和歌

先日、カメラを

どこかに 忘れてました。

、、、、、、、、、、、

この 美しさを

どう 伝えたらいいのか ?

、、、、、、、、、、、

どう 表現したら いいのか ?

( だれも、関心ないさ )微笑

、、、、、、、、、、

この 「 道 」の

すばらしさ を どう伝えるのか ?

「 道 」( みち )は

なんぞ、なんでしょうか ?

、、、、、、、、、、

日常 を こえて

日常 を ささえ

日常 を みちびく

非日常 。

、、、、

日常 に うもれず

日常 に くさらず

日常 に あきず

日常 に つかれず

日常 を あいする

ための、

非日常。( 爆笑 )

、、、、、、、、、、、、

世間は、社会は、世界は

< 右 >と< 左 >に

分かれやすい

また、分かれている。

、、、、、、、、、、

だから、

右でもない

左でもない

《 中 》が 大切である。

、、、、、、、、、、、、

この《 中 》が

『 日常を 愛すること 』と

とらえたい。

、、、、、、、、、

でも、言うだろう

『 日常を 愛せない 』から

< 当然ながら、

右に、左に 成る >と。

わかります

、、、、、、、、、

でも、調和・融和・・・

を、全てに 優先したい

、、、、、、、、、、、、

《 中 》が、多数に

なれば いいのだ、微笑

、、、、、、、、、

で、どうする ?

つづき ます

、、、、、、、、、、、

「 右左 どちらに心 置くべきや

心は常に 真ん中なのさ 」

「 手や足は 右や左に 動けれど

心は常に 真ん中なのさ 」

「 わからない 真ん中なんて

わからない

優柔不断( ゆうじゅうふだん )

曖昧模糊( あいまいもこ )だ 」

「 《 しあわせだ 》

《 満足である 》 わたくしは

命がありて 心がありて 」

「  このわたし

命 無くなる

しあわせか

無我を 知るほど

しあわせで ある 」

「  それならば

無我は なんぞ

なんなのか

かんたんなのさ

我( われ )が無いのだ 」

「 我無くば

さびし かなしと

思うけど

友や仲間は

いないかや 」

、、、、、、、、、、

「 我無くば

命と心

ありがたく

全てが 包み

全てが 愛す 」

( うそー )

( ほんと さ )

( あーほ )

( あほ さ )

( バ―カ )

( バカ さ )

< 爆笑 >

、、、、、、

和歌・短歌で ありません、爆笑

道歌に しても

おそまつ だ。

575 77

の 文字ならべ、微笑

、、、、、、

駄弁、饒舌・蛇足、すみません

されど、

敬と愛を こめて

嵐山 残月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です