だけか ?

救いが ないでは ないか ?

安らぎは どこに あるのか ?

世界に ふりまわされて、

自由( じゆう )は ないのか ?

環境 から 独立できない のか ?

状況 から 逃げないで

乗り越えることは

できないの

でしょうか ?

、、、、 つづき ます

駄弁、饒舌・蛇足、 多謝

されど

敬と 愛を こめて

嵐山  残月、合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

白彼岸

年に一度の

こんにちわ

、、、、、、、、、、、、、、、、、

WELCOME   MY  NEW  FAMILY

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

NEW   FRIENDS

FROM   INDONESIA

FROM    CHINA

ハルピン大学から

北海道の大学に 留学中

( 法律学 )

FROM   ENGLAND  ,

FROM   CHICAGO

シカゴ から

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

SEE   YOU

AFTER NOON

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

仲秋の 名月は

10月 4日 ( 水 )です

どうぞ 、どうぞ

詳細は また

 

TEACHING OF BUDDHA ( 29 – 7 )

『  IT  SEEMS   AN   IMPOSSIBLE   TASK

TO   EMPTY   AN  OCEAN

WITH   A   SMALL   LADLE  ,

BUT   THE   DETERMINATION

TO   DO  IT  ,

EVEN   IF   IT   TAKES   MANY  ,

MANY  LIVES  ,  IS  THE   MIND   WITH

WHICH   ONE   SHOULD   RECEIVE

BUDDHA,S   ENLIGHTENMENT  .

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

小さな 柄杓( ひしゃく )で、

大海( たいかい )の 水( みず )を

汲み 出し、

空っぽに しようとする 仕事は、

不可能の ように 見える 、

、、、、、、、、

しかし、

仏の心を 信じるものは

仏さまの 《 さとり 》 を 信じるものは

仏さまの 《 慈悲心 》 を 感じるものは

仏陀の真理を 信じるものは

心と命の真理を 自覚したものは、

個人を こえた 命は 、

、、、、、、、、、、、、、、、、、

何度でも

生れて 来て、

何回でも 、

人間に 生まれ来て

この 仕事を

成し遂げようと

する( 思う )( 願う )( 祈る )ので ございます 。

( あきらめは しない、けっして ) 』

( 仏教聖典からの 引用です、

駄駄駄 日本語、残月 合掌 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

WELCOME   MY  NEW   FAMILY

FROM   U.S.A.   BY  G.C.C.

NICE  TO   MEET   AND   TALK

WITH   YOU   .

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

WELCOME   NEW  FRIENDS

FROM   ALSACE  ,  BORDEAUX  ,  FRANCE

アルザス と ボルドー  ( フランス )

 

「 重くなってます ・・ 」

( すみれ かあさん )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 

《 世界 》とは 何か ? Ⅱ

『  ゴ―ン 、

ごーん

go-n     』

山寺の 鐘が鳴る

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

①  金属 の 梵鐘( ぼんしょう )

が 鳴る

②  撞( つ )き 打つ 、

撞木( しゅもく )が 鳴る

③  梵鐘 と 撞木 が ( で )

鳴る

④  梵鐘 も 撞木 も

鳴って いない 。

・ 空気 が 鳴っている

、、、、、、、、、、、、、、、、

色んな

《 世界 》 が 有るの だなー

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

全ては

千差 万別 、

《 世界 》は 一つに

あらず 。

、、、、、、、、、、、、、、、、

⑤  梵鐘 も

撞木 も

空気 も、

鳴ってない

、、、、、、、、、、、、、、、

このような 世界 は、

あるので しょうか ?

、、、、、、、、、、、、

なってる じゃん

何が 鳴ってる のか ?

( 大笑 )

、、、、、、、、、、、、、、、、

ある 、ので ある 。

で、なければ

われわれ 個人は 、

救われない ぞ

、、、、、、、、、、、、、、、、、

え 、

なんのこと やら

、、、、、、、、、、、

撞木 に

梵鐘に

空気に

苦しむ

悲しむ

ことは ないだろうか ?

、、、、、、、、、、、、、

超越( ちょうえつ ) か ?

逃避( とうひ ) か ?

、、、、、、、、、、、、

つづき  ます

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

WELCOME  MY  NEW   FRIENDS

FROM    INDONESIA

徹夜で  読経修行 、合掌

二回目です ( 大阪 )

FROM   SLOVAKIA (  スロバキア )

何度も 来てくれています 、合掌

今日は、帰国前で

お酢 と 赤みそを

いただきました。

次は 、来春 かな ?

FROM   U.S.A.

and   a  couple  from

BYRON  BAY   (  AUSTRALIA  )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

to  be   continued

this   afternoon

sorry

 

TEACHING OF BUDDHA ( 29-6 )

『  JUST   LIKE  A   SOFT   BREEZE   AND

A   FEW   BLOSSOMS   ON  A  BRANCH

THAT   TELL   THE  COMING  OF  SPRING  ,

やわらかく、さわやかな そよ風や、

一輪 ・ 二輪 の 開花が、

春の訪れを つげるように 、

、、、、、、、、、、、、、、、、

SO   WHEN   A   MAN

ATTAINS   ENLIGHTENMENT  ,

GRASS  ,

TREES  ,

MOUNTAINS  ,

RIVERS

AND   ALL   OTHERS  THINGS

BEGIN   TO  THROB

WITH   NEW   LIFE  .

一人( ひとり )の人が

さとり( 真理の自覚 ・ 光明の受信 ・・ )を

開けば ( 我を捨て、光に包まれる と )、

草( くさ ) も

木( き ) も

山( やま ) も

川( かわ ) も

あらゆる 全ての もの みな に、

新しい ≪ 命 ≫ の

鼓動が 、 息吹が 、 脈拍が

はじまるので ございます 。 』

( 仏教聖典からの 引用です

駄駄駄日本語、残月 合掌 )

( うそーだ )

( ほんとーさ )

( 爆笑 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

台風のため、海外団体は

町寺にて 、ともに 厳修しました。

撮影 忘れて ました

( その場所に 成りきって いるから )大笑

記録が 目的で ないので。

ご報告は ?

反省 です

、、、、、、、、、、、、、、、、

SORRY

I   HAVE  TO   GO  OUT  ,   NOW  .

SEE   YOU

≪ 世界 ≫ とは 何か ?

世界( せかい )とは

いかなる もの を

いうのやら

何が なんだか

わかりは しない ( 微笑 )

、、、、、、、、、、、、、、、

世界とは

いかなる もの を

いうのやら

わかりたい けど

わかり にくいな ( 大笑 )

、、、、、、、、、、、、、、、

人類は

二千十七( 2017 )

たたかいだ

万人( まんにん )みんな

あらそい いどむ

、、、、、、、、、、、、、、

おれは いい

たたかい やめる

いきかたさ

しんで しまうぞ

しには しないさ ( 嘘 うそー )

、、、、、、、、、、、、、、

全てとは

一つの ことさ

みんな みな

一つ は 全て

全ては 一つ

、、、、、、、、、、、、

一つとは

いかなる ことを

いうのやら

全てと いうが

ゼロ では ないか

、、、、、、、、、、、、

ゼロである

だから いまから

つくります

たたかいの ない

ほんとの 世界

、、、、、、、

一 の わたしが

一 の あなたと

全て の ために  《 爆笑 》

、、、、、、、、、、

青臭い -

若さ だぞ  ( 微笑 )

うそー

《 永遠 の 心 》 さ

へー

 

、、、、、、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、、

すみれ の おかあさま

と、ようこそ ( 新潟から )

「  テレビ の すみれ さん 」

「 ワン 」 ( 微笑 )

ようこそ、青森 八戸 から

( 動物の 医薬品の お仕事 )

( いつも お世話に

なって おります )合掌

( 豚・馬・牛・ 鳥・・・ の薬も です )

( なるほど なるほど

ありがとうございました )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

末筆ながら よき一日で

ございますように

失礼 いたします

無能  無知

厚顔  無恥

愚僧  萬拝

、、、、、、、、、、、、、、、、

<   circle   here

cross    now

I   love  you ,  you   >

join   our   hands   together

enlightenment   with   you

≪ never   give  up  the  harmony  ≫

on  mt.arashiyama

by  a   small   monk

see   you   ♪    ♪♪

TEACHING OF BUDDHA ( 29-5 )

『 ≪ IT  IS   HARD  ≫ ,

INDEED  ,  TO  FEEL   HUMBLE  ,

TO   KNOW   RESPECT  AND  HONOR  ,

TO  GET   RID  OF   ALL  ATTACHMENTS  ,

TO   KEEP   PURE  IN

THOUGHT   AND   DEED  ,

AND   TO  BECOME   WISE  .

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

謙遜( けんそん )・ へりくだり の 心があり

敬( うやま )うこと ・ 自尊( じそん )心がある

ことは 、 ほんとうに、むずかしい 。

( 人を 大切にし、自分を 粗末にしない )

、、、、、、、、、、、、、、、

( 荒地 を 開拓する ように )

物事人・・・などに こだわり

執着( しゅうちゃく )する 心を

取り除く は、ほんとうに 、むずかしい。

、、、、、、、、、、、、、、、、、

清らかに 、

考え 行う ことは

じつに、

むずかしい 。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

智慧を 保ち 、

自分中心 を 離れ

全てを 照らし 活かす ことは

じつに、

むずかしい。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 

≪  IT  IS  EASY   ≫

TO   SLIP   INTO   SHAMELESSNESS  ,

TO   BE   PERT   AND   BOLD

LIKE   A   CROW  ,

TO   HURT   OTHERS

WITHOUT   ANY   FEELING  OF

REGRET   FOR   SUCH   ACTION  .

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

恥じる 心 がなく、

カラスのように ずぶとく ・ あつかましく

あることは 簡単である。

また、

反省する心なく 、

人々を 傷つけることも

してしまい やすい 。  』

( 仏教聖典からの 引用です、

駄駄駄 日本語、残月 合掌 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、、、、、、

WELCOME   MY  NEW  FAMILY

NICE   TO  MEET   AND  TALK

WITH   YOU  .

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

日輪さまからの

御寄進 、ありがたく存じます、 合掌

ようこそ、ようこそ

「  京都 と 滋賀です 」

、、、、、、、、、、、、、

もう 一つ カップルは

《 本日、京都で 入籍しました 》と

雑記帳に 書いてられました、

残念 、何か プレゼントしたのに 。

是非 、お伝えください ませ。

( 微笑 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

JOIN   OUR  HANDS   TOGETHER

ENLIGHTENMENT   WITH  YOU

<   CIRCLE    HERE

CROSS    NOW

I   LOVE   YOU  ,  YOU   >

on  mt.arashiyama

by   a   small  monk

see   you   ♪    ♪♪