TEACHING OF BUDDHA( 0-6 )

( 0-4 )

( 0ー5 )で

< 苦 >から

< 楽 >への

『 道 ( みち )』を

考えている つもりです。

その 途中に 過程に

< 信 >の 概念を 言葉を

入れようと しています。

、、、、、、、、、

< 苦しみ >にも

色々 あるので

なかなか お話ししません

でした。

、、、、、、、、、、、

今回、この度、

< 悪い天気の日 >が

ありまして、

そこから

< 苦 >を

語りはじめました 。

、、、、、、、、、、

天気なら

皆 だれでも

同じように 感じるのでは

ないかなーと

いう事で はじめたの

でした。

。。。。。。。。

その日は

「 晴れ・曇り・小雨・曇り

雨・晴れ・大雨・強風

晴れ・寒風・曇り

・・・・・・ 」

この

『 天気の悪いこと 』よ。

、、、、、、

もう いや ( 大笑 )

なんせ

野外に いるのですから

屋根は ありますが

壁が 無い、とこばかり

です。

客殿は 客殿であり

山寺の 仲間は

たいがい 野外です( 微笑 )

、、、、、、、、

だから

悪天気 は

《 苦しみ 》と いえます。

、、、、、、

つまり、

《 無常 》

( 常でない、

変化し続ける )

であり、

《 心 》が

休まらない、

< 苦 >である。

、、、、、、、、

このことが

< 苦 >でなければ、

すでに

人でありながら

人でない

《 仏・ほとけ 》さまで

ございます。( 微笑 )

( 爆笑 )

、、、、、、、、、

もとに、もどります。

、、、、、、、、、、

悪天気 は

① < 苦 >である

② ( こくふく したい )

< 中 >である

( 気に しない )

( 気に とめない )

、、、、、、

③ ( だから、)

< 無 >である

< 無 >と 思い

さだめる。

( 変化が

無いのと 同じである )

、、、、、

④ ( でも 生きて行く から

無に とまらない )

( 変化を 受け入れる

でも 気にしない

気に とめない )

( つまり )

< 空 >である

、、、、、、

⑤ ( 生きつづける、と

いうことは、

「 好天 こうてん 」の

日 を )

< 信 >じる

( 好天の 存在を

信じる )

、、、、、、

⑥ ( でも、

悪天は 来る 、

宇宙の 流れである 、

だから、

好天を

願わない・もとめない )

( 願い・求めない でも

生き続けて行く )

< ・・・ >である。

、、、、、、

( なんと よびましょう

考えてください )

( こんな こと

ありえない よ )

( かもね )

( でも、あります )

( ありえます )

、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、

( 0-4 )と

ちょと ちがいます

みなさんも

お考えください。

、、、、、、、、

< 苦 >を克服する

方法( みち・手段・道 )

で ございます。

、、、、、、、、、、、

失礼いたします

夢で 会いましょう。

合掌

山寺( 29日 )

通行規制 あり

寒い

でも、まだ まし

仲間も 手伝いに

ありがたい。

修禅者の お方も、

ありがたい。

、、、、、、、、、、

『 山寺よ

苔うつくしく

春を待つ 』

『 松竹梅

冬の三友

ありがたや

山寺たのし

語りて尽きず 』

『 全身の

痛みいたみに

包まれて

身心脱落

( しんじん だつらく )

まさに 純禅 』

、、、、、、、、、、

よきかな

よきかな

つらかろう

よきかな

よきかな

そこから

はじまる

つらかろう

合掌

大合掌

TEACHING OF BUDDHA(50-17)

( 50 – 16 )  1月14日の

日本語が できました。

《 信 》のことなので

とても むずかしいです。

、、、、、、、

どのような

< こころ >の状態を

< 信 >と 定義するか?

という

小生・愚僧にとり

根本的 問題であり

なかなか 進みません

でした。

ひとまず、これで、という

気分でございます。

、、、、、、、、、、、、、

『 THIS   MIND  OF  FAITH

IS  PURE   AND   GENTLE  ,

ALWAYS   PATIENT   AND

ENDURING  ,

、、、、、、、

「《 信 》の心 」は

純粋 で やさしく、

いつも 忍耐つよく、

辛抱つよい、

、、、、、、、、、

・ 忍耐つよい とは ?

辛抱つよい とは ?

、、、、、、、

NEVER   ARGUING  ,

NEVER   CAUSING

SUFFERING   TO   OTHERS  .

、、、、、、、、、、、

言い争うこと は 無く

他の人々を 悩まようなことは

起こさない。

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

THIS   HAPPINESS

SPONTANEOUSLY   RISES

IN   THEIR   MINDS  ,

、、、、、、、、、

この 「《 平安な心地 》の

幸福感 」は、このような

気分・感情・姿勢・態度

行為から 、自然に

生じ 満たされるので

ございます。

、、、、、、、

AND   THE  LIGHT   FOR

ENLIGHTENMENT   CAN   BE

FOUND   EVERYWHERE  .

、、、、、、、、、、、

「《 真理を知る

・開悟・解脱 ・・》の

< 喜び >の光 」を

どこにでも

( どなたの 中にも )

見出すことができるので

ございます。」

・ 無常を

心の奥から

理解・納得できる、

すると、自然に

「 変わらない《 私 》」が

ありえないことに

気が つく。

自然と

無常 と 無我が

一つに なり

涅槃に なる。

、、、、、、、、、、、

<   CIRCLE    HERE

CROSS    NOW

I    LOVE   YOU  ,  YOU   >

JOIN   HANDS   TOGETHER

ENLIGHTENMENT   WITH   YOU

WE   ARE   PEACE –  MAKERS  .

see    you   ♪  ♬♬

、、、、、、、、、、、、

「 < 信 >は

身も心も 柔らかくする。

、、、、、、

<   FAITH   >

SOFTENS

OUR   HARD   AND

SELFISH   MIND   .   」

・ selfish  mind

(   自分本位

自分中心

わがまま

自分勝手

利己的

・・・・ )

・ selflessness

(   無私・無我

無欲・大心

慈心・悲心 )

、、、、、、、、

なるほど、

どういうこと

なのか ?

(  self  –  less – ness  )

なるほど

なるほど

、、、、、、、、

また ね

新しい 友だち(28日)

よく遊びに来て

くださる お方が

すばらしい先生を ご案内して

こられました。

塾を経営されてられ

ましたが、現在は

人生作家として、

全国の 悩める方々の

支えに なられているようです。

すばらしい。

著作は、小説の形を とられて

られるようです。

映画化も

されてるみたいです。

「 また必ず会おうと

誰もが言った 」という

作品だそうです。

すみません、

まだ 読んでいません。

、、、、、、、、、

関西で 1000人規模の

講演の 帰りだったようです。

この日、

3人の 女性が客殿に

いたのですが、

たまたま、講演なされて

地元の お方たちでした。

人生不思議です。

、、、、、、、、、、、、、

お茶も おにぎり も

三人分 用意して 持参の

中央の 観音像の前の

女性でございます。

まさに

観音さまです。

大合掌

酔鴻 忌 ②

( 1月 29日 分です )

( 28日現在、書いてます )

、、、、、、、、、、、

北森 鴻 全仕事 Ⅵ

< 秋永 正人 >

雑文集 完全版

1月 27日 発行

、、、、、、、

なかなか 文章が

書けなくて

迷惑おかけしました。

今回、どうにか

間に合いました。

でも、文では

ございません。

でも、

彼への 思いで

ございます。

、、、、、、、、

ブログにも

掲載させていただきます。

、、、、、、、、

『  しんどう くん へ

いかが お過ごしでしょうか ?

そちらの 世界は

いかがでしょうか ?

快適でしょうか

面白いでしょうか

愉快な日々のことでしょう。

、、、、、

こちらは

北森 鴻という 作家先生の

作品のおかげで

毎日 参詣者が ぞくぞくと

登山されてますよ。

この お手紙を書く時間が

持てないくらい、

対応に 追われています。

( 大笑 )

しんどう くんの

くわだて、たくらみ の

賜物で ございます、

心から 感謝しているからね。

ありがとう、

ありがとうございます。( 合掌 )

、、、、、、、、

それから

お願いが あります、

もし、鴻 先生が

そちらに 向かう気配を

感じたら、必ず

追い返すよう

企んで 下さいませ。

まだまだ

ご執筆をお頼みしたいのです。

山寺復活のために。

( 虫が いいぞ )

、、、、、

それに 愛読者の方々も

次の作品を

首を長ーくして

それはもう 待って

待って待って

待ちくたびれてるので

ございまーす。

、、、、、、、、

そうだ、

万が一、道をまちがえて

先生の愛読者の皆さんが、

そちらの 世界に

向かうことが

ございましたら、

是非、追い返してください、

棒を 振り回してもかまいません

( 微笑 )

わが友、

しんどう くん にしか

できないです、からね。

、、、、、

また

京都の マイナーな

貧しい山寺からの

報告を 伝えますね。

いや

10年後は

おかげさまで

世界中に 響き渡ってるような

メジャーに

なってるかも しれませんぞ

( 爆笑 )

、、、、、、、

お楽しみに

そして

また、必ず 会いましょう。

風邪 引かぬように

ずい君は 元気だからね、

じゃ、チャオ   』

、、、、、、、、、、、、、

< 解説 >

作家 故、北森 鴻 先生

本名は< しんどう くん >です。

小生の 後輩の 下宿に

よく遊びに来ていて

知り合いになりました。

。。。。。。。。。

。。。。。。。。。

ところで、

この冬、

また

インフルエンザが

流行っています

みなさん

無理し過ぎませんように。

、、、、、、、

故郷 五島列島に

母の見舞いに 帰る予定

でしたが、

その病院は

感染防止のため

外部の人々は 入れないそうです。

切符、キャンセルしました

残念ですが・・・・

酔鴻 忌( 九 回忌 )

実兄上さま( 左 )

よく似てられます。

、、、

酔鴻会の

まとめ役

( カズさま )( 右 )

ありがとうございました。

、、、、、、

来年からは

まとめ、ないで

やってみます。

、、、、、、、、、、、、

酔鴻会 9回目

仏教的には 10回忌 かな

これだけの 法要は

なかなか無いです。

、、、、、、、

『 北森先生

たいした もので

ございます 』

『 一つなり

たましいここに

あつまりて

四十七にん

これはなんだろ 』

( 山寺の仲間 込み )

、、、、、、、、、、、

時間切れ

また

昨日の 話 ③

坐禅 の 冥想 と

普通 の 冥想 の

違いは なんでしょう か ?

、、、、、、、、、、

ヒント は

達磨・ダルマ さまの

お人形

置物で ございます。

、、、、、、、、、、、

考えて ください ませ。

、、、、、、、

すぐに わかったり

すぐに 知ったり

すぐに 味わったり

すぐに 行ったり

すぐに 経験

すぐに 体験

しない 、ことも

大切です。

、、、、、、、、

なぜか ?

微笑

、、、、、、、

嵐山 残月、合掌

山寺( 26日 )

風の強さ

、、、、、、、、、、、

吹雪かな

極地の雪や

太郎次郎

、、、、、、、、、、

失礼いたします

よき一日でございますように。

忠太郎吉