山寺・a small temple

春分が

近くになりて

花は咲き

死者の名を書き

神仏念ず

、、、、、

山寺や

谷の響きの

心地よさ

大海原( おおうなばら )も

ここにありけり

、、、、、、、、

椿 咲く

五島の春も

ここにあり

嵐の山も

花盛りかな

、、、、、、、、

馬酔木( あしび )?

黒門へ

向かえば ほのか

香りする

山寺 静か

鳶( とび )は 旋回

、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、

いつも

ありがとうございます

保津川の 春祭りに

参加していただきました。

「 寒かったでしょう

でも、すばらしかった

でしょう。」

、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、

ねんげれい

はくばいきよし

やまのてら

ひとはことばか

はなはかたらず

、、、、、、、、、、、

末筆ながら

よき一日でございますように

、、、、、、、、、、、

駄弁、饒舌・蛇足、多謝

されど 敬と愛と ともに

残月 合掌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です